イ・ジュンギ TWO WEEKS 3-4話あらすじ

手術の日まで2週間、逃亡を続けるテサン。面白いです!

キャスト
イ・ジュンギ、キム・ソヨン、リュ・スヨン、パク・ハソン、キム・ヘオク、チョ・ミンギ

3話

手錠をかけられたまま、逃走するテサン。バイク、砂を積んだトラック、自転車と乗り捨て山に入る。

途中、民家で工具を使い手錠を切るテサン。
「なぜだ・・俺に罪を着せたのに殺そうとする?」
不安なまま、逃げ続けるテサン。

逃げた殺人容疑者(テサン)を追うスンウ。
早く犯人が捕まればいいのにね・・気を付けて、と言うインヘ。
スジンは無菌室での治療が始まる。

帰国したばかりのジェギョンは、ミスクが死んだのは私のせい・・と自分を責める。

パク・ジェギョンが、捜査に加わったと知るチョ議員。
女性団体からのクレームで、無能な新人検事に事件を任せられない、と意見する。クレームが入り、ジェギョンは捜査から外されてしまう。

逃げた容疑者はチャン・テサンと知り、あいつはムン・イルソクの犬・・私が捕まえると言うジェギョン。

ミスクの遺体を見て、号泣するジェギョンは下着にメモが隠されてるのを発見する。

メモで、ミスクが質屋にカメラを預けてる事を知るジェギョン。きっと、ムン・イルソクとチョ・ソヒ議員を写した証拠だと考える。

上司に頭を下げ、捜査に入れて欲しいと言うジェギョン。
今まで定時で帰り、1人で2人を調査してたことを知り、許可する上司。
ジェギョンは8年前の父親の事件のため、検事になったのだった。

パク・ジェギョンが動いてるのを知り、何かあると考えるムン・イルソク。
チョ・ソヒとの関係が公になるのはまずい。
ミスクがカメラを質屋に預けた事を知り、回収を部下に命じるムン・イルソク。

テサンに頼まれ、ミスクとムン・イルソクの関係を調べるマンソク。2人は付き合っていて、ムン・イルソクがミスクを殺したと考える。
スンウに捕まるが、アリバイがある事がわかる。
テサンには会っていないマンソクだった。

テサンが、ミスクを殺したと信じてるジェギョン。だが、テサンには家族はいない。なぜ、逃げたのかと考える。

まだ、インヘはテサンが逃げてる事、殺人事件の容疑者とは知りません。そして、スンウがテサンを追ってる事も。

4話

逃走中のテサンに接近、ミスクのカメラはどこだ?出せ・・と、言う男。争い、逃げ出すテサン。

テサンを逃がしたと知り、部下を怒鳴るムン・イルソク。
カメラで取り引きをして、ぬれ衣を晴らす気なのか・・と考える。

スンミのいる民家に侵入、食べ物を確保するテサン。
スジンのため、感染に気をつけねば・・と思い出し、首の傷を心配する。

「俺に罪を着せたくせに・・カメラって何だよ・・手術の日まで隠れないと・・」と、つぶやくテサン。

スンウが家に来るが、テサンの事は黙っているスンミ。悪い人じゃなさそう・・と母親に言う。

TVのニュースで、テサンが殺人容疑で逃走中・・と知るインヘ。スジンを思い、ショックを受ける。

スンミ父親の服を借りるテサン。
「警察が来たら言ってくれ。俺はミスクを殺していない。世の中で血が怖いんだ・・」と言う。
殺してないのに逃げて?と、驚くスンミ。

パク・ジェギョンを捜査から外せ・・と言った検察。
女性団体を通して、チョ・ソヒ議員が動いてると知るジェギョン。

慈善競売を進めるチョ・ソヒ議員に、電話するジェギョン。
「脱走犯のチャン・テサンは私が捕まえます。カメラはチャン・テサンから受け取ったら、動画のコピーをプレゼントします。」と言う。

記者とインタビュー中で、動揺を隠すチョ・ソヒ。
カマをかけ、チョ・ソヒはカメラを持っていない・・と感じるジェギョン。

「ムン・イルソクが、チョ・ソヒを助けたのはこのためだった。カメラはチャンの手にある・・」と、つぶやくジェギョン。

通話記録を調べ、インヘが一度だけテサンに電話してると驚くスンウ。

会議
テサンを探す女がいる・・と知るスンウはインヘの件は黙っている。

インヘに電話するテサン。
「どういうつもり?脱走?」と激怒するインヘ。
「スジンの手術のため、逃げてるんだ。娘が死ぬっていうのに、1人で逃げるとでも?・・俺は絶体、殺してない。」
何があっても、スジンの手術日に病院に行くと言うテサン。

「自首して。スジンは前処置を始めたの。手術しなければ死んでしまう・・」と、泣き叫ぶインヘ。

「俺とお前は8年前に終わった。これはスジンとの約束だ。無実だと証拠を持って自首する・・必ず、行く・・」と言うテサン。
警察にスジンとの関係は言うな、と忠告する。

テサンを調べ、インヘらしき女性が訪ねたことを知るスンウ。ドナー?まさか?と考える。

出会いは4年前、ダンス教室に不法侵入してたインヘを助けたスンウ。
スジンもいるのに家がないインヘだった。
不憫になり、住む家を探したスンウ。

質屋に出入りする男を捕まえ、誰がミスクを殺した?と、脅迫するテサン。
怯えて、会長の指示・・と答える男。

「ムン・イルソクがミスクを殺して、俺に罪をかぶせた・・そしてミスクのカメラを探してる。何かある・・」と考えるテサン。

マンソクに連絡するテサンは、家で待機するよう言われる。
マンソクに、テサンを家に行かせたスンウ。

マンソクの電話を盗聴しているムン・イルソク。

家に入るマンソクは男に殺されてしまう。

何も知らず、家に入るテサンはマンソクの死体に驚く。

テサンを待ち伏せするスンウは、家から出てきたテサンと会う。

続く・・

面白いわーー。
テサンはこれで、マンソク殺しの犯人にもなってしまいそうですね。

スンウは脱走犯というより、インヘとの関係が気になっています。
テサンはスジンの父親か、気になるスンウだから応援を呼ばず、1人で家にいったのでしょう。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年01月27日 | TWO WEEKS

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌