「悪い男」(赤と黒)13話あらすじ

シン女史、秘書はやっと、コヌクがあの時の子供・・と、わかったようです。そしてジェインの告白もあり、ちょっとびっくりな展開かな?素直なのはテソンですね。

bad guy13

出演
キム・ナムギル、ハン・ガイン、オ・ヨンス、キム・ジェウク、チョン・ソミン、シム・ウンギョン


13話 このドラマは翻訳されてるmomochiの韓流メモさんの記事を参考にさせてもらってます。
  (とても詳しいです)

う?んと、簡単に書くとですね(笑)

ジェインがコヌクを「チョアヘ」と、泣いて告白。
(テラとキスを目撃、自分の気持ちに気がついた?)

テソンは正式にジェインと付き合おうといいだす。

ジェインは優しいのか?優柔不断なのか・・って感じで、コヌクに好きだと告白しつつ、テソンに呼ばれるといって慰めてあげる。
(コヌクが「行けよ」、と言ったけど)

ウォニンはコヌクとジェインが、知り合いと知り、コヌクの本音、「ジェインを好き!」と、ジェインに教えてあげる。
(姉は鈍感でソレがわからないから)

ヘシングループは、長男テギュンの死後、テラが福社長、テソンがヘシン建設を担当する。

ジェインと付き合える・・と、「そばにいてくれるなら・・」と、仕事やる気満々になるテソン。

ヘシングループ家の女性秘書、シン・コヌクが「あの時、追い出した子?」と、感じている。

テラはコヌクに本気、自分の感情のまま素直に行きていくと決意をコヌクにいう。

姉テラとコヌクのキスを目撃したモネは怒る。

テラとコヌクの関係を知るテラ夫。

シン女史は息子の死、モネがわがままをいうのは「コヌク」が来てからだと、思い怒っている。

ジェインはシン女史に啖呵を切り、ギャラリーをやめる。

ヘシングループのキム秘書は、カン・ユンチョルがオーストラリアに、いることを知り、シン・コヌクの似顔絵を描いてもらい・・見ると、知ってるコヌクだったので驚く。
(コヌクの名刺は本物か?それとも、別人なのか?と、思っていた)

コヌクの復讐計画は、テラ夫婦を壊すことも考えている。

コヌク両親のお墓参りをしてる男性の電話番号を知るコヌク。

テラに「愛してる」というコヌク。

えっと、ざッと書き出すとこんな感じの13話でした(笑)
コヌクの復讐は「俺が終わらせる」と、言葉なので手伝ってくれてるパートナーが、何をいっても、「コヌク次第」で終わると思います。
たとえ、それが途中であっても。

今はテラ夫婦が、壊れていくのを俯瞰しているように見えます。
テラはコヌクに、自分はもう、「忘れよう」と、思っても出来ないと。心のままにコヌクを慕っていくとテラでした。

それがどんな結果になろうとも・・自分の本当の恋を諦めたくないテラですね。そんなテラの本気を知り、どう動くのか?と、謎なのがテラの夫です。
怒るでもなく?嫉妬もない。

愛もない夫婦だから、妻が恋しても関係ないのか?それとも他に何かある?
このテラ夫、テギュンの死にまったく動じていないのがすごくあやしい。

モネはもう、姉と好きなコヌクがキスしてたのを見てしまい・・狂ったように姉を責めます。そして姉と「縁を切る」と、モネです。

でもなぜか、「姉と旅行に行く」とテラ夫にいってたので・・復讐を決意のモネだと思いますねーー。
旅行とウソ、連れ出して?何をする気なのか、モネは。嫉妬に狂ったモネだと思う。
姉のテラは、この旅行を信じてます。

モネはコヌクに
「振り向いてもらえなくてもいい・・そばにいてくれれば・・」と。ただ、姉とキス!だったのはどうしても許せない。
まだ、他の女性なら良かったかも。

コヌクはモネに「俺は君が使い捨てするようなオモチャじゃない。」と、ハッキリいってました。
まあ、最初はその気あるふり?のコヌクだったけど^^;

コヌク両親のお墓を守っていた男・・これを知るコヌクだけどまだ、電話はしてないので誰だかわからない。

テソンはやっぱり、「お坊ちゃん」で、ソニョンの死を「お前のせいだ!」と、コヌクに言われたことで悲しんでいた。
でも、ジェインが自分のそばにいてくれれば、元気になれるようです。
なんか、単純だな?失恋は新しい恋で・・って感じ。

ヘシングループの女性秘書(おばさん)が、コヌクのことを「あの時の子供」と、わかってたと思ったんです。
でもこの回をみると、「もしや・・?」と、やっと気がついたもよう。
わかってなかったんですねーー。

これをシン女史は聞いて、その言葉、手話をしてる人たち・・で子供を思い出すんです。
そして「まさか?」と、思う。
そんなシン女史は、その子供が生きてると知り、驚き女性秘書に始末を命令。

これ、殺すって意味なのか?どう、処理させる気なのかがわからない。でも、コヌク悪夢の中、クビをしめてる女性はシン女史だと思うので・・
「邪魔者は殺してしまえ!」と、考えの人かもしれません。

ジェインが突然、コヌクに告白・・って流れが驚きと、感情移入出来ないです。
いままでそんなにジェインは、「コヌクを好き♪」って感じが、描かれてると思えかったから。

この辺り、ナムギル氏の入隊?全17話と短くしたのと関係あるのかな?なんて。
ジェインの感情がいまいち、理解出来ないですねえ。
このヒロイン(ジェイン)、嫌いじゃないけど、何を考えてるのか?よくわからない。

でも、テラには出来るかな?って、私がアジュマだからかしら(笑)
不倫の恋でも、好きな人をあきらめ切れないテラですね。やっと、自分の人生を歩いて行けるのかな?と、思って視聴してます。

ジェイン、テソンには「慰める」と、いう形で突き放せない。
でも、本当に好きなのはコヌクと、焦ってるようにも見えるけど、ハッキリとテソンを断ることもしない。
でも、「お金持ちとつき合う(結婚)」は、身の程知らず・・と、自覚したジェインです。
だからこそ、シン女史に啖呵を切って自ら辞めると言い出した。

「あなたを尊敬していました。けれどあなたは、自分の息子(テソン)すらも、理解しようとしない。美しく華やかな世界にいるあなたの姿は・・仮面をつけてるだけです。
その仮面がはがれると、あなたは醜い人です。」と、ジェイン。

これだけの事をいって、テソンとつき合う気はないと思うけど、断らない。
テソンとジェインの関係を知り、怒るシン女史だし。
まあ、次回あたりで拒否するのかも^^;

ラストで秘書が、コヌクが「あの時の子供・・」と、わかったのでそれを、会長に報告する前、コヌクに確認をしてました。

これで驚いていたコヌクなので?まさか、この秘書を始末するとか?
会長に報告されて、シン女史の耳に入ったらもう、始末を命令でしょうね。
予告見ると、シン女史がコヌクに怒鳴ってる様子が見れたので・・もう、開き直るコヌクかもしれません。

残り、4話です!
今日は、あらすじというよりも、感想形式で書いてみました(*^^*)

サントラ




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2010年07月26日 | Trackback(0) | 赤と黒(悪い男)

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌