スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ソ・ジソク 愛してもいいんじゃない 21-22話あらすじ

不倫を許せるのか、それとも夫の言葉を信じるのか。苦悩するユジン。

キャスト
ソ・ジソク、ホン・スヒョン、イ・サンヨプ、シン・ダウン、ハン・ゴウン、キム・スンス



幼なじみのミニョンを、ホテルに送ったソンフン。ミニョンが認めた事で、不倫の記事が出てしまう。

家に戻り、ユジンに誤解だと言うソンフン。
「あなたも父さんも、ユンチョルさんも同類よ。浮気だけは絶対、許せない。母さんのように苦しみたくない」
激怒するユジンだった。

ヒョンスに事情を聞かれ、誤解だと答えるソンフン。

実家に戻り、号泣してるユジンを不憫に思うヒョンス。
ソンフンを信じられないのは、自分のせいと責める。
怒り、母さんは父さんに苦しめられた、同じ人生は嫌だと言うユジン。

記者に会い、ミニョンが認めた事を知るソンフンは潔白を証明すると言う。

ホソプに離婚を要求するヨニ。離婚を避けようと、仮病を使うホソプ。

発注した服のボタンが違う事に気がつくジェミン。
チーム長に報告する、と言うが下請けの社長は、
「よくある事、似てるボタンを付けた」と言いだす。
悩んで、同じボタンを発注するジェミン。

ジェミンの対応を知り、感激するヘシン。
ハギョンの恋人として、仕事の対応をテストした事を説明する。
娘の恋人として、気に入るヘシンは食事に招待する。

ハリムに事実を告げるミジュ。
「妹さんの恋人は・・私の元彼氏なの・・」
気になっていた、と言うハリム。
「このまま付き合うことは、あなたを侮辱する事になるわ。別れましょう」と言うミジュ。
あなたを好き・・と、言うミジュを抱きしめるハリム。

妻のユジンが誤解している。
父のトラウマがあるとしても、自分を信じてくれない事にショックを受けるソンフン。

夫を信じず、母のように生きたくない・・と嘆くユジンに声をかけられないヒョンス。

ジェミンに会うミジュ。
「彼と別れたくない」

22話

ユジンを説得しようとするユラだが、話も聞かない姉。
「一緒に行って、本当か確認しましょう」と言うユラ。
「人様の家庭を壊しておいて・・」と、皮肉を言うユジン。
愛など信じない、と怒る。いい姉を演じたのは間違いだったと。
ユラを罵倒するユジン。

ヒョンスに、今まで姉さんは我慢しすぎたと言うユラ。

ジェミンと会うミジュ。
「チーム長とはつきあっていない。恋人のふりをしてただけ。気にするな」とミジュに言うジェミン。
2人を見て、悔しかったと。
「遠慮して、別れたんじゃないよね?」
お前とわかれた実感がわいてきた、と言うジェミンに感謝するミジュ。
安心した、と言うジェミンと握手する。

苛立ちで、過食する姉ユジンを見守るユラ。

ビョンジュに会うスネは、これが最後・・と部屋の保証金を出す。

帰宅したジェミンに怒るユジン。
「あんたが母さんを苦しめた。母さんの愛も奪った。母さんは、お父さんと離婚するべきだった。」
母さんは苦しみながら、あんたを育てた、と言うユジン。
ユジンの言葉にショックを受けるジェミン。

ジェミンに事情を説明するユラ。
「姉さんは義兄さんが、父さんと同じことをしたのを許せないの。」
「俺は生まれなければ良かった・・」
自暴自棄になるジェミン。

ミジュさんはいずれ嫁ぐと、スネと同居すると言い張るジヨン。

ソンフンに会い、義兄さんを信じてる。解決して欲しいと言うジェミン。

ソンフンと電話で話すユジン。
「ホテルまで送ったのは悪かった。一緒にいたけど何もない」と言うソンフン。
呆れて、信じられないと怒るユジン。

ヒョンスと話すユラ。
寂しさから、女性と交際したが反省して別れた。
妊娠してた女性は、ヒョンスの返事を待ちきれず、ユジン母に生んだジェミンを送った。

「ジェミン実母が会いにこなければ、私たちは知らなかった。実母が憎い・・」と言うユラ。
2人の会話を聞いてしまうジェミン。

「いい息子を持てた・・」
ユジン母の言葉を聞いて、涙を流すジェミン。母さんは、ジェミンを心から愛したと言うユラ。

苦悩するヒョンスは、スネに過去とユジンの事を相談する。
「娘さんは、本音を打ち明けられる人が必要です」
料理すると言うスネを、家政婦として連れ帰るヒョンス。

キッチンで、料理するスネに驚くユジン。
「出て行って!!!」

続く・・

ソンフンが父のように浮気をした、と激怒するユジン。
母親が、浮気した父とジェミンの存在で苦しんでいたのを見てたのです。だから、余計に許せない気持ちなのでしょうね。
そして、不倫したユラに慰めて欲しくないと。

複雑な事情を知り、ヒョンスの力になりたいスネ。
でも、ユジンは苛立っています。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2014年06月26日 | 愛してもいいんじゃない

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。