スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

イ・ジョンソク 君の声が聞こえる 7話あらすじ

すごい展開になって来ました。人を憎んで生きるのは愚か・・と、教えの母です。

キャスト
イ・ボヨン、イ・ジョンソク、ユン・サンヒョン、イ・ダヒ、チョン・ウンイン、キム・ヘスク

OST



7話

悪夢を見るチュンシム(へソン母)。ジュングクに襲われ、川に投げ込まれたへソン・・・。

イ・デソンの盗難事件を担当するへソン。
無料の新聞だが、大量に盗んだデソンはおじいさん。

被害者との示談を勧めるへソン。
国選弁護士だから、出来も悪い、と文句をいうおじいさん相手に苦戦するへソン。

暴れたおじいさんは、へソンを押し倒してしまう。
告訴する、と言うへソン。
「検事と組んで被告人を騙した件を、弁護士委員会に告発する!」と言い返すシン弁護士。
結果、示談にする事に。

デソンの担当は、へソンからグァヌに変更となる。
5年間で、16回の窃盗で通報、起訴されているデソンを示談で済ませたいグァヌ。

出所後、すぐに窃盗を犯した、と追求するドヨン。

国選弁護士をバカにしたデソンに、被告人の目線で見ようとして、心から理解してる事を見せたいグァヌ。
善処を取り付け、へソンに謝ってほしい。
デソンが、へソンにした事を許せないグァヌだった。

裁判
フリーペーパーを盗んだデソンだが、1日に800枚が必要な人に、新聞は命綱だ、と説明するグァヌ。
大量に集めれば、家賃、食費にもなると。

食事に行くと偶然、ドヨンたちと会ってしまうグァヌ、へソンたち。

デソンは貧しいので窃盗を・・と言うグァヌ。
貧しいからと、すべての人が盗んではいない、と言うドヨン。
「無料の新聞を盗んだ老人に、懲役6年を求刑した!」と、指摘するへソン。
たかが、無料の新聞を性的暴行犯と同様に、重罰に処すのは冷酷だと怒るへソン。

デソンの様子を見に行ったスハから、被害者はデソンおじいさんの親族だとわかるへソン。スハの協力を得て、解決案を出す。

親族なら示談にして、告訴を取り下げれば裁判出来ない。示談にすれば、デソンおじいさんを助けられる。だが、被害者は示談を拒んでいる。

スハを事務員として連れて行き、示談に成功するへソン。

裁判を食い止めてくれたへソンに感謝するグァヌ。

グァヌはへソンが好き・・と、心を読み、ショックを受けるスハ。

グァヌに頼まれ、へソンに謝るデソンおじいさん。

へソンと電話で話す母チュンシム。
「お前を苦しめる人は・・お前がうらやましいんだよ。そんな人たちには憎しみより、愛情と哀れみを持って接しなさい・・」
人を憎む事に、人生を使うんじゃない!と。

店でジュングクに襲われ、殴られ縛られながら、へソンに伝えるチュンシム。
「今のが、娘への遺言?助けてと、わめくべきだ・・」と、笑うジュングク。

「あんたが不憫だ。娘を恨みながら生きて来ただろう・・」と言うチュンシム。
「なら、娘も同じだな。母親を殺した俺を憎みながら、復讐を誓いながら・・生きる」

へソンの家
ジュングクの居場所を探すため、業者に位置追跡を頼んでいたスハ。場所がわかり、そこはへソン実家近くだとわかる。

へソンにジュングクが、実家付近にいる・・と教えるスハ。

続く・・

ラストはスハが電話を受けてたけれど、あれは事件の知らせだと思います。

娘をそんな風に育てていない!と、ジュングクに言ったチュンシム。あれでは当然、殺されてしまうでしょう。

そして、ジュングクを憎みながらも、母の言葉を思いだすへソンだと思います。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年04月07日 | 君の声が聞こえる

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。