スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

花たちの戦い 宮廷残酷史 14話あらすじ

仁祖もヤムジョンに飽きたころ、初々しい王妃に夢中になると思います。

全50話ネタバレあらすじはここをクリックして下さい

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

DVD



14話

息子に喜ぶ仁祖。
「なぜ、王さまは怪しい女の言葉を信じ、王妃さまを疑うのですか?」と聞くキム・リュ。
早く王妃を迎えるべき、と言いだす。
宮殿で、女同士の争いを見たいのですか、と。

王妃の食事に、気を失う薬を入れたいヤムジョン。
しかし、幽閉中の王妃は、仁祖が挨拶にも来てくれないので落ち込み、絶食をしていた。

イ・ヒョンイクから、薬を手に入れるヤムジョン。
「今度の相手は王妃よ。イ淑媛と違って、失敗したら命はない。」
重臣が騒げば、王も私をかばえない・・と、母に言う。

王妃に接近するため、食事を作ると言いだすヤムジョン。
ヤムジョンの用意した食事に手を付けない王妃。
「私は2度も毒を盛られた。王妃さまが心配するのもわかります・・」
毒味をするヤムジョンだが、王妃は食べない。

王妃の母が来て、食事の世話をする事になり、ヤムジョンは立ち入れなくなってしまう。

仁祖に、王妃さまは泡を吹くあの病では・・と、さりげなく言うヤムジョン。てんかんでは?と、言うキム内官。

清の太宗が51歳で世を去る。
太宗のあとを継ぎ、順治帝が7歳で皇位に就く。太宗の異母弟であるドルゴンが、実質的な支配者となる。

清の太宗が亡くなったと知り、喜び祝い酒の仁祖。重臣たちは呆れてしまう。

太宗が死に、恩赦になったと知るキム・ジャジョム。

ドルゴンから、「朝鮮の王になったらどうする?」と聞かれ、
「親不孝ものはなれない」と、断るソヒョン世子。

酒浸りの日が続く仁祖。
「王さまの乱行を見過ごせない!」と、苛立つシム・ギウォン。
「先王を追放した時は、弟殺しと継母への不幸という名分があった。」と言うキム・リュ。
チョ・チャンウォン(王妃の父)と、キム・リュに先頭になってください、と言うシム・ギウォン。

王妃の幽閉を解いてください、と仁祖に嘆願する重臣たち。

内官に酒を飲ませ、ヤムジョンの事実を聞き出すシム・ギウォン。息子を生んだのは嘘・・と驚く。

宮殿の噂を喋った男を殺すキム内官。

ヤムジョンに、
「王さまが見捨てぬ限り、私がお守りします」と言うキム内官。
宮殿の事はすべて、ヤムジョンの心も含めて知っている。口を閉ざすのは王さまのため、と言う。
動揺して、何も言えないヤムジョン。

幽閉する名分もない、と王妃を宮殿に迎える仁祖。

夜、王妃の部屋に行こうとする仁祖だが、部屋の灯りが消えているので引き返す。

「私は側室とは違う。それなりの手順が必要よ」とつぶやく王妃。

手順通り知らせ、再び王妃の部屋に行く仁祖。
両班の娘だが、謀反に加担したと汚名を着せられたチャンニョル王妃の家族。
踊りを披露すると言いだす。

キーセンのようではしたない、と王妃を止めようとするキム尚宮。

王妃が踊っている・・と知り、様子を見に来るヤムジョン。

踊る王妃を気に入り、
「悪かった。2度と辛い思いをさせない。私が守ってやる」と、言う仁祖。
部屋の灯りが消えて、驚くヤムジョン。


父が亡くなり、葬儀にも出られない・・と、号泣するカン氏。

続く・・

清にいる嬪宮カン氏だから、父の葬儀に出席も出来ません。
すべては仁祖のせい・・と、恨みが強くなる嬪宮だと思います。

チャンニョル王妃と仁祖が結ばれ、嫉妬に燃えるヤムジョンですね。今後、激しいバトルになりそうな予感です。
王妃も成長したので、女同士の闘いがすごそう。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。