スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

剣と花 1-2話あらすじ

高句麗時代のロミオとジュリエット・・権力争いと親の敵を愛してしまうラブストーリー。

2013年 KBS 全20話
ヨン・チュン  (オム・テウン)
ムヨン     (キム・オクビン)
ヨン・ナムセン (ノ・ミヌ)

栄留王     (キム・ヨンチョル)
淵蓋蘇文    (チェ・ミンス)
蔵       (オン・ジュワン)
シウ      (イ・ジョンシン)

演出 キム・ヨンス
脚本 クォン・ミンス

剣と花 (ノーカット版) DVD-BOX 1
剣と花 (ノーカット版) DVD-BOX 1
ポニーキャニオン 2014-04-25
売り上げランキング : 16579


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



1話

高句麗の栄留王/ヨンリュ王(キム・ヨンチョル)と、淵蓋蘇文/ヨン・ゲソムン(チェ・ミンス)は対立している。

ヨンリュ王の娘ムヨン(キム・オクビン)は、行動的なので、王位継承者の弟より信頼されている。

ヨン・チュン(オム・テウン)の父親は、高句麗の淵蓋蘇文/ヨン・ゲソムン(チェ・ミンス)。
だが庶子なので父親にまともに会えず、居場所はないと言われている。

唐の人質事件が起きて、唐軍を装ったヨン・ゲソムンの謀略には無理がある。見逃す代わりに、立太子の件は譲歩して欲しいと言うヨンリュ王。
新大対盧の選出には同意すると。

今、2人が分裂すれば高句麗の滅亡になると心配するヨンリュ王。

街で再会するムヨンとヨン・チュン。

2話

私を信じるか?と、ムヨンに聞くヨン・チュン。
ムヨン頭の上にりんごを乗せ、弓で射る。見事な腕に喜び、才能ある人は武士になればいい・・と言うムヨン。

人質が殺され、唐は全面戦争を始めるかもしれない・・と考えるヨンリュ王。
太子を唐に派遣し、戦を望まない旨を表明すると言う。

侵略者に使節団を送るなど、屈辱的だと反論するヨン・ゲソムン。

戦を防ぐため、太子を派遣すると決意するヨンリュ王。
千里長城の完成を急ぐ、築城監役としてヨン・ゲソムンに赴任を命じる。

王宮武士の募集があり、参加するヨン・チュン。厳しい試験中、王女ムヨンに助けられ首位となる。

ムヨンが、ヨン・チュンを助けた事が気になるシウ(イ・ジョンシン)。

優勝したのに辞退したヨン・チュンを追うムヨン。
自力合格でないから・・と言うヨン・チュン。
だが、
「王女様の心遣いを無視するのは礼に反する・・」と、王宮に戻る。
ヨン・チュンは、父のそばに行くため王宮武士になりたいのだった。

父と対立しているヨン・ゲソムンを、憎んでる王女と知るヨン・チュン。

襲われるヨン・ゲソムンだが、刺客は逆に殺されてしまう。

大対盧へ・テスが暗殺され、刺客は大対盧の独断ではないと噂になる。

ヨン・ゲソムンが、熱望していた大対盧が新たに選ばれる事に。

高句麗の新大対盧は、ヨン・ゲソムン側近のヨン・ジョンロになる。

ヨン・ゲソムンに、千里長城の完成を急ぐ、築城監役を命じるヨン・ジョンロ。

王宮に来て、王女の武士となったヨン・チュンと再会するヨン・ゲソムン。

続く・・

全体的に台詞が少なくて地味ですね。まあ、時代劇だから地味さは仕方ないかなあ。

ストーリーは、高句麗時代のロミオとジュリエットだそうな。

今後、ヨン・ゲソムンはクーデターを起こして、ムヨン父ヨンリュ王を殺害するようです。しかも、屍をぬかるみに放置すると。

ムヨンにとって、父の敵ヨン・ゲソムンの息子を愛してしまう訳ですね。親の敵を愛するパターンは、韓ドラの基本でもあります。

ヨン・ゲソムンの嫡子として、ヨン・ナムセン(ヨン・ナムセン(ノ・ミヌ)が、後半で登場するようです。

チェ・ミンスの時代劇、いつも風変わりで寡黙な男性です。

「恋せよシングルママ」のオン・ジュワン。
「アイリス」「王女の男」「優しい男」「赤道の男」のキム・ヨンチョル。

CNBLUEのベース、イ・ジョンシン君が「いとしのソヨン」に続いて出演です。

キム・オクビンを見るのは久しぶり。「こんにちは、神様(おはよう、神様)」「オーバーザ・レインボウ」を覚えてます。

ヨン・ゲソムンがヨンリュ王を殺害、王女のムヨンらも殺そうと計画。王宮武士として、ムヨンを守るヨン・チュンでしょう。

初回は6.7%の視聴率、5話では4.5%。6話でやっと、5.8%になったと記事を読みました。

オム・テウン主演、時代劇が好きな韓国で、これだけ低い視聴率はどうしてなんでしょうね。
多忙なため、ざっくり記事になると思います。

栄留王、淵蓋蘇文と漢字が難しいので、カタカナで書いていきます。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

スポンサーサイト
2014年02月07日 | 剣と花

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。