スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

キム・ヒョンジュ 花たちの戦い 宮廷残酷史 31話あらすじ

世子選び、仁祖の葛藤と女たちの激しいバトルが面白いです。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

DVD




31話

ポンニム大君の世子冊立を宣言する王。
体にでき物が出来ていつ、死んでもおかしくない。早く世子を決めたいと言う。

だが、重臣たちは世孫を・・と反対する。
長子継承は原則ではない、と言うキム・ジャジョム。

「世子が亡くなったばかりで、幼い世孫を見捨てるなんて。だから、重臣が反対するのです。」
王の世子への思いを揺さぶるヤムジョン。
王を説得、世孫を世子に・・と言う。

王妃の考えは嬪宮に邪魔されず、自分の立場を守りたい。王の寿命は短い。世孫が成人するまで持たない。
世孫が王になれば、嬪宮が垂簾聴政を始める。

「女人が政事に口を出せば、国が乱れます」
何としても、ポンニム大君を世子に・・と言う王妃。

キム尚宮と話すヤムジョン。
「世孫は世子冊立を受けられない。でも、清が反対するからポンニムもまた、世子にはなれない。」
嬪宮の子は幼少。王さまがまだ、10年健在ならその間に私が3人の子を殺せる。
「でも、ポンニムは違う。世子になれば、王妃と手を組んで、私を殺すわ。」
男勝りの嬪宮は、王と和解出来ない・・と、笑うヤムジョン。

和解するつもりで、祭壇に行き嬪宮と話す王。
世子を憎んだ理由を聞いて、嫁が憎いから息子まで憎む・・と、知り呆れる嬪宮。

「余が譲ろう。あと3年・・余が生きたら・・世孫を世子に冊立する」
それまで、ポンニムをそばに置き、政事補佐させると言う王。
「私は政事に関与しません。重臣に任せればいいのです。」と答える嬪宮。
余の言う事も聞かない、清の言いなりになるだろう、と信じない王。

「1度でいい、頭を下げろ」と言う王。
王さまは私を信用していない・・と、拒絶する嬪宮。
2人の会話を聞いて、絶望的になる重臣たち。

王に2度と、頭を下げないと決意する嬪宮。

世子の死因を究明する、医官たちを捕まえよ、と上奏が殺到する。嬪宮の差し金だ!と、激怒する王は却下する。

嬪宮と話すポンニム大君。
「私が義姉さまと、世孫さまを守ります。いずれ、世孫が成人すれば、私は身を引きます・・」と言うポンニム大君。
だが、世子は毒殺された。
愛している兄なら、兄の遺体を見るべきだった、と指摘する嬪宮。
世孫を守る!と、引かない。

王に勝って、世孫を世子に・・と決意の嬪宮カン氏。

嬪宮が祭壇にいるので、幼子たちを呼び、食事させるヤムジョン。
ヤムジョンが子供たちを連れて行った・・と、迎えに行く嬪宮。

肉を食べさせたと怒る嬪宮は、あなたの家では喪中でも肉を食べるのかと追求する。
「誰でも隠れて食べていますよ。3年も肉を食べないなんて」
笑うヤムジョン。

王妃の提案に、納得するキム・リュ、ポンニム大君たち。
ポンニム大君が、世孫を養子にすれば後日、嬪宮が垂簾聴政を行う名分がなくなる。

親類と相談する嬪宮。
世子に針を打ったイ・ヒョンイクは、ヤムジョン母の愛人。ヤムジョンが命じたのかもしれない、と嬪宮に言う。
清に使いを送り、援助を要請すると命じる。

「王さまと戦うには、清の力が必要です。正統性もなく、先王を追い、王位を奪った方です。」
油断はならない、と言う嬪宮。

嬪宮の指示で、内医院の医官を捕まえよ、と三司が合同で上奏する。

王に提案するキム・リュ。
「世孫をポンニム大君の籍に入れ、養子としたあとで、ポンニム様に譲位なさっては?」
「なりません。それでは嬪宮を騙すのと同じです。」
卑劣だと言い張るヤムジョン。

世孫が、ポンニム大君の養子になっても、世子になれるとは限らない。
ヤムジョンの強い口調で、何も言い返せないキム・リュと王。

「なんと、ずる賢い女なのだ!」と、叫ぶキム・リュ。

「嬪宮を屈服させ、その後でポンニムを世子にするのです・・」
王に進言するヤムジョン。

続く・・

仁祖はもう、年なのとあれこれ、周囲から言われて混乱しています。疑心もあり、誰を信用して良いのかもわからない。
唯一、そばにいるヤムジョンの言葉を聞いてしまってるのです。

あれだけ、そばで言われ続けたら迷って結果、ヤムジョンの言いなりになってしまう仁祖だと思いますね。
それが強かなヤムジョンの作戦なのです。

王妃もまた、自分が生き残るために嬪宮を押しのけてます。
養子の件は良さそうだけど、王妃にとって有利なだけ。
ヤムジョンには不利なので、反対してるのです。

このドラマ、後半はどんどん、内容が濃くなってますね。
出来ればノーカットでお勧めです。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。