スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

花たちの戦い 宮廷残酷史 8話あらすじ

ヤムジョンは妊娠するため積極的になるようです。

全50話ネタバレあらすじはここをクリックして下さい

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

DVD



8話

世子より、謀反を起こすのなら嬪宮だろうと考える仁祖。
キム・リュ、キム・サンホン、チェ・ミョンギルは一掃したい。

推薦され、チョ・チャンウォンの娘を王妃にすると決意する仁祖。娘はまだ、15歳。子供は産めないだろうと余裕のキム・ジャジョム。

父から、断るよう言われた娘だが、王妃になりたい・・と、決意は固かった。

キム・ジャジョムと話すヤムジョン。
再び、妊娠しても娘を産めば意味はない。
「手段を選ばず、息子を得ればいい・・・」と、提案するヤムジョン。
同じ意見だろう、時期を待てと言うキム・ジャジョム。

キム・リュを領議政の職から解き、チェ・ミョンギルを後任に任じる仁祖。

結婚式を挙げる仁祖だが、15歳の娘を抱く気にはなれない。キム・リュ一派が、あざ笑うため幼い王妃をあてがった。
思惑通りに、王妃を迎えただけで十分と考える仁祖。

王妃に挨拶するヤムジョン。
「宮殿は怖い所です。私は毒針で数回、殺されそうになったのです。」
危険な所だから、私が王妃さまを守ります・・と、言うヤムジョン。
毒味もするから、食事の前には呼んで欲しいと言う。

しかし、本心は王妃を追い出すつもりのヤムジョンだった。


仁祖の結婚を知り、驚く嬪宮カン氏。
知ってたソヒョン世子だが、国に戻ることは出来ない、と諦めて言わなかった。

ドルゴンに直談判するカン氏。
「父親の婚姻を祝うことも許されないのですか?世子さまは人質ですか?それとも、友好の証しですか?」
朝鮮は清の重要な交易相手であり、明を討つには朝鮮の物資が必要と言うカン氏。

世子の帰国を望むカン氏に、幼子を残して恋しいだろう、と言うドルゴン。
婚礼に出席出来なくても、義母に挨拶させたいと言うカン氏。
けれど世子は人質、帰国させてくれないと感じるカン氏が帰国する事に。

宮殿
夜、仁祖に会いに行くヤムジョン。
1人、待つ王妃の元へ行って下さい。でなければ、側室同士が嫉妬から、争う事になると言う。

「娘を生んでから優しくなった。本当に王妃を心配してるのか。」と言う仁祖。
「娘だったので、我欲を捨てたのです」と答えるヤムジョン。
王妃の部屋に行く仁祖。

ヒョクの死を決して無駄にしない・・と誓うヤムジョン。

ヤムジョンのおかげで、官職への復帰が決まるキム・ジャジョム。
これで今後、王妃はお前の言葉なら信じるだろう、とヤムジョンに言うキム・ジャジョム。

ヤムジョンに嬪宮カン氏が戻る、並みの女ではない、と教えるキム・ジャジョム。

嬪宮カン氏の帰国を喜ぶ民たち。

宮殿
嬪宮カン氏は馬に乗って、戻ってきたと知る仁祖。
「両班の女でも馬には乗らない。宮殿の門を閉じろ」
一歩も入れるな!と、怒る仁祖。

続く・・

馬に乗る嬪宮とは、清の風習を受け入れてるって意味で、怒ってる仁祖だと思います。

生き残るため、清の風習を取り入れたカン氏。それは仁祖には耐えられない屈辱でもあると思います。

本当は、ソヒョン世子を帰国させたかったカン氏。でも、ドルゴンの許可が出なかったのと、子供が恋しいだろうと、母心をつかれたのです。

息子に会いたい思いは強い。
着替えもせず、戻ってきたカン氏が宮殿に入れない状況になりそうです。

ヤムジョンは王妃になれず、悔しい思いで狂いそう。ここは落ち着いて追い出す考えです。
まずは王妃を油断させ、接近するヤムジョン。
仁祖に王妃の部屋に行くことを勧めたのです。

幼い王妃と夫婦になり、ヤムジョンの義父キム・ジャジョムに官職を与えたのだと思います。
キム・ジャジョムは、ヤムジョンを使える女と頼りにしています。

予告だと、息子に会えない嬪宮カン氏が怒り、決意する様子。
王位をソヒョン世子に継がせると。
つまり、仁祖を追い出すって流れでしょうね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。