スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

花たちの戦い 宮廷残酷史 5話あらすじ

賢いヤムジョンだから、仁祖に気に入られるでしょう。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

DVD




「あなたを体に刻みたい・・」
死んでもいい、とヒョクに言うヤムジョン。

「女で人生を棒にふれない。お前も私も殺される。一族の期待を裏切れない・・そこまでの思いはない。」と答えるヒョク。
私のため、身を引くのでしょ・・と服を脱ぐヤムジョン。
2人は結ばれる。

ヤムジョンに、「行かないでくれ・・一緒に死のう」と言いだすヒョク。
だが、「万人をひざまずかせる・・」と、決意するヤムジョンだった。

ヤムジョンの家
キム尚宮が迎えに来るが、遅れるヤムジョンは祈っていた、と嘘をつく。

ヤムジョンが宮殿に入る夜、仁祖はイ尚宮の部屋に行っていた。1人、仁祖を待つヤムジョン・・。

ヤムジョンが来るのを知りつつ、わざと行かない仁祖だった。

キム内官に命じて、ヤムジョンの髪飾りを下ろさせる仁祖。

髪を下ろせば、初夜を迎えた事になる。
その夜、1人寝のヤムジョンだった。
翌日、側室とは一生、待つものと教えられる。

キム・ジャジョムから側室を勧められた仁祖は、国が危機なのを理由に渋った。だが、私の養女だからと押し切るキム・ジャジョム。

キム・ジャジョムはまだ、私を恨んでるかもしれない・・と不安な仁祖。だから、初夜を無視してキム・ジャジョムの様子を見ていた。

「のちに朝鮮王朝史上、希代の妖婦として、呼ばれるヤムジョンが宮殿入りを果たした。表向きはキム・ジャジョムの養女だが、実際はその部下であるチョ・ギの庶子だった。
そこには仁祖に復讐を誓う・・キム・ジャジョムの計略が隠されていた・・

王位奪還をもくろむキム・ジャジョム。そのいけにえにされたのがヤムジョンである。
一方で、ヤムジョンは清に降伏して、失墜した王権を立て直したい、仁祖の政治的策略に利用された犠牲者でもあった・・」

キム尚宮に、王が年老いるまでにあの娘に、男子を産ませよ、と命じるキム・ジャジョム。

初夜なのに、仁祖がヤムジョンの部屋にも行かなかった・・と知るキム・ジャジョム。
いずれ、若く新しい側室が気になり、行くと余裕である。

キム・リュを呼び、領議政に命じる仁祖。
チェ・ミョンギルを左議政、シム・ギウォンを右議政にする。

生き残るため、仁祖とソヒョン世子の仲を裂く考えのキム・ジャジョム。


ソヒョン世子に言うカン氏(妻)。
ドルゴンは広大な土地を与えてくれた。

米、野菜を作り儲ける。そのお金で、奴隷市場で売られている朝鮮の民を救う、と言うカン氏。

2人で協力して、米作りを始める。
ソヒョン世子を監視させるドルゴン。
清にいることで、絆が強くなる夫婦だった。

宮殿
側室では、チャン貴人の地位が上である。
ヤムジョンが来た事を、イ尚宮、パク淑儀らと話していた。表向きはキム・ジャジョムの養女だが、本当はチョ・ギ側室の娘・・と。
挨拶に来たヤムジョンは部屋の外で、会話を聞いてしまう。

許可なくチャン貴人の部屋に入室、挨拶をするヤムジョン。
自分はイ尚宮より、上の地位の淑媛だと強気になる。
図太いヤムジョンに呆れるチャン貴人たち。

毎日、3回の挨拶に来るから、陰口をたたかないで欲しい。養父が聞いたらどう、思うでしょうか・・
堂々と、自分の意志を告げるヤムジョン。

ヤムジョンの態度に、スッキリするけれど仕返しが怖い、と言う女官。

イ尚宮付きの女官を叩いたヤムジョン。それを知り、王妃のようだ・・と、笑う仁祖。

イ尚宮から話を聞いて、ヤムジョンに興味を持って、会いに行く仁祖。

突然、仁祖が来たので驚くヤムジョン。
思ったより、若いからまぶしい・・と言うヤムジョンに機嫌良い仁祖。
2人で笑い出す。

続く・・

ヤムジョンの明るくチャッカリした雰囲気、これがキム・ヒョンジュらしくて良いですね。

まだ、幼さが残るけれど、年上相手に堂々と意見を言うのは心地良いです。
面白くなりそう。

仁祖は今後、ヤムジョンに夢中になるでしょう。
それこそ、キム・ジャジョムの思うツボですね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。