スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ソ・ジソク 愛してもいいんじゃない 9-10話あらすじ

主人公たちの恋愛が始まりそうです。

キャスト
ソ・ジソク、ホン・スヒョン、イ・サンヨプ、シン・ダウン、ハン・ゴウン、キム・スンス



スネの店に行くヨニ。
「私と離婚したら、復縁するの?前妻が相手なんて!」
本妻とヨリを戻すのは気分が悪い、と言うヨニ。あんな男、ヨリを戻す気はない、と言うスネ。

ユラと不倫していたユンチョルと知り、呼びだし殴るソンフン。
ユラと別れ、家庭に戻れと言うが、別れることは出来ないと言うユンチョル。

ユラと話すヒョンス。
「耐えていた母の事を思い出すと、怒りがこみあげてくる」
許す事は出来ないユラ。

「元の親子関係に戻れないのか・・」と、嘆くヒョンス。
「お前がやつを手放してやれ。悪い父親にするな」
ユンチョルと別れろ、と言うヒョンス。

就職試験に合格するジェミンは、ミジュに報告しようと電話する。だが、ジェミンからの電話を切るミジュ。

ユラを実家に連れ戻すことは出来ないと、自分の家に連れて来るユジン。そんなことをしても、ユンチョルとは別れない、と怒るユラ。

叔母ヒジャのいびきがうるさい。眠れないスジョンは、録音して聞かせる。

ダンスに通うホソプは、シャツに口紅を付けて、ヨニにバレてしまう。

多忙なスネを手伝うミジュ。
ビニールハウスに野菜を取りに行き、ハリムと再会する。

10話

ビニールハウスでミジュと再会したハリム。
迷惑をかけたくない、と言うミジュを店まで送る。

ウンジュが、両親のケンカを見て家出する。サウナで携帯と服を盗まれ、バイト先のハリムに連絡出来ない。

予約が入ってるのに、バイトのウンジュが来ない。困るハリムと知り、ウンジュの代わりに店を手伝うと言うミジュ。

夜の予約も、満席なハリムの店に来る男性。
プロポーズしたいから、協力して欲しいと頼む。だが、予約がいっぱいです、と断るハリム。

プロポーズと知り、時間調整をして予約を受け付けるミジュ。

勝手に予約を受け付けた・・と困惑するハリムに、プロポーズの協力をしましょう、と提案するミジュ。

恋人同士のプロポーズを見て、寂しくなるミジュ。

ウンジュが見つかり、店に向かうミジュを送るというハリム。
迷惑をかけられない・・と言うミジュに、「潔癖症ですか?人の世話にならないと?」と聞くハリム。
遠慮せず、車に乗って欲しいとミジュを送る。

無事、ウンジュが見つかり、安堵するミジュとハリム。
父さんに会いたくない、と家に帰るのを拒否するウンジュを家に連れ帰るミジュ。
ウンジュはスネの家に泊まる。

携帯を盗まれたウンジュに、新しい携帯をプレゼントするミジュ。

出社するジェミンに、恋人の事を聞くハギョン。
就職と引き替えに、彼女を失った・・と告白するジェミン。

ユジンの家に来るユンチョル妻。
「父親は元判事なのでしょう。奥さん、夫の友人と妹さんが不倫なんて!」と怒るユンチョル妻。
「父親は関係ないわ」と言い返すユラ。

ユンチョル妻と、2人だけで話すユラ。
「稼ぎがいいなら、仮面夫婦でも平気よ。私にバレないよう会いなさい。夫とは15年で愛も冷めた。子供のために離婚はしない。」と言うユンチョル妻。
ユンチョルが、離婚する気・・と知り驚くユラ。

続く・・

やっと、ミジュとハリムが動き出しましたね。
真面目なハリムが料理をするきっかけは、友人が作ってくれたトッポギでした。

料理が、癒やしにもなると感じたハリム。
友人の料理が原因で、母親との関係も悪くなったのです。

ソンフンは親が1人でいるのは良くないと、ヒョンスに女性を紹介してました。でも、再婚する気はないと言うヒョンス。
こちらは、総菜屋のスネと恋愛する流れなのでしょうね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年05月15日 | 愛してもいいんじゃない

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。