チソン 秘密 11話あらすじ

今年のベストドラマになりそうな迫力。超オススメ♪

キャスト
チソン、ファン・ジョンウム、ペ・スビン、イ・ダヒ、イ・ドクファ、カン・ナムギル、カン・シニル

DVD



11話

ドフンがあの日、父と一緒にいた・・と知るユジョン。
部屋の中、もがき苦しむユジョンを見つけ、抱き寄せるミニョク。

「愛する人の死は・・私だけに起こることではないけれど・・サンと父をあんな形で逝かせて・・生きてる自分を許せません。」
社長は、どんなに私が忌まわしいでしょうね、と言うユジョン。

「分かればいいさ。救われた面もある。ジヒのあとを追う勇気はないから・・その代わり、お前を憎むことで、持ちこたえた・・」
お前も俺を憎めばいい、と言うミニョク。

ユジョンに知られたら・・と、苦悩するドフンはセヨンに会いに行く。肩を貸してください・・と、涙を流すドフン。

ユジョンの態度が気になり、仕事を欠勤した日、どこへ行ったか調べさせるミニョク。

福祉施設に行き、徘徊登録者のメダルの事を聞くユジョン。
自分では外せない。何かあれば、知らせが来るはずとわかる。
父ウチョルの保護者はアン・ドフン。

ドフンに会いに行くが、避けられてしまうユジョン。だが、待ち伏せをして話す2人。

「あの日、父と会ってたでしょう?」と追求するユジョン。
責められ、
「一緒にいたが、車から下りると言ったので止めた。」

勝手に飛び出したのに、「ウンザリだった。追いかけて保護しなかったのが何か?」と、叫ぶドフン。
父はあなたを愛してた。信頼してたのに・・
「よくも私の父に!こんな仕打ちはない!」と、驚くユジョン。

車を止め、サンと父にひざまずいて、と激怒するユジョン。
「ひざまずけば、失せてくれるか?おぞましいほど、お前がすがりついて来るから・・後ろは振り向かない。」
あの日、お前を捨てればよかった。後悔してると叫ぶドフン。

「失せてくれ?おぞましいほど、つきまとってやるわ。」
これから、後悔させると告げるユジョン。

ミニョクに会いに行くユジョン。
「失った人たちを慰めるため・・」
望み通り、不幸に生きるから、と協力を求めるユジョン。
「あんなに庇ってたのに・・何があった?」と言うミニョク。

ドフンは潰す、と言うミニョクは協力する事に。
すべてを奪えばいい、と言うミニョクに
「簡単に奪っては、私の失ったものの大切さがわからない」と言うユジョン。

ドフンを呼びだし「なぜ、ユジョンの気持ちが離れたのか」と聞くミニョク。
「事故当日、現場にいただろう。重大な秘密を共有した2人が、仲違いした理由が気になるな・・」
車載カメラの映像は、修復中だと教える。

役員会で、ユジョンをパートナーとして紹介するミニョク。

社長を利用してのしあがった、とユジョンに言うドフン。
「あなたもそうしたのね・・」と言い返すユジョン。

ユジョンを連れて来たミニョクに、どうかしてる・・と呆れるセヨン。
「お前も、アン・ドフンがどんな男か知れば・・」と言うミニョク。

ドフンに「もっと、見せつければいい」とユジョンに言うミニョク。

チョ会長が危篤、資金繰り悪化・・と、会社の事がネタになり、驚くミニョク。
チョ会長が、ドイツで手術だと言われなぜ、教えないと部下を怒る。

セヨンと話すドフン。
愛する女性がいたけれど、だからこそ忘れたい・・と、ユジョンの事を打ち明ける。騙した、と怒るセヨン。

ユジョンの報告書を受け取るミニョク。
刑務所時代、ユジョンを児童虐待で告発したヘジンが最近、来た。パン店近くの監視カメラの画像の閲覧もしたと。

子供と父親の事か・・と考えるミニョク。父親が失踪した日の画像入手を命じる。

ユジョンが家に出入りするので、不愉快なセヨン。
「社長には借りがありますし、アン・ドフンさんには貸しがあります・・」と言うユジョン。
ミニョクから離れないと知り、苛立つセヨン。

憎きライバル会社セグァングループが、レストランを奪うと知り慌てるミニョク。
資金繰りが苦しいKグループは現金が必要。
阻止したいミニョクだが、自分の持ち株では反論出来ない。
役員がすべての決定を出すと言うドフン。

ドフンに、事実を話したことを感謝するセヨン。
ユジョンに未練がないとわかり、ミニョクとユジョンの引き離しを命じる。

会議に来るミニョクだが、解任され、参加する資格はないと追い出されてしまう。

セヨンに、お前の持ち株を現金にして俺に援助しろ・・と言うミニョク。
それで、レストランを助けると。
婚約者がいるのに、女を連れ歩いてると指摘するセヨン。
「カン・ユジョンを追い払うなら検討してもいいわ・・」と言いだす。

セグァングループのジェハに電話するミニョク。
詫びるというミニョクを呼び出すジェハ。
行くと、店にはドフンが友人としていた。

不良品(ユジョン)も連れて来て、詫びるならセグァングループが、レストランを援助すると言うジェハ。

チョ会長、セヨン、ジェハまで手を伸ばし、人脈を作ってるドフンに呆れるミニョク。
ドフンの前でジェハに言われ、悔しい思いをこらえ、立ち去る。

レストランで、夜勤するユジョンに会いに行くミニョク。
「目的を達成したら・・お前も離れて行くんだろう・・」と言うミニョク。
「指示に従います・・社長が行け、というまでそばにいます・・」と言うユジョン。

ユジョンにキスしようとするミニョク。

続く・・

ああーーいい所で。。。
キスしたんでしょうね、ギリギリで終わったけれど。

ドフンの考えを知り、呆れて言葉も出ないユジョン。サンと父を慰めるため、ミニョクの力を借りるのです。
ドフンに復讐という感じですね。

でも、ドフンにはセヨンとジェハという味方がいます。
特にセヨンは、ユジョンを連れ歩くミニョクを怒ってます。

社長を解任されたミニョクだから、ドフンの笑う顔が見る気も。

ドイツで手術してたチョ会長なんですね。それで、後継者問題と会社の事で押し潰されそうなミニョクです。

ペ・スビンは最初、良い人を演じて後半で悪役に徹するのが上手いですね。

そして、ファンでないけれどチソン氏は素敵だわ。
ファン・ジョンウムも迫力ある演技で、引き込まれるドラマです。

今の所、2014年のドラマ2位だわ。
1位は「星から来たあなた」です。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2014年03月22日 | Trackback(0) | 秘密

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌