スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

花たちの戦い 宮廷残酷史 16話あらすじ

仁祖は嫁であるカン氏の動きに敏感です。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ


仁祖に宮殿の噂として、王妃は嬪宮を恐れている・・と告げるヤムジョン。

朝鮮に到着した世子、カン氏たちは都の前で足止めされてしまう。
夜、裏口から宮殿に入ることを許可される世子たち。

世子は女人が乗る籠を用意され、無礼だと怒るカン氏。
「夜道で、落馬するのを心配されたのだろう」
悪くとらえず、仁祖の思いを前向きに考える世子。

宮殿では、世子たちの到着を待っていた重臣たちだが、裏口から入ったと驚く。

王に対して、不満を口にするカン氏に言う世子。
「例え、そなたが言う事が正論であっても、私は父上を誰よりも愛してます」
父に従ってほしい、と言う世子。

子供の頃の世子を思い出す仁祖。
「嫁が世子をダメにした・・」

宮殿に入った世子たちと知り、何を言ってたか気になる仁祖。
世子は何も言わず、カン氏は「喪中の罪人だから、挨拶は出来ない」と遠慮した事を知る。

王妃に、仁祖とカン氏を和解させるのは王妃さまのお役目・・と言うヤムジョン。
しかし、口を挟むな・・と怒る仁祖だった。

王さまの怒りを買う・・と、心配する王妃の父チョ・チャンウォン。

考えがある・・と言う王妃は1人で、席藁待罪を始める。宮殿の前で、座り込む王妃。

それを知り、側室として一緒に泣いたフリで、席藁待罪として座り込むヤムジョン。

王妃とヤムジョンが座り込み・・と知るチャン貴人たち。
このままでは・・と、慌てて駆けつけ一緒に泣く。

女たちの泣き声に驚く仁祖。
放置すれば、薄情者とみられてしまうので和解することに。

世子、カン氏たちに言う仁祖。
「礼は王妃に言えば良い。席藁待罪をしたおかげで、嫁との和解がかなった」と笑う。

王が世子たちと和解、笑っている・・と焦るヤムジョン。

翌日
弔問の準備をしてるカン氏・・・と怒る仁祖。
霊前に拝礼するのは口実、宮殿の外に出て、取り巻きを集めるつもり・・と激怒する。

カン氏が弔問に行けば、重臣たちも行く。
清が王の交代・・と噂を知れば喜ぶ、と不安な仁祖。

仁祖の許可が出ないまま、実家に戻ると言いだすカン氏。
「父を供養したくて、異国から駆けつけたのになぜ、邪魔をする?」と、怒るカン氏。
「親子の縁を永遠に切るつもりか?」、と止める世子。

和解しても弔問は許さない、と笑うヤムジョン。
王妃が無視してると知り、会いに行く。

和解したのに弔問は許さない。
それでは道理に反する・・・ここは王妃が説得するべき・・と、アドバイスるするヤムジョン。

ヤムジョンの本音は、王妃を追い出したい。
王妃をけしかけ、仁祖が怒り、王妃を追い出す・・と、計画を立てている。

ヤムジョンの考えは読めている王妃だが、役目として放っておくわけにはいかない。

帰国したカン氏なのに、実家に戻ってこない。
カン氏を迎えに宮殿に行く兄弟たち。
しかし、仁祖の許可は出ないので、帰ることが出来ないカン氏。

カン氏の兄弟が、宮殿の外でもめている・・と知る仁祖。
大げさに、門を壊しそうだった・・と言うキム・ジャジョム。
「重臣たちは嬪宮に通じてます」と言う。

カン氏は弔問を許されず、東宮殿に軟禁されてしまう。

王に直訴する、と言う王妃を止める父親。
これ以上、口をはさめば王が怒ると。

王妃が王に会いに行ったと知り、「王さまの雷が落ちるのを見に行く・・」と喜ぶヤムジョン。

嬪宮カン氏と、世子に言う王妃。
「もつれた糸を無理矢理、引けば切れる。不満があっても、今は耐えるのです。」
嬪宮の力では糸をほどけない、と言う王妃。

清の風習に染まったのは良くない事。
世子も、不満を言う前に、子を人質に出した父親の苦しみを理解すべき、と言う王妃。

弔問にこだわった事を反省するカン氏。年若い王妃でも、賢いと言う世子。

「王妃さまはお見通しでした。私が弔問にこだわったのは、父のためではありません。世子さまの地位を守りにきたのです」と言うカン氏。

続く・・

OSTも良いですよね。切なく壊れそうな感じの曲がステキです。

王妃は賢いので、ヤムジョンの陰謀通りにはいきません。それが歯がゆいヤムジョンですね。

ヤムジョンの嘘で益々、カン氏を疑る仁祖です。

カン氏は世子に王位を継いでもらいたい。堅苦しい仁祖の存在も邪魔、父の弔問まで許可してくれない。

夫の世子を1番に考えてるので、仁祖が邪魔に思えるのは仕方ないでしょうね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。