スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

花たちの戦い 宮廷残酷史 10話あらすじ

王妃になりたかったヤムジョンだから、悔しい思いも強いのです。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

DVD



10話

キム尚宮の協力で、仁祖の寝所に忍び込むヤムジョン。無事、目的を達成して帰るヤムジョンを目撃する女官。

女官は報告、怒りチャンニョル王妃に告げ口するイ尚宮。
「普通、王さまが行くはずです。しきたりを破ったヤムジョンを厳しく戒めてください。」と言うイ尚宮。
公にすれば、王さまが恥をかく・・と、見逃すと言う王妃だった。

指示通り、仁祖の左側に寝たから男の子が生まれる・・と言うソルチュク。うまく事が運び、喜ぶハン・オク(ヤムジョン母)。

仁祖が訪ねてくるまで待つ・・と言うチャンニョル王妃は1人寝が続いてる。父親から、子供を生むまで王妃と認められない、と言われたことを思い出す。

仁祖に、お願いをするチャンニョル王妃。
イ尚宮が寵愛を受けながら、両班でないのが理由で側室になれない。

「承恩(王と夜を共にすること)を受けた尚宮に身分を問うのですか」

このままでは、王妃が嫉妬してると思われてしまう。
「イ尚宮に淑媛の官位を、王女を生んだキム淑媛(ヤムジョン)を昭媛に・・」と、言うチャンニョル王妃。
笑顔で承諾するも、王妃が去ったあと、部屋にいかない当てつけか?と怒る仁祖。


戻る嬪宮カン氏はソヒョン世子に言う。
軽率でしたが、会ってくれないのはあんまりです。
王さまは王妃を迎えた。死ぬまで帰れないかもしれない。
「遠くから、駆けつけた嫁に会わないなんて・・王さまが恨めしい・・」と、泣くカン氏。

宮殿
側室たちを呼び、お茶をするチャンニョル王妃。
官位を与えてくれた王妃に、感謝するイ淑媛は吐き気がすると言う。
悔しいヤムジョンもつわりの演技でマネする。

医員がヤムジョンを診るがわからない。
「嘘はバレる。息子を生んで、あの女の鼻柱を折るのよ」と、イ淑媛に言うパク淑儀。

11組の夫婦と、息子を生む取り引きを成立させるイ・ヒョンイク。

自分の考えを、キム・ジャジョムに確認するヤムジョン。
笑いながら、同意するキム・ジャジョムに
「イ淑媛を殺してください・・もしくは、お腹の子を殺して」と頼むヤムジョン。
「手を汚すのはいいが、宮殿の中の事は自分で解決しろ」と言うキム・ジャジョム。

清にいる嬪宮カン氏の様子を内官が伝えてきた。
皇室に出入りしていると聞いて、謀反を?と考えるキム・ジャジョム。

清は明に勝てない、戦になったら明と手を組むべき・・と、仁祖にいうキム・ジャジョム。
「世子とポンニム大君は、死んだと考えるのです。」
私に兵権を与えてください、と言いだすキム・ジャジョム。
王が受けた屈辱を晴らすと言う。

世子が清の策略に乗った・・王にそう思わせると言うキム・ジャジョム。

鍼医イ・ヒョンイクを呼び、ヤムジョンが頼みがあるそうだ、と言うキム・ジャジョム。
鍼で、人を生かすよりも、殺す方が簡単と言ったイ・ヒョンイクを利用するつもり。

インピョン大君を呼び、「毒入りの酒を勧めたら、飲むか?」と質問する仁祖。
怯えて、答えられないインピョン大君に苛立つ。
「父親が死ねと言ったら、従うのが息子の道理だ!」と、怒る。

笑顔で、イ淑媛に嫌がらせを続けるヤムジョン。

仁祖に、側室の2人が妊娠した報告をするチャン貴人。喜ぶ王妃の顔を見て、悔しいヤムジョン。

母オクに言うヤムジョン。
「私が息子を生めば・・あの席は私のものだった・・私は愛する人まで殺したのに・・」
あの人を忘れられないと泣き出す。

生んだ娘を遠くから見つめるヤムジョン。

イ・ヒョンイクから、ヒ素を入手するヤムジョン。
毎日の食事に入れれば、お腹の子に毒が回り、流産する。薬の量を多くすれば、母親が亡くなり、遺体には毒殺の跡が残る。

ヒョク母を捜せと命じた、と言うヤムジョン。
もう、死んでいるでしょう・・と誤魔化すイ・ヒョンイク。

ヒョクの家に行き、昔を思い出すヤムジョン。
近所の人から、物乞いの中に母親に似た人がいる、と教えてもらう。
他にも、夜中に来て泣いている人がいると知るヤムジョン。

イ淑媛を部屋に呼ぶヤムジョン。
「息子を生んでも無意味。王妃がいるから、いずれ私たちもチャン貴人たちのようになる。若い側室がくれば、王さまに捨てられる・・」

考えを変えて、
「仲良くしましょう。お互い、助け合えば寂しくないわ」と言うヤムジョン。
身分なんていい。妹だと思って、と。

日本の貴重なお菓子・・と、イ淑媛に勧めるヤムジョン。
お菓子を食べるイ淑媛を見つめる。

部屋に戻り、もらったお菓子を食べ続けるイ淑媛。

「私も死なない程度に食べればいいの。」
笑うヤムジョン。

続く・・

ヒ素をお菓子にいれたヤムジョンですね。お茶かと思ったら、お菓子なんです。
別に日本のじゃなくても良いのに。

予告では、流産したイ淑媛の様子。
しかも、驚いた事に嫉妬した王妃が毒を入れた展開のようです。

ヒョクの家で、夜中に来て泣いてる人って誰かしら。
ヤムジョンの事なのか、それともヒョクが生きてると思ったのかなあ。

イ淑媛も、ヤムジョンを信じられずにお菓子は捨てると言ってました。
でも、部屋でつい、食べてしまったのです。
あれで、沢山たべて流産してしまうのでしょう。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。