スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チュウォン グッド・ドクター 9話あらすじ

人間愛でシオンはみんなから愛されるのだと思います。

キャスト
チュウォン、ムン・チェウォン、チュ・サンウク、キム・ミンソ、キム・ヨングァン、チョン・ホジン

↓OST



9話

屋上で、飛び降りようとするキュヒョンを説得するシオン。
「君が死んだら周りの人が悲しむ。君は嫌われていないから、羨ましい・・」
キュヒョンを止めるシオン。

シオンの言葉を聞いて、「あいつは悪い奴じゃないのに・・嫌われてると思ってたのか・・」と、考えるイルギュたち。

シオンに、手術をしなくて済む画像診断科に転科しろと命じるドハン。
外科医になりたいです・・と、拒否するシオン。

キュヒョンに治療を説明するシオン。
歌えなければ意味がない、と嘆くキュヒョンに、僕も外科医になれないかもしれない・・と言うシオン。
「でも、先生はまだ希望がある。夢に挑戦できる。僕は歌えない・・」と言うキュヒョンだった。

キュヒョンが音楽プレイヤーを利用しても、音楽を聴いていないと知るシオン。
彼の母親に、僕も嫌なことを聞きたくない時、耳を塞ぐ。
キュヒョンは母親に好かれようと、嫌な事でも素直に言えないのだと思いを告げる。
息子に声楽を強要してると感じる母。

禁止薬の件について、質問されるコ科長。
イ専務から、医師免許剥奪されても理事会で席を用意する・・と言われてた事を思い出す。だが、禁止薬は使用してないと言うコ科長。

ドハンも質問されるが、使用してないと答える。
そんな事を聞く権利があるのか?と、食品医薬品安全庁に忠告する副院長。

電話で、禁止薬の通報はイ専務がした事にする・・と話す副院長。

会議で、チェギョン、理事長たちに追い込まれ、辞職するハメになるイ専務。

前回のは臨時であり、今度こそ正式な初執刀になる・・と、ユンソに手術を命じるドハン。

キュヒョンにウノクを紹介するシオン。仲良くなる2人に安堵する。

ウノクの叔母が親権放棄をしたので、可哀相だと言うシオン。

ドハンと飲む副院長。
シオンを画像科の名医にすればいい。推薦はやめて、シオンを育てることを提案する副院長。

「自閉症を克服した・・サヴァン症候群の小児外科医・・マスコミも飛びつくだろう・・」と言う副院長。
「シオンを利用する気ですか?この話は聞かなかった事にします・・」と、断るドハン。

シオンに、私がいなくても大丈夫だろう、やっていけるだろう、と確認するチェ院長。
いなくなるのなら寂しい。そばにいて欲しいと言うシオン。

緊張するユンソは、手術を決意したキュヒョンの手術を担当すると申し出る。助手はシオンを指名するユンソ。
ダメだと言うドハンだが、転科する前に・・と許可を求めるシオン。

ユンソはシオンを助手にして、キュヒョンの手術を行う。

手術中、キュヒョンは夢を諦めなくて言い・・・と、言いだすシオン。

続く・・

シオンは本当に純粋な良い子です。
大人だから、良い人になるのだけど幼いのでね。そんなシオンを周囲は次第に理解しています。

ユンソは弟のようにシオンを可愛がっています。
恋愛要素はたぶん、ないでしょうね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年03月20日 | グッドドクター

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。