スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チョン・テス 花たちの戦い 宮廷残酷史 40話あらすじ

次々と邪魔な存在を消していく悪女ヤムジョン!このヒロインは見応えあります。

全50話ネタバレあらすじはここをクリックして下さい

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

DVD



40話

キム内官と話すヤムジョン。
「我欲が過ぎれば・・死を招くことも・・」と言うキム内官。
「頂上が目の前なのに・・怖くないわ」と答えるヤムジョン。

突然、流産するヤムジョン。
王妃が血を調べた事で流産した・・王妃のせいよ、と話すパク淑儀たち。王妃の巻き添えを食いたくない、と慌ててヤムジョンのお見舞いに行く。

ヤムジョンを見舞う王妃。
「流産したのは王妃様のせいではありません」と言うヤムジョン。
「血を調べたから・・王妃さまは嫉妬が酷すぎる」と、嫌みを言い続けるオク。

ヤムジョンにゆっくり休むと良い、と言う王妃。
「王妃様自ら、宮殿を去りますか。それとも慶徳宮で、長い余生をお過ごしになりますか」と聞くヤムジョン。

パク淑儀とチャン貴人は、王妃に挨拶もせず、ヤムジョンに媚びを売る。
ヤムジョンを流産させた王妃・・追放で済むなら・・本来なら死罪になる、と笑うチャン貴人たち。
会話を聞いている王妃。

ヤムジョンが流産した、と驚く王。
王妃が、スンソン君と王の血を調べたことを教えるキム尚宮。
王妃が卑劣な事をした!と、激怒する王は廃妃すると言いだす。

怒る王に、「流産は王妃のせいではありません」と言うヤムジョン。
スンソン君の父親は王でない・・と噂がある、と話す。

「王さまが王妃さまの責任を問えば、私が王妃さまを陥れたと言われます」
この件は忘れてください、と言うヤムジョン。
だが、王は怒りで王妃の所へ。

王がいなくなり、演技を終えてキム内官に言うヤムジョン。
「今日から、寝所を大殿に移すわ」
笑うヤムジョンに言葉を失うキム内官。

身内と話す嬪宮。
ドルゴンの書状で、朝鮮の内政には干渉しないと知る嬪宮。
世孫を北京に送れば、養子に迎え守る、と書いてある。
世孫をヤムジョンから守るため、清に送る決意の嬪宮。
ドルゴンは、ポンニム大君の世子冊立を認めていない。

王妃を廃する、と領議政たちに言う王。
だが、反対するキム・リュたち。

「スンソン君が赤の他人と疑われた。王さまに仕えることは出来ません。」
泣いて、私を追放してください、と言うヤムジョン。
ポンニム大君が来て、王妃は慶徳宮へ移す、と提案する。
仕方なく賛成するヤムジョン。

王妃に耐えてください、と言うポンニム大君。
あなたを世子にと支持したのに・・と怒る王妃。
次は嬪宮と世孫が狙われ、その次はそなたです・・と怒る。

王妃が慶徳宮へ行く日。
籠に乗ろうとする王妃を止めるヤムジョン。
「廃されて追放されたなら、歩くべき」と籠を片付けさせる。
「生きて出られるだけでも、感謝して下さい。毒を送ります」
笑うヤムジョンに何も言えない王妃。

世孫が宮殿に来て、王に挨拶をする。
世孫が来た・・と苛立つヤムジョン。
孫との会話で、楽しく過ごす王はまた、来るように言う。
離れて暮らすのは寂しい、と言われ、宮殿に毎日、遊びに来る事、泊まる事も許可する王。

宮殿
新しい側室を入れ、王にあんまを受けさせるヤムジョン。
女人といる王は翌朝、遅くまで寝ている。
夜の街へ抜け出すヤムジョン。

キム・ジャジョムと、ソルチュクがいる妓楼に行くヤムジョン。
幼い娘が踊ってるのを見て、
「その子をキーセンにするの?」と聞く。

キム・ジャジョムに、領議政の座を約束するヤムジョン。
「代わりにポンニム大君を殺して下さい。世孫は私が始末します。」
笑うヤムジョン。

続く・・

面白いわ。
ヤムジョン、ついに世孫とポンニム大君を片付ける気ですね。
ポンニム大君はともかく、幼い世孫は可哀相だわ。世孫を殺せば、嬪宮はどうでも良いという感じなのかしら。

王妃の態度が凄かったので驚きでした。
最初、宮殿に来た頃の王妃は幼さもあり、純情な雰囲気があったのです。
実は結構、悪女系という言葉遣いと態度でした。
ポンニム大君が守ってくれなかったので、怒っていた王妃です。

嬪宮は廃位された世孫を守るため、ドルゴンに預ける気です。その会話は聞かれてるので、ヤムジョンが王に告げると思います。

キム・ジャジョムと取り引きをして、娘を守るヤムジョンでしょうか。
娘を守るというより、弱みのネタを奪い返したのだと思います。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。