スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ソ・ジソブ 主君の太陽 2話あらすじ

「最高の愛」より笑いは少ないけれど時々、クスクス笑えるストーリーです。

キャスト
ソ・ジソブ、コン・ヒョジン、ソ・イングク

OST




2話

それで、俺を誘ってるのか、とゴンシルを突き放すジュンウォン。髪の毛がくさい、洗え、と呆れる。

「私、幽霊が見えるんです。幽霊が来るから、怖くて眠れない。逃げても追いかけてくる。頼みごともするし・・」と言うゴンシル。
大きな事故に遭ってから、死んだ人が見えるゴンシル。

あなたのそばに、女性がいたと言うゴンシル。
「それで、15年前に死んだヒジュを見たと?」と聞くジュンウォン。
一瞬だけど、見たと答えるゴンシル。

そこにもいる・・と怯えるゴンシル。ジュンウォンに触れると、幽霊が消えたので驚く。

「あなたに触れると消える・・あなたといると、夜も眠れそうだし、普通の生活ができそう。そばにいたい・・本当に怖いんです・・」と言うゴンシル。
「目に見えるお前の方が怖い。」と、呆れるジュンウォン。
お金や、外見ではなくて、幽霊のせいでそばにいたい?斬新な手だ、と呆れる。

「頭の臭いキャンディ」と言うジュンウォン。
「テヤン(太陽)です。」
名字がテだから、テヤンだと言うゴンシル。
「お前が太陽なら、2度と朝を迎えたくない」と立ち去るジュンウォン。

同僚から、ジュンウォンの噂を聞くカン・ウ。
昔、恋人と一緒に誘拐されたジュンウォン。
身代金は100億。
見合いの席に、恋人の幽霊がくるため失敗に終わっている。

学校
コックリさんで、ウンソルの霊を呼び生徒たち。

ネットで広まっている心霊写真がある。
キングダム噴水の前で、生徒と一緒にウンソルの霊が写っている。

「心霊写真などあり得ない!合成写真だ・・・」と言うジュンウォン。
だが、幽霊の噴水・・と呼ばれて、苛立つジュンウォン。

キングダムの清掃員として、噴水前で掃除するゴンシルに驚くジョンワン。
噴水には幽霊はいない、と言われて安堵する。
「私の言うことを信じたって訳?」と、喜ぶゴンシル。

TVで、幽霊の噴水が放送される事に。
15年前の100億ウォン誘拐事件と関連させる番組だった。
資産家の息子ジュンウォンが、恋人と誘拐され、身代金が100億ウォン。恋人のヒジュは犠牲者となったが、犯人は捕まっていない。

当時の資産家の息子は、このショッピングモールの社長ジュンウォン。この場所にいる幽霊は、その恋人か・・合成か・・と放送される。

「彼女じゃないんだけどな」
TVを見て、噴水の幽霊はヒジュではない、と気がついているゴンシル。
「写真の女性はヒジュさんじゃない」と、ジュンウォンに教える。

彼を助ければ、そばに置いてくれるかもしれない・・と考えるゴンシルは夜のキングダムへ。
警備のカン・ウと再会、一緒にまわる。

噴水の前に来て、ウンソルの霊に会いに来る生徒たち。なぜ、私たちを恨んでるのか聞きたい。

誘拐現場に行き、15年前を思い出すジュンウォン。
犯人の顔は見ていない。
「見たから、彼女は殺された・・」と、秘書に言うジュンウォン。

学校に行くジュンウォン、ゴンシル。
生徒たちに、ウンソルと写真の事を質問するジュンウォン。
あの日、ウンソル抜きで遊んで写真を撮った3人。その後、ウンソルは事故で亡くなった。
仲間外れにしたので、恨んで写真を送った、と考える生徒たち。

だが、それは違う、と犯人はウンソルの携帯を拾った子、だと教えるゴンシル。
3人がウンソルを苛めたのを、不愉快に思っていた生徒だった。
ケンカする4人を見て、止めようとするゴンシル。
「生きてる人の問題だ。」と、ゴンシルを止めるジュンウォン。

3人にメールが届く。
ウンソルに対し、謝る3人。
「ごめん。煩わしいと思ったこと・・冷たくしたこと」
自販機から、ウンソルが買ってくれたのと同じジュースが落ちて来る。
笑顔で、3人を見つめるウンソル。

キングダム噴水の幽霊は解決、聞きたいことを聞いて、スッキリしたと言うジュンウォン。ゴンシルの望み通り、掃除は続けさせる事に。

お礼に行きたい、と言うゴンシル。
「4階の社長室に不快な太陽を昇らせるな」と、秘書から伝言があった。

噴水は、幽霊が願い事を叶えてくれる・・と、評判になり満足なジュンウォン。願い事は消費に繋がる、宣伝してください、と秘書に言う。
写真のことは追求しないと決める。

叔母に誘拐事件の事で、心配されるジュンウォン。
まだ、罪悪感を感じてるのかと聞かれ、
「俺は自分のせいだと思ったことはない。」と答える。

掃除中、ジュンウォンに謝るゴンシル。
「罪悪感を思い出させてしまいました。傷があるとは・・彼女はきっと、”忘れて生きて”と、思ってるはず・・あなたは悪くない」と言う。

「その彼女を呼べるのか・・言いたいことがある。クソ女・・」と言うジュンウォン。

続く・・

「シティハンター」のキム・サンジュンが、キャスター役で特別出演でした。

コン・ヒョジンのはにかむ演技、上手いですね。惚けた雰囲気がゴンシルのキャラに合ってます。

ゴンシルに文句をいいながら、次第に惹かれていくジュンウォン・・って流れだと思います。

たぶん、医療ドラマのように毎回、心霊事件が起こり、解決するゴンシルでしょうね。
それで、ゴンシルの人柄と能力を知っていくジュンウォン。

誘拐事件の犯人、私の予想ではヒジュは犯人の仲間だと思います。だから、犯人の顔を見ていないと言うジュンウォン。
死んだのは事故でしょうか。
資産家の息子として、ジュンウォンを誘拐した仲間の1人じゃないかしら。

周囲の人が、あなたは悪くないと言っても、忘れたいジュンウォンでしょうね。
ヒジュの事がトラウマで、恋が出来ない。
そんなジュンウォンを夢中にさせる太陽、ゴンシルですね。

真面目に冗談を言うジュンウォンが面白いです。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年07月14日 | 主君の太陽

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。