イ・ジョンソク 君の声が聞こえる 5話あらすじ

接近してくる殺人者・・頼れるのはスハですね。

キャスト
イ・ボヨン、イ・ジョンソク、ユン・サンヒョン、イ・ダヒ、チョン・ウンイン、キム・ヘスク

OST



5話

スハの身元引受人になるへソン。

家にスハを入れるへソン。
「ジュングクが来たら困る。この子でもいれば・・」と、へソンの心を読むスハ。

翌日
へソンに護身術を教えるスハ。
携帯で、お互いの位置がわかるよう設定する。これで、居場所が分かる?と、喜ぶへソン。

2人を監視するジュングクは、奴がいるから・・とチュンシムに狙いを変更する。

双子のコンビニ強盗事件を担当するへソンとグァヌ。
検事ドヨンは、共同正犯で起訴した。
双子なので、どちらが刺したのか真相はわからない。

真実を追究したいへソンは、スハの心を読む能力に頼りたい。裁判に来て欲しいと頼む。

雨の日、グァヌと一緒に帰るへソンを見てしまうスハ。
傘があったのを隠して、へソンと一緒に帰るグァヌ。

補習を受けるスハは、ソンビンの協力により、逃げ出す事に成功する。
へソンの家に行くが、グァヌといたのでショックを受けてしまう。

警察官に、引っ越しの挨拶をするジュングク。
「私を殴ったスハ君には10年前、大きな罪を犯しました。離れた方が良いかと・・」
二度と彼と会う事はないでしょう、と立ち去るジュングク。

ジュングクの態度を見て、真面目に生きてる。盗難もない携帯事件は終わりにしよう、と言う警察官。

裁判
双子を共同正犯と言うドヨン。
刃物を所持していた事を知ってた。殺人を予測出来たから、共同正犯が成立すると。

へソンとグァヌは双子を弁護、共同正犯とするのは難しい・・と言う裁判長。
刃物所持を承知していたら、制止もしなかった・・刺した方は強盗殺人。止めた方は特殊窃盗と分けるべき・・・と言う。


部屋の中にあったヘソンチキン店のポスターが1枚、足りないのに気がつくへソン。

ヘソンチキン店のポスターを持って、母チュンシムの店に行くジュングク。
配達員募集の電話をしたと言う。
ジュングクを見て、笑顔になるチュンシム。

裁判所
双子の件で、言い合うへソンとドヨン。
「2人とも無罪で釈放されるわ。」と言うドヨン。
「2人とも有罪で、刑務所に行くところだった。」と言うへソン。
2人の会話を見ているスハ。

法廷から去るべきなのは、起訴を誤る検事?と、言うへソン。
「間違いを認めない人間が誰より問題よ。私に負けたら、母に謝れという話・・覚悟して。」と言う。

調子に乗るへソンは、スハにドヨンとの悪縁、花火事件を教える。
「彼女が正しいなら・・?あんたが間違いで、検事が正しかった。あの双子は共謀して殺害した・・」と言うスハ。
驚くへソン。

続く・・

へソンはドヨンに勝つことを優先して、大事な事を忘れてる気がします。しかも、スハに頼り切ってます。
自分の信念と調査で頑張らないとね。

グァヌはへソンを好きになり、片思いの流れになりそう。
スハはソンビンに告白された時、へソンへの思いが強くなったのでした。

へソンにはスハがいるからと、母親のチュンシムを狙われたら大変な事になりそうです。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年03月30日 | 君の声が聞こえる

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌