スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

花たちの戦い 宮廷残酷史 1-2話あらすじ

仁祖の心を奪い、野心から王妃、側室たちと権力争いのヤムジョンです。

全50話ネタバレあらすじはここをクリックして下さい

キャスト
ヤム・ジョン  (キム・ヒョンジュ)両班の妾の娘
ナム・ヒョク (チョン・テス)名家の子息

仁祖     (イ・ドクファ)朝鮮16代王
ソヒョン世子 (チョン・ソンウン)仁祖の長男
ポンニム大君 (キム・ジュヨン)仁祖の次男
チャンニョル王妃(コ・ウォニ)

チャン貴人  (イ・ヘウン)側室
イ尚宮    (ヨン・ミジュ)尚宮
淑儀パク氏  (イ・ソヨン)側室

嬪宮カン氏  (ソン・ソンミ)ソヒョン世子の妻
キム・ジャジョム(チョン・ソンモ)仁祖の側近
イ・ヒョンイク (ソン・ビョンホ)鍼医

JTBC 2014年 全50話
脚本 チョン・ハヨン
演出 ノ・ジョンチャン

DVD



1話

1637年
清への降伏を決意した仁祖(イ・ドクファ)は、属国になる事を受け入れ、皆の前で第二皇帝ホンタイジに跪く。

清の要求で、長男ソヒョン世子(チョン・ソンウン)、嬪宮カン氏(ソン・ソンミ)、次男ポンニム大君(キム・ジュヨン)は人質として、清に連れ去られてしまう。
生まれたばかりの我が子を、仁祖に託すカン氏。

3万の兵を待機させ、仁祖の命令を待っていた・・と言うキム・ジャジョム(チョン・ソンモ)。
なぜ、助けに来なかった?と、激怒して斬首を命じる仁祖。
だが今、責任を他者のせいにすれば民心が離れる、と説得される仁祖。

キム・ジャジョムは斬首を免れ、無人島への流刑となる。耐えられないなら・・と、毒をもらう。

妾の娘として育ったヤムジョン(キム・ヒョンジュ)は、没落した名家の息子ナム・ヒョク(チョン・テス)と愛し合っていた。

仁祖が清に降伏、清の兵が王宮をも荒らして、60万人も連れ去ってしまう。
奴隷として、取り引きされたその数は60万・・。

都に清が侵入、屋敷に来た男に捕まってしまうヤムジョン母ハン・オク。母を守るため、男を殺害するヤムジョン。

遺体を埋めるため、ヒョクに手伝ってもらうヤムジョン。

2話

キム・ジャジョムを思い出す仁祖。

(回想)

王の器ではなかった。父は命を狙われた・・と、怯えるヌンヤン(仁祖)。

王族なら誰でもいい。まずは今の王を追い出して・・と、クーデターを起こした反逆者たち。

王などなりたくない・・と言うヌンヤン。
新しい王が立てば、真っ先に処断されると脅すキム・ジャジョム。血判状を見て、決意するヌンヤンだった。

(回想・終)

民心は荒れて、暴徒となる。
盗みをするヤムジョンを守り、役人に手をあげるヒョクは捕まってしまう。

王宮は混乱、新しい王を・・と考えるも、王になれる王族もいない。
今こそ、キム・ジャジョムが必要と考える臣下。

ヒョクから、結婚して欲しい、と言われるヤムジョンだが身分違いを理由に断る。


降伏を拒否した者を、1ヶ月も拷問を続ける清。
耐えられず、止めて欲しいと皇帝の異母弟ドルゴンに頼むソヒョン世子。
だが、属国を認めるよう言われてしまう。

身分が違う、とヤムジョンとの結婚に反対してるヒョク母は、捕まった息子を助けて欲しい、と頼みに来る。

鍼医イ・ヒョンイクに頼み、ヒョクを出してもらうヤムジョン。

無人島で、耐えられずに毒で自害しようと考えるキム・ジャジョム。
だが、仁祖を思い出し、「誰でも王になれる・・わしが王になる!」と、叫ぶ。

続く・・

2ヶ月足らずで、蛮族だと見下していた清に破れ、降伏文書に署名、属国となったのです。
その仁祖の精神的打撃は大きかった。

「生き恥をさらしたのは間違いだった」と、後から後悔する仁祖です。

民を守ったというより、命が惜しかっただけ!と、責める臣下もいたのです。やむを得ず、長男夫婦と次男をも差し出すハメになり、苦渋の決断でした。

清が都に侵入した時、ヤムジョン父親は逃げたのです。母オクは逃げ遅れて捕まり・・。
勇気あるヤムジョンが男を殺害しました。

ナム・ヒョクを愛しているけれど、没落したとはいえ、両班の息子なので身分が違うヤムジョンです。
ヒョク母は、科挙を首席で合格して欲しい、と息子に言ってます。
受かるはずはないと、諦めているヒョク。
ヤムジョンとヒョクは愛し合っていても、ヤムジョンが裏切るようです。

ヤムジョンは側室になるなら、キーセンの方がいい、と言う女性です。母親のようになりたくないと思いがあるから。

これが次第に野心で、仁祖の寵愛を受けて側室トップになるそうです。
悪女のストーリーなので、そのためには何でもするのでしょうね。

キム・ジャジョムは生き延びて、自分が王になるため、王朝転覆の手先として、ヤムジョンを後宮に送るようです。
その後、仁祖の寵愛を受けて側室になるヤムジョン。
側室にも順位があり、上り詰める様子ですね。
(KNTVガイドより)

まだまだ、幼い雰囲気のヤムジョン。
今後の変身が楽しみ、KNTV視聴です。
キム・ヒョンジュが初の悪役を演じるようです。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。