スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

花たちの戦い 宮廷残酷史 11話あらすじ

生き残るためには何でもする・・女の世界ってすごいですね。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

DVD



11話

毒入りお菓子と知らず、食べ続けるイ淑媛。
お菓子がなくなった頃、ヤムジョン侍女がお菓子を届けに来る。

菓子箱が空・・と、侍女から報告を受けて笑うヤムジョン。

お菓子を食べるイ淑媛は、チャン貴人たちにも勧める。私が食べて大丈夫だった、と安心させる。

目をつけた家族を、近所に住まわせるイ・ヒョンイク。

毒入りお菓子を食べるヤムジョンに、危険だと止める母オク。
「イ淑媛が2つ食べたなら、私は1つ。そのくらいの危険を覚悟しなくては疑われてしまう。」と言うヤムジョン。
ダメな時は運がなかったと諦める。

今度、息子を生めないのなら死んだ方がマシ・・と言うヤムジョン。
「お母様の恨みを晴らす。棒で叩かれてた時、逃げたあの男を許さない」と激怒する。

イ・ヒョンイクを呼び、様子を聞くキム・ジャジョム。
ヤムジョンのため、捜した夫婦のうち6人が妊娠した。つわりが同じ時期でも、出産日が違うなら意味はない。

方法を聞かれ、薬と鍼で対応すると答えるイ・ヒョンイク。
それでもダメな場合を聞かれ、腹を割く方法が・・と言う。その場合、産婦は死んでしまうので、避けたいと言うヒョンイクに納得するキム・ジャジョム。
成功すれば、イ・ヒョンイクを内医院にいれると言う。

チョ・ギからの報告を聞くキム・ジャジョム。
明を討つため援軍を求められるが、チェ・ミョンギルと、キム・サンホンが対立、結論は出ない。

会議
援軍は清でなく明に送るべき・・と反対するキム・サンホン。
そうなれば、清は明を討つ前に朝鮮に兵を向ける・・と言うチェ・ミョンギル(領議政)。

苦悩する仁祖に、提案するキム・ジャジョム。
これは清と明との戦い。
清に援軍を送らなければ、朝鮮を攻めるでしょう。
しかし、清に援軍を送り、もしも明が勝利したら・・と、不安な仁祖。

清を討ち、功をたてればいい・・と言うキム・ジャジョム。
二股は可能なのか・・と呆れる仁祖に、兵権を与えて欲しいと言いだすキム・ジャジョム。
考えてみる、と答える仁祖。

キム・ジャジョムが部屋を出て、兵権は与えぬと言う仁祖。
要求通り、清に兵を送れば問責は免れる、と言うキム内官。
兵権の指揮権は、イム・ギョンオプにすれば明は討たないと。もし、清が文句を言ってきたら、イム・ギョンオプに責任転換すればいい・・と提案するキム内官。

兵権はキム・ジャジョムに与えるが、軍はイム・ギョンオプに任せると決める仁祖。

イム・ギョンオプは親明排清派の大物。


援軍を送るのなら、ソヒョン世子が指揮を取るべき・・王さまの許可を得る、と言いだすカン氏。

人質になって3年、王さまは世子を助けるつもりはない・・と怒るカン氏。
「父上を守れるなら、満州の地で果てていい・・」と言うソヒョン世子。

兵権を与えられるが、指揮権はイム・ギョンオプだ、と失望するキム・ジャジョム。

ヤムジョンが倒れ、心配する母オク。
鍼医ヒョンイクが来て、あの毒入りお菓子を食べたのかと驚く。

「あの女が毒にあたって死んだら・・御医は女の体から毒をみつけるでしょう?私の方が先に倒れたから、毒を盛ったと疑われずに済むのでは?」
だから、今は耐えられるから、と鍼治療を拒むヤムジョン。

宮殿
イ淑媛が流産する。
毒の可能性もあると知り、誰に盛られたかと聞く仁祖。

ヤムジョンに会いに来て、「お前以外にイ淑媛に毒を盛る者はおらぬ」と言う仁祖。

疑われたと知り、殺される身・・と嘆くフリをするヤムジョン。
「毒を盛るほど、イ淑媛を憎んでいません・・・私はひそかに毒を盛られ・・死線をさまよいました。」
ヤムジョンも毒を盛られたと知り、誰だと聞く仁祖。

毒を盛られたと知れば、王さまはイ淑媛を疑うはず。だから、御医にも診せなかった。
宮殿は女の嫉妬と陰謀がある場所・・と言うヤムジョン。

「王妃なのか・・若い2人が毒を盛られた・・」とつぶやく仁祖。
「証拠もなく、あの方の名を口にされてはなりません。私は死んでもよいのです・・」と泣くヤムジョン。

宮殿
どうすべきか・・と、2人の側室が毒を盛られた事を考える仁祖。
王妃を幽閉するか、廃するか・・と言いだす。

王妃を別宮に送り、謹慎を提案するキム・リュに、賛成する仁祖。

父親の言葉を思い出し、耐えてみせます・・と言う王妃は慶徳宮へ。

王妃の別宮行き報告を聞いて、喜ぶヤムジョン。

宮殿を去る王妃を見送り、つぶやくヤムジョン。

「私を恨まないで・・本来、王妃になるべきは・・私なの・・」
微笑むヤムジョン。

続く・・

毒を盛りながら自らも、毒入りお菓子を食べたヤムジョンです。これで、責められたら「私も盛られた」と言い訳すると思います。
予告では、イ淑媛に口止めしてました。

王妃は何もしていないのに、可哀相だけどそれが宮殿という場なのでしょう。

次回で出産するヤムジョンですけど、女の子だと予想ですね。
イ・ヒョンイクが、用意した男の子とすり替えるかと。
その方がドラマ的に面白くなりそう。

仁祖に近いキム内官がくせ者ですね。
最初、キム・ジャジョムと親しかったのに今は、仁祖に媚びを売ってる気がします。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。