チャンファ、ホンリョン 73、74話あらすじ

最後まで引っぱりと突っ込みが多いドラマです。子供は無事に生まれ、母性に目覚めたようです。でも、まさか・・あそこでまた捨てる!と、展開にはびっくりーー。ゴンミたちも幸せなラストでしょう。
残りは最終回の1話だけです。

全75話 BS朝日
出演 キム・セア、ユン・ヘヨン、チャン・ヒョンソン、チェ・ジェウォン


73、74話

母・コンジュの真意に反して、「チャンファに酷い事をいってしまった。真意を伝えるべきか・・」と、テユンは彼女の実家へ。
置き手紙を残し、消えたチャンファはお墓で死ぬつもり。
「死んでも許されないのだろうか・・」と。

これはテユンがとめるに決まってるわ♪

あれーー?ここもカットなのね(@_@;)

いきなり・・病院だわ。つまり、お墓から病院に運ばれたチャンファ・・ってこと。
命に別状もなく、子供も大丈夫と知る両親、テユン。

「死なせてください。」と、チャンファに
「君を許さない。」と、コンジュの手紙を見せるテユン。

「母がなぜ、君を許したのか僕には理解出来ない。だが、母は死ぬ間際に君を許した。君を許した母を侮辱することになる。母のために生きてくれ。そしてその子にも、命がある。生かしてやれ。」と、テユン。

自分の力で生きたいと、前向きな手紙を残し、また消えてしまうチャンファ。

チャンファは自殺未遂・・これを助けたのがカン社長と知るホンリョンは、海外研修へ行くというが、スチャンの気持ちには応えられないという。

ギルランを拉致、ピルトゥのアジトに連れて行くソクトゥは、人間の心が戻ったみたいね。水を与えてギルランから
「ありがとう」と、いわれて感激、逃がす。

ギルランも、ソクトゥに捕まったことは母には言わないと約束する。
「ありがとう」と、ソクトゥは手紙を残し、逃げるもよう。

ウンナムは、アルコール依存の女社長に殴られても、謝罪を続け・・怒るゴンミが警察を呼ぶ。

スチャンと、ホンリョンが海外へ勉強に行くと知るテユン。

3ヶ月後・・

テユンは会社を経営専門に任せ、自分は家に引きもこり、生きる意欲をなくしていた。

ホンリョンは、オムライスの店を成功させ、8号店まで増やして大成功。
だけど、テユンのことが気になって仕方ない。

チャンファはへんぴな街で住み込みの働き、皿を割って怒られてばかり。
あやまるチャンファは普通の人だわね。

チャンファの働いてる店のおばさんが、知り合いの助産婦を紹介してくれる。
8ヶ月で難産になるとおばさん。

ウンナムは、女社長と離婚。アルコール依存を治療する女社長は、ウンナムに感謝する。

ヒョクはホンリョンに、チャンファを高校の時から見ていて、本気で愛してたという。

チャンファは早産で生まれそう・・でも、家族も呼ばない。病院もいやだという。
唯一、心残りのホンリョンに電話
「あなたに謝りたかった。義母の時のように後悔したくない。悪かったわ。このまま死んだらあなたに謝れない・・」と、意識を失う。(大量出血)

慌てるホンリョンは電話をかけ直し、彼女のいる場所へ行って驚く。

ここは展開が早くて、ホンリョンは再会して早産なので驚きます。
こんな最後にまた、引っぱる展開ですね^^;

あーーーー!あ、あり得ないわ( ̄ェ ̄;)

チャンファは自分の生んだ赤ちゃんを
「育てられない。捨ててと頼んだ。自信がない。捨てた・・私が死ねば良かった・・」と、激しく動揺、また、病気が再発したような顔だわ。

「不安なのはわかるわ。でも、赤ん坊を捨てたりしたらダメよ、どこにいるの?赤ん坊を捨てるなんて許さない。義母と同じ事をしたらダメよ・・」と、慌てるホンリョン。

同じ事をするって・・どゆうこと?
すごいわ・・このドラマ、最後にまた、脅かしてくれるわ^^;^^;^^;

ホンリョンが助産婦に聞くと、勝手と怒るおばさん。

「生きられるかわからない。こんなに早く生まれると、助かる望みがない。」と、助産婦の言葉を思い出すチャンファ。

母乳が出て驚くチャンファはやっと、「私の赤ちゃん。どこにいるの?母乳を飲ませないと・・」と、助産婦に泣いて頼み、
「返してください。ごめんなさい。」と。

「育てられないと、頼まれたから、捨てたのよ。うちで死なれたら困るから、病院に届けた。両親はいないといった。」と、言葉に病院にいくホンリョンたち。

病院で
「この子は置き去りにされました。」と、聞くホンリョンは医師に頼むが「規則です。警察と保護施設に相談してください。」と、言われてしまう。

1度、捨てられたので、規則で母親に返せないと病院。
ホンリョンは、苦しい中、難産だったので精神的に不安定だったと母親のことをいうけど・・

チェ秘書へ、チャンファが早産したことを報告するホンリョン。

子供を取り返すため、テユンに相談・・結局、テユンが母子の身元を保証するために来る。

ジョンヘは養子縁組の書類が通過、子供を引き取れると喜ぶ。

ゴンミ、ウンナムはやり直すため、家族のルールを作る。

ホンリョンと再会するテユンは、海外研修に行くと彼女から、「高校の時、片思いしてました。」と、告白される。

「あきらめなかったから、今の成功がある。苦しいのはほんの一瞬です。努力を重ねる姿は美しい。」と、高校の時、ウイルスを研究してたテユンをいう。
今も研究しているウイルス。

保育器の中、子供が危険な状態となる。
チャンファは
「私の赤ちゃんを助けて・・」と、頼む。

子供を捨てた母なので権利がないと、医師は保証人のテユンの判断を聞く。
「手術をしてください。」と、テユン。

助産婦のおばさんは、早産だったので子供の体にメスをいれず、そのまま逝かせてやりなさいって。

「かなわぬ運命と・・私はカン社長とのことを言われたわ。わたしは諦めたけど、この子は大丈夫かも・・・」と、ホンリョン。

手術の同意書に悩むテユンに
「子供の生きる力を信じましょう。」と、ホンリョンに同意する。

チャンファの子供だもん、弱くないわ。強い運命の子だと思う。

出血がとまらないチャンファは安静が必要、だけど
「私の赤ちゃん・・会いたい・・」と、病院に来る。

「神様、ごめんなさい。許して下さい。私が間違ってました。」と、泣いて謝る。

「私の赤ちゃん。ごめんね・・」と、チャンファを見るホンリョンは安堵で涙・・

ここは私も涙・・でした(/_;)
やっと、チャンファも母性から、生きることを強く感じて、大切なものがわかったのでしょうね。
そして、心からのチャンファの変化を喜ぶホンリョンです。

「かなわない運命も強く望めば、開けますか?」と、テユン。
「わかりません・・・」と、ホンリョン。

「運命に屈した敗北感が忘れられません。でもこうやって会うと、あなたへの想いがくすぶっている・・断ち切れない想いをどうすればいいの?」と、ホンリョン。

「僕は君をあきらめ、君は僕を忘れて自分の道を歩き出した・・今さら、こんな気持ちになるなんて・・」と、テユン。

続く・・・

あらら。ここで終わった74話でした。残り1話なのに来週の月曜日ですね。
でも、最後はチャンファが赤ちゃんと一緒だったのをみました。それを遠くから見守るヒョク。
そして・・もちろん!ホンリョンでしょうね。
最後まで視聴もファイティン^^♪


↓応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌