サメ 愛の黙示録 14話あらすじ

罪を重ねてほしくないヘウ。けれど止まらない復讐なのでした。

キャスト
キム・ナムギル、ソン・イェジン、ナム・ボラ、ハ・ソクジン、イ・ハニ


14話

ヘウ父のウィソンが拉致される。携帯を追跡、探すピョン刑事。

イスを尾行するヘウ。

電話で、サングクと話すイス(キム・ジュン)。
「私と息子の縁もここまでかもしれない。」と言うサングク。
「結局、息子を捨てるのですね・・」と言うイス。
息子の命が欲しい訳ではないと。

「息子を捨てる父親などいない。お前の父親も、子供の為に改心したのだ。」
「自分の過去を隠すため・・俺の父親を含め、無数の人を殺しながら罪悪感のかけらもない・・」

「息子を解放しろ、そうすれば・・父親の真実を教えよう。」
「教えてもらう事などありません。時間がありません。地検長と同じ目にあうのは嫌です・・」と答えるイス。

2人の会話を、監禁されながら聞いているウィソン。

イスに会うヘウは言う。
「人生を台無しにしないで。これは犯罪よ。イヒョンも苦しむわ。あなたが止まれば、相手も止まる。」
「復讐できなければ俺は・・死んだも同然だ。真実を明かすのが先だ。諦めろ・・俺は止まらない。」と言うイス。

ピョン刑事らが居場所を突き止めると、キム・スヒョン刑事がいた。

現場にはウィソンの携帯と、ロバート・ユンの名刺が置いてあり、誰もいなかった。

巡回中の刑事に保護されるウィソン。

ピョン刑事に、犯人から身代金要求の脅迫電話があった、と嘘をつくサングク。

帰宅するウィソンは怯えて、「息子との縁もここまで・・」と、サングクの言葉で嘆いていた。

サングクに、「私が生きて戻って、ガッカリしましたか?」と言うウィソン。
「これが狙いか・・」と、理解するサングク。

スヒョン刑事と会うイス。
本屋の主はチェ・ビョンギ 66歳・・と報告するスヒョン。
特殊部隊から、警察に入った。妻は認知症。息子はアメリカに住んでいると知るイス。
チョ・サングク会長との繋がりがあると考える。

イヒョンの保護をキム・スヒョン刑事に頼んでいるイス。

パク女史に「祖母はパパの実母じゃない?」と、聞くヘウ。会長とは社長の実母と別れた後、再婚したと教えるパク女史。

ジュニョンと話すヘウ。
12年前の事件と、父親の事件と犯人の関連があると考えるジュニョン。証拠はないけれど心証で、2つの事件は関係ないと言うヘウ。

ピョン刑事に、事情を説明するウィソンとサングク。
犯人から、身代金の金額は提示されず突然、解放されたと答えるウィソン。
「私を敵視する人物は多い・・」と言う。

新聞社に、ロバート・ユンから広告の件で電話があった事を知るピョン刑事。ヘウと一緒に、ロバートに会いに行く。

ロバートに会い、チョン・ヨンボのことを聞くピョン刑事とヘウ。
チョン・ヨンボは米軍のスパイでもあり、人民軍にも入隊。多くの人を虐殺していた。
ヨンボの事を証言出来るのは、チョ・サングク。

チョン・ヨンボの父親が、チョ・インソク家の下男、と教えた男はハン・イスだった。

オ刑事が写真のコピーを地検長に渡していた、とピョン刑事に教えるヘウ。

イヒョンに、GPS機能付きの靴をプレゼントするイス。

店で働くイヒョンは、男から「ハン・イスは生きている」とメモを受け取り驚く。
逃げる男をタクシーで追うイヒョン。
タクシー運転手は本屋の主チェ・ビョンギだった。

本屋を覗くイスは、イヒョンのGPSが移動してるのを知り、慌てて向かうと自宅だった。

マンションに入ると、イヒョンにプレゼントした靴だけがテーブルに置いてあった。

続く・・

イヒョンが拉致されたのかしら。
サングクがイヒョンを・・と衝撃のイスだと思います。

ヘウはイスを止めたい。けれど、止める気もないイスですね。

ウィソンを拉致したのは殺害のためでなく、親子関係を崩すのが目的だった様子。1番の目的は、チョ・サングクに事実を告白させる事だと思います。

ジュニョンはイスとヘウの関係に苦しんでいます。

イス父親は何か、秘密があった様子。
これを知らず、サングクに復讐しているイスだと思います。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2014年01月26日 | サメ 愛の黙示録

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌