スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ソ・ジソブ 主君の太陽 15話あらすじ

ラブコメよりも、ファンタジーの要素が大きくなって来ました。

キャスト
ソ・ジソブ、コン・ヒョジン、ソ・イングク

主君の太陽 OST (2CD) (SBS TVドラマ) (韓国版)(韓国盤)
主君の太陽 OST (2CD) (SBS TVドラマ) (韓国版)(韓国盤)V.A.

Loen Entertainment 2013-10-13
売り上げランキング : 1890


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




15話「誘拐事件の真相」

拾ったネックレスだから捨てる、と言うゴンシル。
呆れて、俺が捨てる・・と言いだすジュンウォン。
止めないゴンシルを見て、背中の傷が痛む・・と誤魔化し、家に送ってもらうジュンウォン。

カン・ウに、姪のことを話すキム室長。
イギリスへ養子に行った子がハンナで、韓国の施設で育った子がヒジュ。
ハンナが15年も経てるのに、現れたのは共犯者だからでしょう、と言うカン・ウ。

マンション
「お前とは終わるのが大前提だったが・・死にかけて分かった。お前とは終わらせたくない。」と、言うジュンウォン。
「以前と比べ、幽霊が怖くない。社長は必要な人じゃなくなった」と言うゴンシル。
価値がないと言われ、ショックを受けるジュンウォン。

コ女史を脅し、ゴンシルとの契約を終わらせるジュンウォン。ゴンシルに会いに行き、契約解除を伝える。

自分との時間より、幽霊の頼みごとを優先させるゴンシル。
シェルターは必要ない!と、言われ再び、ショックを受けるジュンウォン。
ジュンウォンを2度と、危険な目に遭わせたくない、と言うゴンシル。

「社長だけ見るのは無理です。私がしつこいから・・根負けして私に落ちたんです、」
もう、そばにいる必要がないと言うゴンシル。

昏睡状態の3年間に、夢の中で会っていたユ・ジヌと再会するゴンシル。
山で遭難してたゴンシルを、発見したユ・ジヌ。
彷徨っていたゴンシルの霊魂を、ユ・ジヌの霊魂が見つけた。
写真集を見せ、君はこの中の場所にいた、と言うユ・ジヌ。

自分と同じように幽霊が見えるユ・ジヌ・・と考えるゴンシル。

双子の姉ハンナがジュンウォンのそばにいる。キム室長の姪だったヒジュ・・と知るゴンシル。

ヒジュとハンナは双子で、姪だとジュンウォンに打ち明けるキム室長。
3人で話す事に。
私は犯人ではない、もうすぐイギリスに帰ると言うハンナ。
ヒジュが犯人とは思えないキム室長。

事件が起きて、ジュンウォンが気になり、側で仕えることが弔いだと思った、と言うキム室長。

カン・ウと話すジュンウォン。
ハンナが共犯者だと確信している。姉だから守りたかったんだろう、と考えるジュンウォン。
犯行に至った訳を理解するべき、と言うカン・ウはジュンウォンと意見が別れ、キングダムを出て行く。

ジュンウォンと話すゴンシル。
ヒジュはハンナのそばにいる、と言うゴンシル。
「姉だから守りたいのだろう。俺の金を取り戻せるとも思えない・・。終わりにしたい」と言うジュンウォン。

「あいつは犯人。俺は被害者だ。」
お前ももう、死人を見るな、と肩に触るジュンウォン。
ヒジュの幽霊は消える。

ユ・ジヌと一緒に、外国に行く決意のゴンシル。
姉に、好きな人を置いていけるの?と聞かれる。
「見たいものだけを見る彼のそばに・・・余計なものが見える私がいると・・楽になれない」と言うゴンシルだった。

空港
ハンナを追いかけるジュンウォン。
「俺に宝石を渡して消えろ。」

「ヒジュと共謀した時、俺を誘惑したのはお前じゃない。お前に惹かれたことはないから」
「真実を教えるわ。あなたが愛したのは・・双子の姉ハンナよ」と言うハンナ。

ハンナがヒジュのフリして、話しかけた。
ハンナは何でも持っていた。不幸なヒジュが思い続けた人を奪ったと。

「ヒジュは腹を立てて、あんなマネを・・」
「2人の犯行だろう・・」と驚くジュンウォン。
「ヒジュの犯行よ。ハンナは天使のような子だった。」悪い子ヒジュは死んだ・・と笑うハンナ。

「お前がヒジュだな・・」と言うジュンウォン。
「私はいい子のハンナよ。あなたのせいで、あの子は死んだ。あなたは絶対、暴けない。」
お前は偽物だ・・と言うジュンウォン。

ゴンシルの体を借りるヒジュ(ハンナ)。
「ヒジュ・・あなたと話したくて、体を借りたの。あなたは最後に言った。”ヒジュとして死んで。でなければ彼を殺す”」
ゴンシルを、ハンナだと気が付く。

ハンナとして、ジュンウォンに会えば、手に入るかと思ったヒジュ。
だが、偽物と言われてしまった。

2人を見て、そばに行こうとするジュンウォンを止めるカン・ウ。
ゴンシルの体には盗聴器を付けている。
会話を録音していた。

自分を「ヒジュ」だと認めるハンナ。

「ハンナを殺し、皆を騙したのはあなたよ。」と言うゴンシル。
キム室長が来て、陶器人形の中にある宝石を見せる。
逮捕されるヒジュ。

ヒジュが盗んだのは宝石でなく、ハンナの人生だった。
姉のハンナを殺していたヒジュ。

幽霊ハンナと、話があるでしょう、と言うゴンシル。
「もう、私のせいで苦しまないでほしい」と言うハンナ。
「何も知らず・・恨んで悪かった」と謝るジュンウォン。

ヒジュだと思っていた幽霊、実はハンナだった。
ハンナの幽霊は空に消える。

旅立つと言うゴンシルに驚くジュンウォン。
「私は幽霊のための太陽でいたい・・社長といると危険な目に遭わせてしまう・・」
不吉な太陽でいたくない、と泣き出すゴンシル。
消えろ、と言ってほしいと。
「望むなら言ってやる・・消えろ・・」と言うジュンウォン。

続く・・

死んだと思ってたのは、ヒジュではなくてハンナでした。
ゴンシルが見ていたのは、ハンナの幽霊です。後半でわかりました。

企んだのは悪いヒジュですね。
ヒジュはお金よりも、「ハンナの人生」が欲しくて、誘拐を計画したのだと思います。
その彼女も捕まり、ジュンウォンの傷も癒えると思います。

後半、ゴンシルの体に乗り移ったハンナ。ゴンシルの意識は残ったままでしたね。

ゴンシルの前に現れたユ・ジヌが今後、どう関わるのか。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年08月06日 | 主君の太陽

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。