最高です!スンシンちゃん 36話あらすじ

やっとジュノと恋愛するスンシンかも。

キャスト
アイユ、チョ・ジョンソク、コ・ジュウォン、ユ・インナ、イ・ミスク、キム・ガプス、コ・ドゥシム、イ・ジフン


36話

ミリョンの家に、キキョウの飴を届けるジョンエ。ガーデンパーティで、歌うスンシンに驚く。

「飴を持って来てくれたのね。あの子は私に似てノドが弱い」と言うミリョン。
スンシンに会えば・・と誘われるが、断るジョンエ。

ジュノと偶然、再会するジョンエは娘に負担をかけたくない、と言う。

ミリョンの家で、台本の練習に付き合うと言いだすヨナ。
断るスンシンに、「ソン先生の娘じゃなければ相手にしない。」と言うヨナだった。

翌日、渋滞でドラマの初顔合わせに遅刻するスンシン。先輩たちに注意され、ほくそ笑むヨナ。

チャンミと会うユシン。
スンシンがあの日、家に来なかったのは忙しいのではなく、ミリョンの家でガーデンパーティをしてた!と、知るユシン。ジョンエにそれで良いのかと聞く。

ジヌクに我慢するな、と言われたヘシン。
別れた夫の母親に会い、「ジェヒョンは女と別れた。復縁しなさい」と言われる。
だが、子育ても自分なりにやっていると拒否するヘシン。

ジヌクには、気まずいことは忘れてここにいてほしい、友達に戻って、というヘシン。

ギルジャから、念書のサインを書けと言われたユシン。
「結婚の事は任せて欲しい。念書にサインして僕に預けて」と言うチャヌ。

ギルジャに、「ユシンは同居すると言っている。念書にもサインしたから認めてくれるね?」と言うチャヌ。
両家の顔合わせをしようと言う。

ユシン、チャヌ両家顔合わせの日。
同居は蓄えがないからであり、理解して欲しいと言うギルジャ。
「母はユシンに念書のサインをさせた。だから、僕もお義母さんに念書を書きます・・」と言うチャヌ。
3ヶ月ずつ、ユシンとチャヌの家で暮らすと提案する。

ヨナに会い、明日の撮影場所の確認をするインソン。
「変更はしていない。最初の場所に戻ったわ・・」と、嘘をつくヨナ。

翌日、撮影に来ないスンシンに苛立つ監督、共演者たち。

撮影現場だと思い、行くと誰もいなかった。呆然とするスンシン。

続く・・

ヨナ、ついに意地悪を始めましたね。
文句を言うくらいならまだしも、嘘をついて他の人も巻き込むなんて。

あの嘘は、ヨナがインソンに言ったのだから「嘘をついた」ってわかるでしょうね。惚けて終わりなのかしら。

やっと、優しいジュノを思い出し、笑顔になるスンシン。
そろそろ、ジュノを意識してるって事でしょうね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌