スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チョン・テス 花たちの戦い 宮廷残酷史 34話あらすじ

愛する人の手なら・・死んでもいいと思うのでしょう。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ





実父チョ・ギに、母を正室に!と迫るヤムジョン。
だが、この家を出ない!と、激しく抵抗するチョ・ギ正室。

離縁出来ない、と告げるチョ・ギに苛立つヤムジョン。
チョ・ギ正室の息子3人を捕まえ、牢獄に入れてしまう。
母が正室を諦めれば・・と、話す息子たち。
追い詰められ、首を吊るチョ・ギ正室。

笑うヤムジョンは母オクに、あの家に入るよう指示する。噂になっている、と遠慮するオクだがヤムジョンの指示に従う。

ヤムジョンは、自分の母親を正室にするため、正妻を追いだした・・と、王妃に話すパク淑儀たち。
母親を正室に企むのは、王妃になりたいから、と報告を受ける王妃。

ポンニム大君を、世子にするのは反対なキム内官。
後々、争いが絶えないから。
ヤムジョンが、世孫を世子に・・というのは、幼いため自由に繰れるからと考える王妃。

「世子が死んだのは嬪宮のせい。嬪宮と世孫を守るのはポンニム大君だけ」
世子にはポンニム大君を、と言う王妃。

叔父と話す嬪宮。
王さまは何度も裏切っている。
葬儀が済めば、世孫を世子にすると約束した。けれど、私を宮殿から追いだした、と怒る嬪宮。
次男と三男も返してくれない、人質にしてると。

「世子を殺したのが、王であれ、ヤムジョンであれ・・私の息子を殺すまで戦うつもり。だから、私も戦う」と言う嬪宮。
嬪宮に同意する叔父たち。

王にお願いする世孫。
3年間、父の喪に服したいと申し出る。許可が出るまで、父のいた部屋にいると言う世孫。

王妃に会い、幼い弟たちの母親代わりが必要と言う世孫。私が面倒みましょう、と引き受ける王妃。

嬪宮と再会する世孫。
王妃を信じてはいけない、誰も信じてはいけない、食事も気をつけるよう、忠告する嬪宮。
「誰も信じません。」と答える世孫。
幼い世孫が、父親を殺され人を恨んでる、と驚く嬪宮。
「私のように生きてはいけない。忘れなさい」と言う。
だが、忘れられません、と泣き出す世孫。

部屋で1人、幼い世孫が言った言葉に驚くヤムジョン。
「父上の恨みを晴らす」

王に教旨を下してほしい、と頼むヤムジョン。
正室になった母を、認める教旨が必要だと言う。
だが、家に行き泊まれば皆が認める、と提案するキム尚宮。

王のため、新しい側室探しをする王妃たち。

嬪宮に告白する御医。
世子が死んだのは、イ・ヒョンイクが打った毒針のせいだと。

御医が嬪宮に告白してる・・・と慌てるヒョンイク。

清に行き、ドルゴンと会うキム・ジャジョム。
嬪宮の手紙で、すべてを知っていたドルゴン。
ポンニム大君が世子になるのは許可しない、世子は息子の世孫だと言う。

王妃だけが乗れる籠に乗り、実家に帰るヤムジョン。

実家付近で、
「世子さまの敵討ちだ!あの女を殺せ」
ヤムジョンに石を投げる民たち。

その夜、実家に泊まるヤムジョンはヒョクに襲われる。
「幸せな瞬間に殺して・・」
覚悟を決めるヤムジョンだが、娘のヒョミョン王女が来てしまう。

慌てて、ヒョミョン王女を隠すヤムジョン。

続く・・

ヒョミョン王女はヒョクの子ですからね。
確か、1番最初の子だわ。次は王子が欲しくて盗んだ子でしたよね。
ヤムジョンの子は多くて忘れてしまうわ(^_^;)

やっと、ヒョクと再会するヤムジョンですね。

チョ・ギの正室は自殺でなくて、ヤムジョンが手下に指示したのだと思います。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。