スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

イ・ミンホ 相続者たち 11話あらすじ

学校の人気者タンとヨンドに守られるウンサン。

キャスト
イ・ミンホ、パク・シネ、カン・ミンヒョク、キム・ウビン、チェ・ジニョク、カン・ハヌル、パク・ヒョンシク

OST



キャンプ場
ウンサンとヨンド、タンも来る。

2人を見て、邪魔をしに来た、と言うタン。
「ウンサンに伝えてくれ。俺が好きだと・・俺が言っても信じない。」と言うヨンド。

テントに戻るウンサンは偶然、悪口を聞いてしまう。
ウンサンはタンと付き合ってたはず・・今度はヨンド?八方美人なのよ、と言う生徒たち。
復讐・・と仕返しに、生徒の靴をバケツに入れるヨンド。

ウンサンに「何故、あの家にいる?」と聞くヨンド。
答えられないウンサンに
「これだけは答えろ。本当にタンが好きか?」
「ええ・・」と言うウンサン。

誰かが靴をバケツに入れ、母親に事情を電話する生徒。

ラヘル母はクラブで偶然、生徒の母親・・パク・マダムを見てしまう。

ヨンド父が、クラブにいるのを追求するラヘル母。再婚の記事が出ると知り、ヨンド父を怒る。

タンに言うラヘル。
「私たちは大勢の前で、婚約したのよ。ウンサンを好きになってもどうしようもない・・」
「わかってる。だからもどかしい・・」と言うタン。

キャンプ場
タンに誘われ、キャンピングカーが止まる場所に来るウンサン。
「もう1日だけ・・真夏の夜に・・」
タンの肩にもたれて眠るウンサン。

翌朝
タンと手をつないで歩くウンサン。
「近そうに見えて、行くと遠いの。でも、手をつないでいると、近いと錯覚しそう。もう夢から覚めたわ。これが現実よ。ごめん・・」
タンの手を離すウンサン。
ウンサンの手を握り、「どれだけ近ければ信じる・・・決めつけるな」と言うタン。

周囲は、タンとラヘルが泊まったと思っている。何もいえず、動揺するウンサン。

ボナに、タンと一緒に泊まった・・と言うヒョシン。
ラヘルは1人で泊まったのね・・と理解するボナ。
「部屋に入れてもらえず、廊下で過ごした・・」と嘘をつくタン。

プールサイドでウンサンをからかい、手を離すヨンド。プールに落ちたウンサンに驚くタンたち。

「こんな事をするのがあなたの気持ち?」
「今のは今後、タンがお前にすることだ。捕まえようとして結局、手を放す・・だから、その前にお前から離れろ・・」と言うヨンド。
分かっている・・と言い返すウンサン。

そこへタンが来て、ヨンドをプールに蹴り落とす。
「婚約を破棄できるのか?」
タンの胸ぐらをつかむヨンド。
先輩として2人を止めるヒョシン。

ヒョシン家
面接を受けず、外泊したヒョシンを怒る母。
今まで、法学部を受けたくないことを、1度も聞いてくれなかった、と言うヒョシン。
受験が終わってから・・と、話も聞かない母。

ギエを怒る理事長。
人をつけて、写真を撮らせたと言う理事長。
「早く離婚して・・」と言うギエ。
「自分の立場がわかってないのね・・」と呆れる理事長。

ヒナムが、ギエとの会話に使用したノートがある。これを見られたら、理事長の悪口がバレてしまう。
ギエに要求され、ノートを売るヒナム。

学校
ヨンド父、ラヘル母の結婚を知る生徒たち。
RSとゼウスの合併・・ニュースになり、苛立つラヘル。

母の事が話題になってしまい、悲しむラヘルを慰めるタン。

父親の再婚が記事になり、ヨンドを気遣うウンサン。

放送室から、ウンサンに声をかけるタン。
ラヘルと自分は友だち、と説明する。
二つ目・・と、プールに落ちた時に引き上げなかった事を後悔してる・・と。
ヨンドと何を話したのか・・やつを期待させるな、と言うタン。

ウォンに忠告する理事長。
もうすぐタン18歳の誕生日。父親が借名で管理してた株を実名に変更している。
タンへのプレゼントであり、それでタンの持ち分があなたと同等、もしくは上回ると言う。

ユン室長を呼び、調査を命じるウォン・・
だが、借名株の1番の保有者が、ユン室長だと言う理事長。
激しく動揺するウォン。


ウンサンに「ヨンドと何を話したのか・・」と、聞くタン。
そこへギエが来てしまう。
「自分の家だと思ったの?恋愛なんて・・」と、ウンサンを怒るギエ。
「俺が好きになって困ってる」と説明するタン。

「社長の座を譲るの?あんな子と恋愛を?」と怒るギエ。
「俺が好きだ。だから、責めないで。」
社長は兄さんの席、俺に母さんの欲しいものを求めないで、と言うタン。
ウンサンを思ってるから、応援してよ、と。

怒るギエはメイドルームに行き、ヒナムを責める。
「娘にどんな教育をしたの?」
ウンサンに出て行って、と叫ぶギエ。
慌ててヒナムに頭を下げ、謝罪するタンはギエを連れ出す。

「私が彼を好きになったせいよ・・ごめんなさい・・」と、母ヒナムに謝るウンサン。
家を出ましょう、と言うヒナム。

友だちの家に泊まる、と言うウンサンを追うタン。

ボナに頼み、泊めてもらうウンサンは、母ヒナムがお手伝いだと事実を話す。
部屋代として、チャニョン昔の写真を要求するボナ。

翌朝
ヨンドとコンビニで再会するウンサン。
2人で歩いていると、タンが向こうから来る。

タンを避けてるのなら、協力する・・とウンサンの肩を抱くヨンド。

タンに、「これ以上、無理・・ごめん・・」と言うウンサン。
「悪かった・・」と、手を差し出すタン。
「手を取るな」と言うヨンド。

続く・・

ヨンドも良い奴・・って感じです。
コンビニで、食事するヨンドは寂しいのでしょう。そんな彼を知ったウンサン。

ギエにタンとの事がバレてしまい、反対されるウンサンです。今後、あの家にはいられないと思います。

タンは社長の座はウォンのもの、と割り切っているけれど。母親のギエとしては、タンに社長になって欲しいのです。
それにはウンサンが邪魔でしょうね。

ヨンド父がいたクラブ、生徒の母親がいました。もしかすると、ウンサンのように特別入学の生徒なのかも。

ボナが意外に良い子なので良かったわ。
チャニョンの親友とはいえ、ウンサンの味方になってくれそうですね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年06月06日 | 相続者たち

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。