スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

クォン・サンウ メディカル・トップチーム 5-6話あらすじ

娘のようなバウィを助けたいテシンの心・・

キャスト
クォン・サンウ、チュ・ジフン、チョン・リョウォン、ミンホ、オ・ヨンソ、パク・ウォンサン

OST 2CD+グッズ



セヒョン後継者のポムジュンの容態が悪化。心停止となるが、心臓マッサージで持ち直す。

意識の戻らないポムジュンのため、治療方針を話し合うトップチーム。

テシンの意見と、チームの意見が食い違う。

ポムジュンの意識が戻らず、手術したテシンを責めるシン副院長。外部から来た医師のせいだと言いだす。

イ会長に、怒鳴られるスンジェ。
ポムジュン危篤で投資の件は拒否され、セヒョンとの取り引きも危ない。
苛立つイ会長に、自分は正しいと言うスンジェ。

ポムジュンを救うため、独断で抗生物質を投与するテシン。だが、反対意見のスンジェに見つかる。
その後、意識を取り戻すポムジュン。

シン副院長にバウィの生体肺移植を成功させれば、トップチームも有名になる。
挑戦したい、と言うヨンソプ。
けれど、失敗を恐れ、反対するシン副院長。

ポムジュンの容態が安定、テシンに感謝を告げるシン副院長。態度が急変したシン副院長に戸惑うテシン。

娘同然のバウィの容態が悪化。脳死ドナーを待つ余裕はない。
生体肺移植が必要と言うテシンに、反対するスンジェ。

バウィを助けたいテシンは、シン副院長に手術の許可を求める。

テシンにバウィを転院させる・・と提案するスンジェ。

6話

チームで、バウィは脳死患者のドナーを待つ事に。だが、待てない・・と、生体肺移植を希望するテシン。

テシンがシン副院長に手術の直談判したと知り、不愉快になるスンジェ。

テシンとスンジェが、生体肺移植の件で言い争っている。
トップチームばかり、目立たせないで今回は、胸部外科に任せて欲しい・・と、シン副院長に言うヨンソプ。

スンジェに、経験はないけれど、生体肺移植をしようと言うジュヨン。
失敗すれば、親のいない子で試した・・と言われる事を心配するスンジェ。
国内最初の手術をしたい・・と言うジュヨン。

テシンに、生体肺移植の手術をしましょう、と言うシン副院長。
条件として、執刀は胸部外科だと言う。

トップチームに、バウィの手術をしようと告げるスンジェ。
執刀医はテシンとジュヨン。

バウィの母親に会いに行くテシン。
あの子を捨てたようなもの・・会わせる顔はないと言う母親。すでに再婚していた。

シン副院長が手術を許可してくれた・・と言うテシンに驚くスンジェたち。
チャン科長と俺でやります・・と言うテシン。

トップチームの意見を知るテシン。
胸部外科の代表ヨンソプと、トップチームの代表としてジュヨンを推薦する。

シン副院長に言うスンジェ。
「我々を後押ししてくれるはず・・」と言う。
「あなたに協力した見返りを受け取るのは難しい・・」スンジェのやり方は、独りよがりだと言うシン副院長。

手術は許可されたが、ドナーの病気が発覚。

母親に会いに行き、事情を説明するテシン。

母親が病院に来て、バウィと再会する。

ドナーはファン院長とバウィ母親・・手術が始まる。

続く・・

国内初の手術をやりたい・・と言う医師たちが楽しそうで驚きました。
チャレンジ精神も大事だけど、何事も最初があるのは当然だけど・・

困難な手術をやりたい、と言葉に「助けたい」と、思いはあるのかと考えてしまいました。
外科医ってこういう物なのでしょうね。

テシンはいつも、患者を思ってるのが伝わりますけどね。
ヨンソプとジュヨンがねえ。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。