スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

キム・ジェウォン スキャンダル 20話あらすじ

早くファヨンとウンジュン、母子としての再会を見たいわ。

キャスト
キム・ジェウォン、チョ・ジェヒョン、キ・テヨン、シン・ウンギョン、パク・サンミン、キム・ギュリ

OST



20話

テハに会うため、盗聴器を準備するウンジュンは、車に隠された盗聴器に気がつく。だが、取らずに知らないフリをする。

ウンジュンが1人で、テハを捕まえようとしてるのを知るミョングン。危険なので手錠をかけて、一緒に捕まえよう、と言う。

屋上
マンボク(チャン・ウンジュン)に言うカン専務。
君がクム・マンボクという事は知っている。だが、俺は君の味方だ。
「この世界の王にする」と、忠誠を誓うカン専務。


ファヨンの携帯に電話がかかってくる。
母がいないので、電話に出るジュハ。
「私のウンジュン」からであり、相手はマンボク(ウンジュン)だと思い話す。
だが、相手はハ・ウンジュン刑事と知り驚くジュハ。
「あり得ない・・まさか・・」と震える。

マンボクが、おとなしいのは妙だと考えるジュラン。部屋にあるチャン・ウンジュンの推定似顔絵を見つける。

ファヨンと取り引きをするジュラン。
ウンジュン監視カメラの映像を渡す代わりにと、家の権利書、絵を要求する。
テープを受け取り、ジュランの欲しいものを渡すファヨン。

アミと話すファヨン。
訴訟は取り下げた、他の会社も引き受けないでしょうと言うファヨン。1人でも戦うと言うアミ。


ジュランの言葉を思い出し、父の部屋に行くと・・チャン・ウンジュン現在の推定似顔絵が置いてあった。
絵を見て、ウンジュン刑事だと気がつくジュハ。

ソン次長の車に乗り込み、ウンジュンを助けるつもりのミョングン。

テハとの取り引きのため、1人で約束の場所へ向かうウンジュン。
服には盗聴器を仕掛け、ソン次長が車で待機している。

テハと会うウンジュン。
金は別荘にある、移動しようと言いだすテハ。
ガンホに襲われ、盗聴器、銃がバレてしまうウンジュン。

囮と知らず、ウンジュンとテハが乗った車・・と、尾行するソン次長たち。しかし、車は替え玉だった。

邪魔なソン次長たちが消え、廃工場へ移動するテハ、ウンジュンたち。

尾行中、車はレンタカーと気がつき、罠にハマったと引き返すソン次長たち。

ウンジュンの身を心配して、ファヨンに電話するミョングン。
「会長の電話番号を教えて下さい。実の息子と知らず、ウンジュンを殺してしまう・・」
驚き、慌てるファヨン。

廃工場
ウンジュンが、持ってたUSBは別物だった。
車の中にある、と言うのでガンホが取りに向かう。

金は偽札・・と見破るウンジュン。
テハはウンジュンに銃を向ける。

「俺が死んだら・・父さんは2人の息子をお前に殺された事になる。耐えてやる・・」と言うウンジュン。
ハ・ゴニョンは生きていると。
「俺が代わりとなって生きているんです。」

「お前のその名前は・・俺の息子から取った名だ。チャン・ウンジュンから。お前は俺の息子の名も、背負いながら生きてるんだ。お前の父親は、俺の息子を誘拐した!
自分の息子を殺された腹いせに、俺の息子を誘拐した。」

驚くウンジュンに、お前を殺すのはミョングンの息子だからだ!と怒鳴るテハ。

「お前は添え物だ。ハ・ミョングンに俺が捧げる添え物だ」
ウンジュン刑事を撃つテハ。
駆けつけるミョングンは驚く。

続く・・

えー!テハはウンジュンを撃ったのかしら。早く続きを見なきゃですね。

ウンジュンが死ななくても、傷つければ後で自分を責めるテハになるでしょう。自分の息子だから。

すべてを隠しているファヨン、マンボクも含め、ミョングンを怒るテハでしょうね。
全36話なのでまだ、事実を知らないままのテハだと思います。

マンボクに味方すると言ったカン専務、ウンジュンにも同じことを言ってました。

USBは車に飾ってるアミからのプレゼント、心配人形に隠してあります。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年08月01日 | スキャンダル

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。