スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

クォン・サンウ メディカル・トップチーム 11-12話あらすじ

トップチームを守るため、理不尽な要求に応じるスンジェ。

キャスト
クォン・サンウ、チュ・ジフン、チョン・リョウォン、ミンホ、オ・ヨンソ、パク・ウォンサン

OST



イ会長の指示で、クァンへ大学病院に来た経営理事はキム・テヒョンだった。
驚くスンジェ、テシンたち。

呼吸困難のホ・ドンミンの手術をするジュヨン。だが、本人は手術を希望していなかったと知るテシン。
執刀したジュヨンの行動を不思議に感じる。

ホ・ドンミンは市民活動家であり、市の世論を引っ張っている人物と知るスンジェ。
ロイヤルセンターへの支持を得るため、彼を計画的に助けたと考える。

シン副院長との関係を噂されるジュヨンは、副院長に頼まれ、ホ・ドンミンの手術したと認める。

突然、倒れるアジン。

人員整理をすると言いだすテヒョン。手始めはトップチームだと言う。

12話

倒れたアジンは結石、血尿で泌尿器科の治療を受けることに。

病院の財政は最悪、今後は利益の出る手術と治療をするようにと、スンジェたちに指示するテヒョン。
トップチームの解散もあり得ると言う。

第二病院はロイヤルセンターとなり、セレブたち専門病院となる。
優秀なジュヨンを参加させたいシン副院長。
シン副院長の甘い言葉に揺れるジュヨンは、実力を認めてくれるのが嬉しい。

テヒョンの意見に反対するスンジェだが、考えを変えて、トップチームに命じる。
「利益の出る手術と治療を」と。

スンジェの考えに賛成出来ないテシン。
従わないのなら・・と、トップチームから除名、夜間診療チームへの移動を命じるスンジェ。

病院に来て、テシンに食事を届ける母親だが・・実は夫に治療を受けさせたいからだった。
予約を取ってあげるテシン。
「もう、こんな事はやめて欲しい。母さんのフリをするのは・・」
夫がマンベと知り合いだった、と泣いて謝るおばさん。

母親を名乗る女性は偽物だった。
わざと、騙されたふりをしていたテシン。
嘘がバレ、謝罪して「あなたを思う気持ちは本物だった」と言うおばさん。

チョン・マンベを呼びだし、「あんたは最低だ。2度と俺の前に現れるな・・」と言うテシン。

続く・・

テシンは偽物と知りつつ、騙されたふりをしてたんですね。
母親に会いたい気持ちを利用、騙した園長のマンベを許せないテシンなのでしょう。

ジュヨンは野心バリバリな感じ、シン副院長の言いなりですね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。