スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チョン・テス 花たちの戦い 宮廷残酷史 23話あらすじ

監禁されたヤムジョンは戦いを決意です。これで女の戦いが一気に始まるでしょう。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

DVD



屋敷
ヒョクに襲われるキム・ジャジョムだが、護衛に助けられる。

負傷したヒョクはイ・ヒョンイクに会いに行き、助けてもらう。生きて戻ったヒョクに驚くヒョンイク。

ヤムジョンを戒める・・と、礼宮に監禁させる王妃。
騒ぐヤムジョンを、3ヶ月は監禁するつもり。
早くイ淑媛に告白させたい、事実を知りたい王妃だった。

監禁され、官位も奪われ決意するヤムジョン。
「私が死ぬか・・・あんたが死ぬか・・戦ってやる」とつぶやく。

ヤムジョンが礼宮に監禁された・・と知る仁祖は助けようとする。けれど、しきたりで王さまでも、内命婦の問題に手出しは出来ない。
王妃を廃妃しないと、不可能と言うキム内官。
「王妃を廃すればいい!」と、怒る仁祖。

王妃の部屋に行くキム尚宮。
罪を暴露しようとすれば、王妃が嫉妬したと疑われる・・と、言うキム尚宮。
ヤムジョンの解放を求める。
「王室が平穏でこそ、父子の情が深まる」と、拒否する王妃。
ヤムジョンの罪を明らかにすると言う。

ヤムジョンに、今は耐える時・・と諭すキム・ジャジョム。

仁祖にポンニム大君を帰国させるべき、と提案するキム・ジャジョム。
ポンニム大君は、王の恨みを晴らすまで、笑顔を封印する、と言ってた事を教える。ソヒョン世子は、すぐに清の風習を受け入れたと。
ポンニム大君の思いに感激する仁祖。

ポンニム大君が帰国と知り、立場をハッキリさせるべき、とソヒョン世子に言う嬪宮カン氏。
だが、愛する弟なのだ、と言うソヒョン世子。

「ポンニム大君は、正室と一男七女をもうけた。最初の子は亡くなり、帰国する年にスクチョン王女を得た」

兄弟、叔父たちを集めて話し合う嬪宮カン氏。
ソヒョン世子が、代理聴政となった今、権力を固めようと話し合う。
新しい国作りに意欲的なカン氏の様子を知り、不安なソヒョン世子。

水も食事も禁止されていたが、キム内官の許可が出る。
女官に頼み、毒を用意してもらうヤムジョン。すぐに解毒剤を飲ませないと、危険な薬だった。

ヤムジョンを監禁した王妃に呆れる仁祖。
「嫉妬するくらいなら、息子を産め!」と怒鳴る。

仁祖の言葉に傷つく王妃は、父に事実を打ち明ける。
王さまは、胸に抱いて眠ってくれても私には指1本、触れていない。
「王さまは私を・・女にしてくださらないのです・・」
懐妊を避ける薬を見せるチャンニョル王妃。

「王さまは夜中に欲望を覚えると、私を置いてキム昭容の殿閣へ行かれました・・」

子供など無意味、たとえ産んでも世子の取り巻きが、私の息子を狙うでしょう。
「私は世子と嬪宮に自分の余生を託しました。」
娘の苦悩を知り、泣き出す父。
必ず、家門を再興すると言う王妃だった。

「そのためには権力を手にして・・キム昭容を除かないと。これは戦争なのです。生き残りを賭けた女の戦いなのです・・」
ヤムジョンへの決意を固める王妃。

ヤムジョンに殺されるかも知れない・・・不安を感じて、事実を告白する気になるイ淑媛。

ささいな上奏文が多く、呆れてしまう世子。
下の者が責任を回避、上に判断を任せていると考える。それでは責任を問えぬ・・と、仁祖と意見が食い違う。
お前に任せている、と言われるが気遣うソヒョン世子。

王妃に会いに行くソヒョン世子。
古い時代が幕を閉じ、新しい世が来る・・と、世子の王位を待っていた。
仁祖は、王妃がヤムジョンを監禁したため、怒っている。
王妃にヤムジョン解放を求めたい世子。
だが、キム昭容は罪人・・と拒否する王妃。

嬪宮カン氏は新しい国作りに急ぐが、仁祖への孝心で苦悩するソヒョン世子。

カン氏に、「これ以上、父上を苦しめるな」と言う世子。
「世子さまが望まなくても、王さまとの戦いは始まったのです・・」
王さまが政事を任せたのは、清の圧力に負けて、譲位にみせかけただけ。
カン氏の言葉に驚く世子。

「王さまに勝たなければ、世子さまは負けたことになり、それは死を意味するのです・・」
嬪宮カン氏の言葉を思い出すソヒョン世子。

続く・・

世子さまは、人が良くて優しい。
気の弱さも感じるので気の毒だわ。嬪宮カン氏が男だったらいいのにね。

王妃と仁祖は結ばれていなかったとは・・驚きました。
でも、それならなぜ、懐妊を避ける薬を?周囲への目があるからかしら。

ヤムジョンは毒を利用して、礼宮から出るつもりでしょう。
かなり、危険な毒のようで失敗しそうですね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。