スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

花たちの戦い 宮廷残酷史 7話あらすじ

ヒョクを演じるテス氏、姉のハ・ジウォンに似てますね。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

DVD



仁祖に新しい王妃を・・と薦めるキム・リュ。
国がこの危機にそのような事・・と、拒否する仁祖。

仁祖に会いに来たヤムジョンは、2人の会話を盗み聞く。

会いたい、と仁祖の部屋に来るヤムジョン。
「王さまの足が遠のいて数日になります・・」
スネるヤムジョンを笑う仁祖。

妊娠したのが不満ですか・・と、ため息のヤムジョン。これから毎日、通う・・と言い訳する仁祖。

若い側室がいるから・・「名家出身の若い娘に溺れて、私たち母子を忘れるのでしょう」と言うヤムジョン。
「余は側室の中から、新しい王妃を選ぶつもりだ。息子を生め。」と笑う仁祖。

息子さえ生めば・・と、考えるヤムジョン。
母に頼み、男の子を生むおまじないなどを準備してもらう。

宮殿
王妃不在のままで良いのか、清が世子夫妻を解放しますか?と、話し合う重臣たち。
必ず、ソヒョン世子を連れ帰る、と言うキム・サンホン。
明と手を組み、清を討つと言い続ける。


明との戦に必要な物資を、嬪宮カン氏に頼むドルゴン。カン氏は、商才に長けていると思っている。

故国に帰りたい、とドルゴンに言うソヒョン世子。
「そなたが父親を退け、王位に就くならすぐに帰す」と言うドルゴン。
「それは朝鮮では、決して許されないことです・・」と、断るソヒョン世子。
いつでも、決心がついたら言ってくれ、と言うドルゴン。

思うようにならず、苛立つソヒョン世子を心配するカン氏。
「お義父さまのご存命中は、帰国はかないません・・」と言うカン氏。
世子自らが、生きる道を探るべきと。

「新しい時代に目を向けたのは、世子ではなく嬪宮だった」

宮殿
ソヒョン世子を取り戻せ・・と、民心の意見を聞いて怒る仁祖。譲位を促す怪文書が民の心?と、激怒する。

「ドルゴンが世子を可愛がってる・・父親に背を向ける気か?」苛立つ仁祖。

チョ・ギと話すキム・ジャジョム。
もう一度、領議政と手を組みましょう、と提案されるが、拒否するキム・ジャジョム。
「キム・リュは不倶戴天の敵だ」
共に戦ったのに裏切り、流刑に処した張本人だと言う。

「あの時、私は生かすべき者と、処断すべき者を深く心に刻んだ。」と言うキム・ジャジョム。

鍼医イ・ヒョンイクを呼びだすキム・ジャジョム。
ヤムジョンが宮殿に入る前、付き合っていた男ヒョクとの関係を聞く。

2人の事は知らない、と惚けるヒョンイク。
「もしも、やつに似た子を淑媛(ヤムジョン)が生んだら・・」と、脅すキム・ジャジョム。
2人の関係を知るヒョンイクを口止めする。

ヒョクを殺す事を、配下に提案されるキム・ジャジョム。
だが、自分の手は汚したくない。
「キム淑媛に始末させてこそ、後々繰れる」と言う。

ヒョクの様子を見に行くヒョンイク。
兵を集めて、訓練してるのを目撃する。
「腹いせに謀反か・・」と、驚く。
ヒョクに見つかり、殺されそうになるが助けてくれ、と命乞いするヒョンイク。

2人でお酒を飲み、ヤムジョンが妊娠した事を教えるヒョンイク。
「俺の子だ。あいつも知っている・・」と言うヒョク。
驚き、気持ちはわかるが諦めた方がいい、と諭すヒョンイク。

ヤムジョンに、ヒョクの様子を教えるヒョンイク。
ヒョクが謀反を?と驚き、会いたい、と言いだすヤムジョン。

ヒョクを呼びだし深夜、再会するヤムジョン。
「お前が俺を捨てるとは思っていなかった。戻ると信じてた・・」と言うヒョク。

「息子を生んだら、王妃にして下さると約束したの。あなたの子が王様になるかもしれない・・」
お前を離さない・・と、抱きしめるヒョク。
ヒョクに抱かれ、小屋を出るヤムジョン。

ヤムジョンが去ると、キム・ジャジョムの配下に襲われるヒョク。

崖の上で、戦っているとヤムジョンの姿を発見するヒョク。

「私が死んだら、お腹の子も死ぬ。だから代わりに死んで・・」と言ったヤムジョンを思い出す。
斬られ、崖から落ちるヒョク。

宮殿
ヤムジョンの出産が始まる。生まれたのは娘だった・・。

「早く捨てて!顔も見たくないの!」叫ぶヤムジョン。

続く・・

女の子だったんですね。
でも、だからっていきなり捨てるとはびっくり。いずれ、この娘と再会するヤムジョンでしょう。

男の子を産めなかったから、ヤムジョンは王妃になれないのでしょうね。

重臣たち、おじいさんの顔がよくわからないわ。
みんな同じに見えてしまう(^_^;)

王妃はチャンニョルです。

ヒョクは川に落ちたけれどきっと、生きていると思います。
ヤムジョンに裏切られ、復讐を誓うパターンかしら。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。