スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

花たちの戦い 宮廷残酷史 13話あらすじ

愛する人を殺してでも権力が欲しいヤムジョン。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ


生まれたのは女の子、子供を捨てるよう命じるヤムジョン。

ヒョンイクは慌てて、待機させた夫婦を見に行くが・・生まれたのは女の子。次の家に行き、様子を見ると出産間近だった。

チャンに脅され、鍼で女を始末して、赤ん坊を取り出すヒョンイク。女の夫は殺害して、家を焼き払い、残った子供たちを売り飛ばすチャン。

女の腹から取り出した男の子を連れ、ヤムジョンに渡すヒョンイク。

仁祖に生まれたのは男の子・・と、嘘の報告するヤムジョン。

男の子を生んだ褒美として、ヤムジョンはキム昭媛から、昭容と引き上げられる。どうせなら、貴人にしてほしい・・と、ねだるヤムジョン。

清は世子を解放する条件として、王さまが来て謝罪する事を求めている・・と、噂するシム・ギウォンたち。
誰が清に行くか?と、もめる。

解放の条件に、王さまの謝罪を提案したのは嬪宮カン氏だった・・と驚くソヒョン世子。
勝手なマネをしたら、ここで自害すると言う。

「王さまが、イム・ギョンオプの投降を知らないはずがない・・」
王さまの指示と考えるカン氏。
王は世子を生け贄にした・・・と恨む。

ヤムジョンが生んだのは男か、女なのか・・調べさせるイ淑媛。赤ん坊をすり替えたと知り、生んだ子を捜すよう命じる。
仁祖に報告したいが、ヤムジョンが女の子を産んだ証拠はない。

ヤムジョンが生んだ子を、育てるようソルチュクに命じるキム・ジャジョム。
ヤムジョンは最近、生意気なので弱みである子供を生かすことにする。
女の子はいずれ、キーセンとなる運命だった。

お祝いに来たチョ・ギ(実の父)を追い返すヤムジョン。跪かせてやる!と言う。

キム・ジャジョムを、兵判に押したのはヤムジョンだった。

ヤムジョンが息子を生んだので、キム・ジャジョムの希望通り兵判に命じる仁祖。

「お前の望みは叶えてやった。もう1人、息子を生めば嬪にしてやる」と言う仁祖。

「お前が嬪になったら、父親のキム・ジャジョムを領議政にしてやろう」と笑う。
「嬪・・その上は?」と聞くヤムジョン。
「王妃が生きてるだろう」と、呆れる仁祖に笑うヤムジョン。
そこまでは望みませんと言う。

大妃なら別・・と言うヤムジョンに、「大妃になるのは、世子を生んだ嬪宮だ」と言う仁祖。

「息子を王にしてくれる約束をしました。王さまが今、頼れるのは私と父上だけ。
清は世子の王位継承を画策、民心も離れ、王さまの代わりに清に行く者などいない」と言うヤムジョン。

ヤムジョンに心を読まれ、呆れる仁祖。

キム・ジャジョムと話すヤムジョン。
王さまは、世子が清の後押しで王になるのを恐れている。
「煽って2人の仲を裂けばいい。それでこそ、私の息子が王になれる・・」と言うヤムジョン。

「私の息子を王にして、天下を掌握するのが、お父様の望みでしょう。」と笑うヤムジョン。

兵判として、清に行くキム・ジャジョム。手下のチャンに、命綱の赤子を守れ、と命じる。


キム・ジャジョムと引き替えに、世子を釈放するドルゴン。
朝鮮の王を呼び、謝罪させるべき、と言われる。

内医院に入ったイ・ヒョンイクに、何かを指示するヤムジョン。

キム・ジャジョムを、兵判に推したのはヤムジョン。
危険を覚悟で、清に王の代わりに行かせた。
清で投獄されたキム・ジャジョム。

「世の中をひっくり返してみせる。父親が子を捨て、子が父親を手にかけるのを見届けるの。」

「ヒョクが目の前で死んだ時、私も死んだ。失うものなどない」と言うヤムジョン。

王妃はもうすぐ19歳、キム・ジャジョムも3年後には戻る。その前に王妃の座を奪うと言うヤムジョン。

「そうすれば、キム・ジャジョムを繰れる。」
ヤムジョンは、キム・ジャジョムの繰り人形で終わりたくなかった。

続く・・

ヤムジョンの企みは大きいですね。
知らない夫婦の子を奪い、自分の息子として王に嘘をついてます。しかも、子供の両親を殺しています。
直接、殺したのはチャンとイ・ヒョンイクですけどね。

イ・ヒョンイクに命じたのは、王妃の食事に毒を入れる「フリ」かもしれません。

キム・ジャジョムの繰り人形であるヤムジョン。
今、清で投獄されているので、戻る前に自分の権力を固めておきたいのです。
その計画は、王妃の座を奪うことです。

ヒョクが生きてると知れば、喜び命を差し出すヤムジョンかも。
殺したことを後悔しています。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。