スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

イ・ジョンソク 君の声が聞こえる 15話あらすじ

傷ついたドヨンを助けるへソンでしょうね。

キャスト
イ・ボヨン、イ・ジョンソク、ユン・サンヒョン、イ・ダヒ、チョン・ウンイン、キム・ヘスク

OST




15話

「ファン・ダルチュンが実父なの。父親と信じてる人が彼を刑務所に入れた」
へソンの言葉を理解出来ず、怒るドヨン。

ジュングクから、手紙が来て読むスハ。
10年前、心臓移植に成功した記事・・書いたのはパク・チュヒョク記者。

事務所にも、ジュングクからの手紙が届く。
心臓移植の古い記事・・と無視するへソンだが、妙だと考えるグァヌ。
刑事に、ジュングクからの手紙だと調べてもらう。

へソンと話すドヨン。
デソクが、判決後にした行為が間違っている。
裁判が終わってから来た被害者は、デソクに提案した。
「あなたの名前が汚れぬよう、隠れて生きるから、娘を養子にして欲しい・・」と言った被害者。
死んだと思っていた被害者ヨンジャ。

「左手殺人事件は世間に注目されていたし、判決を覆すことなど、容認出来なかった。」
だから、被害者の提案を受け入れたデソクなの、と説明するへソン。
受け入れられず、へソンを叩くドヨン。

止めに入るスハはドヨンの心を読む。
「父さん、違うといって・・」
信じていた人に裏切られ、傷ついたドヨンに自分を重ねたスハだった。

立ち去るドヨンを、追いかけようとするへソン。
「ショックが大きいはずだ。時間が必要だ」と止めるスハ。

家に帰り、スハと話すへソン。
「信じがたく父親を拒絶している・・父親を否定できるはずがない」と言うスハ。
「違うわ。冷静になっても父親をかばうはず。それならドヨンも同罪よ。黙ってるのは同調してると同じ・・」と言うへソン。
へソンの言葉に、自分が指摘されたと感じるスハ。

ジュングクが言ったすべての始まりは・・スハ父がジュングク妻を殺した・・それをへソンに黙っているスハ。

グァヌと会うスハ。
事務所にもジュングクからの手紙が来た。だが、へソンは気づいていない。
以後、隠してると言うグァヌ。

「見せつけてるんですか?大人で人柄もよく、親もいると・・彼女が選んだ俺を助けるなんて・・」
「卑屈になるな。彼女は僕には目もくれず、君を選んだ。だから、選ばれた理由を示してくれ」と、スハを殴るグァヌ。

DNA検査を受けるドヨンは事実を知る。

デソクに会うへソンは、26年前の事件を話す。
「誤審だとしたら、私のせいではない。検事と弁護士のせいだ」と言うデソク。

ドヨンがDNA検査を受けた。
その条件として、裁判で父を傷つけないで、とドヨンが言ったと教えるへソン。

検査はファン・ダルチュンのためではなく、父のために受けたドヨンだった。ドヨンと約束したので、召喚はしないと言うへソン。

心を読まれまいと、目を隠すへソンに言うスハ。
「どんな事を考えていても失望しない。だから、俺がどんな奴でも失望しないで」

病院
ウ・ソンシク教授を調べるグァヌはスハと出会う。11年前、事故で亡くなっていたウ教授。

ファン・ダルチュンの幽霊殺人未遂事件の裁判が始まる。

26年前、妻を殺害して死体を損壊、遺棄した罪で無期懲役となったファン・ダルチュン。
脳腫瘍を患い、釈放された途端、犯行に及んだ。

被害者は、死んだはずの妻ヨンジャだと言うダルチュン。

ソン・チェオクは、ヨンジャと同一人物・・と弁護するシン弁護士とへソン。

被告人を殺人未遂で起訴したと言うドヨンは、ダルチュンの顔を見ない。

26年前の判決は間違い!と、罪もなく服役したと言うシン弁護士。被告人は殺人の償いも済んでいると。

娘と被害者、ファン・ダルチュンはDNA検査の結果、親子だと言うへソン。
被告人と被害者が夫婦だと証明する。

被害者は26年前、死んでいる・・幽霊を刺した事だと言うシン弁護士。
幽霊を刺しても、殺人容疑になるのかと。

娘へ・・と、「検査を受けてくれてありがとう。幸せになってほしい・・」と、発言するダルチュン。

ダルチュンの言葉を聞いて、被告人への質問を途中でやめてしまうドヨン。

裁判前日、検察官としてダルチュンに会ったドヨン。
「父は26年前の裁判を謝罪しません。代わりに私があやまります」
ドヨンの言葉を聞いて、娘ガヒョンだと感じるダルチュン。

トイレで、泣き崩れるドヨンを見るへソン。
「へソン、助けて・・・私のお父さんを助けてあげて・・」

続く・・

育ての父とは別に、本当の父・・と突然、知ったドヨン。それでも、父と思い冷静ではいられませんでした。

ドヨンをロボットのようで、感情がないと思っていたへソン。でも、スハに教えられて、ドヨンの悲しみを知ったのでした。

いずれ、スハも自分の父のした事を、へソンに話す日が来るでしょう。
まだ、ジュングクの出した手紙の詳細はわかりません。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年05月05日 | 君の声が聞こえる

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。