スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

花たちの戦い 宮廷残酷史 12話あらすじ

王の寵愛を受けるため、何でもするヤムジョン。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

DVD



12話

チャン貴人らを招き、お菓子を勧めるヤムジョン。毒入りではない、と自らも食べる。

イ淑媛の部屋に行くチャン貴人、パク淑儀。
流産したあと、お菓子は消えていた。食べた私がバカだった、と嘆くイ淑媛。
「あの女の仕業よ」と呆れるパク淑儀。

男の子が生まれるお守りを、母オクに準備してもらうヤムジョン。

王妃が側室2人に毒殺を図るなどあり得ない、と言うシム・ギウォン。
家族の事だから、と口を出さないキム・リュたち。

領議政が王に会い、様子を見ようというが・・会わないと拒否する仁祖。

蛇の尻尾ではなく、頭を切る必要がある。世子が戻る前に、王を替えよう・・と提案するシム・ギウォン。
返事をしないキム・リュ。

父親と話す王妃。
私は王の寵愛を受けていない。王の愛を受けていない女は枯れた花・・待つと言う。

王妃の幽閉を仁祖に指摘する領議政。
幽閉ではない。疲れたので静養のため、別宮なのだと答える仁祖。

イ淑媛の流産は、毒のせいだと宮殿で噂になっている。
ヤムジョンの仕業・・と疑う仁祖。
それを知り、ヤムジョンに危険を知らせるキム尚宮。

ヤムジョンに、生き延びればキム・ジャジョムが助けてくれる、と言うキム尚宮。

イ淑媛に口止めするヤムジョン。
「私も毒入りお菓子を食べたのよ。だから、黙っていなさい。私が男を生んだら、あなたを引き立てる」

ヤムジョンに毒を差し出すイ・ヒョンイク。
数日かけて、毒がまわる薬であり解毒剤はない。1日1粒なのを一気に飲み干すヤムジョン。

「人はいつか死ぬ。肉体は滅び、魂だけになる。もしも、私が死ねばそれまでの運命・・生き伸びればもう少し、贅沢が出来る・・」と言うヤムジョン。
ヒョンイクの毒で倒れてしまう。

ヤムジョンが毒を盛られたと知り、驚く仁祖は駆けつける。

徹夜でヤムジョンを看病、意識を取り戻す姿に安堵する。
目覚め、仁祖に抱きつくヤムジョン。
「王さまがそばにいてくれるだけで・・幸せです」
娘の演技に笑いをこらえるオク。

侍女たちを拷問にかけ、事実を吐かせようとするキム内官。怯えて、鍼医が来ていたと教える侍女。

イ・ヒョンイクは捕まってしまう。

自作自演で、毒を飲んだヤムジョン・・と呆れるチャン貴人たち。
「王の寵愛を得られるのなら、私が飲むべきでした」と、言うイ淑媛。

「2度も毒を飲み、生き延びた・・あの女こそ、蛇の頭だ・・」と言うキム・リュ。
キム・ジャジョムより、先にあの女を始末しましょう、と言うシム・ギウォン。

王に意見するキム・リュは、後ろにいるヤムジョンに驚く。いつまで王妃を幽閉するのか、政事はどうするのかと。

「3人も息子がいるのになぜ、妖婦の子を得ようとするのですか・・」
「王妃が2人の側室に毒を盛った。若い王妃がそんな事をするか・・」と怒る仁祖。

ヤムジョンと話す仁祖。
「ヤムジョン、息子を生め。お前の息子を王位につけてやる」と言う仁祖。

王妃さまを宮殿に迎えてください。毒を使うなどあり得ない、と言うヤムジョン。
15歳の娘を王妃にしたのはキム・リュたち。大人になるのを待って、国政を牛耳るつもりだ、と怒る仁祖。

王妃が毒を使うとは思っていない仁祖。あの年で、側室に嫉妬するとは考えていない。


清に援軍を送ったはずのイム・ギョンオプが明に投降、内通した、とソヒョン世子は投獄される。

直訴するカン氏に言うドルゴン。
「世子を王位に就けるため、策を練った。待つのだ」
世子の潔白が証明される日を待て、と言うドルゴン。

イム・ギョンオプは明に亡命。清はその罪を世子に問うため投獄した。

出産間近のヤムジョン。
2度も宮殿で、毒を盛られた。信じられない、と御医を近づけないヤムジョン。
宮殿で生むのは嫌だ、と実家で出産する事に。

御医は信じられない、と追い出すオク。
娘が生まれたら、口を塞いでも声を聞かせるな、と言うイ・ヒョンイク。

ヤムジョンの出産と聞いて、息子と共に宮殿に戻る必要がある・・と言うキム・ジャジョム。

出産するヤムジョン。

続く・・

どっちでしょうね。
予告をみると、女の子を生んだヤムジョンのようです。イ・ヒョンイクが慌てて、準備した夫婦の元へ急いでました。

今後は、清にいるソヒョン世子と仁祖の関係を裂くヤムジョンだと思います。
そして、偽の息子を王位につける計画なのでしょう。
もちろん、ヤムジョンの後ろにはキム・ジャジョムがいます。

宮殿では、キム尚宮を味方につけているので、ヤムジョンとキム・ジャジョムのやりたい放題です。

やはり、ヤムジョンの愛するヒョクは生きていました。母親の変わり果てた姿に胸を痛めるヒョクですね。
ヤムジョンを恨んでるはずです。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。