スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チョン・テス 花たちの戦い 宮廷残酷史 41話あらすじ

ヤムジョンの弱みを握るキム内官です。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

DVD



41話

ヤムジョンの企みにより、王の側近であるキム内官は引き離されてしまう。

キム・ジャジョムに、領議政の座を約束するヤムジョン。
王さまは私のいいなり、キム・ジャジョムさまを死刑に処すこともできる。
「スンソン君は王さまの息子です。」
邪魔者を消せば、王になれると言うヤムジョン。

「血の繋がりなど無意味です。」
ソルチュクに預けた子を殺しなさい、とキム・ジャジョムに命じるヤムジョン。

ソルチュクは殺され、娘ソルファはヒョクが連れ去る。

ソルファをキム内官に託すヒョク。
ヤムジョンを殺そうとするが、天罰を受けるまで・・と引き止めるキム内官。

王に憶測ですが・・と話すヤムジョン。
「ドルゴンの命令で、世孫を北京に連れて行くのです」
嬪宮がドルゴンを動かしたのです。清の力を借り、世孫を世子にしたいのでしょう、と。
驚く王。

キム・ジャジョムに質問するヤムジョン。
「世孫を北京に送るのは何故だと?」
「恐らく嬪宮さまは王さまをお疑いなのです」
「世孫が余に殺されぬよう・・清に逃がすつもりだな」と、激怒する王。

領議政となるキム・ジャジョム。

叔父たちと、世孫の事を相談する嬪宮。
世孫を清に逃がし、後日を期す。もうひとつは王さまと全面対決する方法を考える。

キム・ジャジョムが領議政になり、反発する重臣たちを集める。
長子継承の原則を守るよう王さまに迫る、という方法。
勝算があると言う嬪宮。

毎日、王に挨拶に来る世孫。
ある日、王がイ・ヒョンイクの鍼を受けてるのを見て怯える世孫。

「鍼を打ってはならぬ。父上はこの者に殺されました。」
この目で見た、と叫ぶ世孫に驚く王。
「母親に教えられたのか。父親が毒殺されたと息子に教え込むとは・・・」
怒る王は世孫を文正殿に閉じ込めろ、と命じる。

ヤムジョンに、「世孫があんな事を言うのは、嬪宮に吹き込まれたからだ」と怒る王。
「嬪宮は幼い世孫に教えたのでしょう」と、言うヤムジョン。

「悪いのは嘘を教えた嬪宮だ。父親が毒鍼を打たれて死んだと・・」
世孫から、嬪宮を引き離すべきと怒る王。
世孫を虐げても、恨みを買うだけです・・と、とめるヤムジョン。

「世子が死んだのを喜んだのは嬪宮かもしれない。幼い世孫に代わって、政事を牛耳れるのだから・・」
嬪宮への怒りで、妄想を続ける王。

そこへ嬪宮が来る。
2度と逆らわない、私は尼になる、と泣いて世孫を助けてください、と頭を下げる嬪宮。

ヤムジョンにしがみつき、「助けてください・・」と泣く嬪宮。だが、ヤムジョンは無視する。

王とヤムジョンから無視され、ポンニム大君に会いに行く・・と立ち上がる嬪宮。
そこに来たイ・ヒョンイクは思わず、言ってしまう。
「私は命令に従っただけです・・」
言葉の意味を理解せず、立ち去る嬪宮。

王に薬入りのお茶を飲ませるヤムジョン。
「怒りを眠りでおさめないと・・」

ポンニム大君に会う嬪宮。
「世子さまは父親に殺されたのを・・知ってたでしょうか・・」
世孫を助けてほしい、と懇願する嬪宮。

監禁された世孫に会いに行く嬪宮。
「怖くて死にそう・・」と、泣き出す世孫に声をかける嬪宮。
「暗闇が怖くて、父上の恨みが晴らせるの?」
父上のあとを継ぐのです、と言う嬪宮。
嬪宮の言葉で、父の祭壇を思い出す世孫は落ち着く。
2人を見て、涙を流すキム内官。

嬪宮に、世孫さまは命がけで守る、と約束して帰すキム内官。

世孫に「王さまが怒ったら、母に教えられたと言いなさい。母が憎まれ役になります」と、告げる嬪宮。

嬪宮の兄ムンソンが、負傷して家に戻る。だが、逆賊として捕まってしまう。

宮殿
守ってくれないポンニム大君に怒りをぶつける王妃。力を合わせれば、嬪宮と世孫を助けられる、と言うポンニム大君。

嬪宮の兄弟は流刑となる。
嬪宮は世孫がいるから、王さまに楯突く・・と怒るヤムジョン。
「世孫と弟たちを流刑にしなさい」
王さまのため、とキム・ジャジョムに命じるヤムジョン。

続く・・

王はもう、薬の影響で何も出来ないですね。ヤムジョンのやりたい放題です。
あの幼い兄弟たちを流刑にするとは。

ポンニム大君は自分の座を守るため、ヤムジョンに逆らわない様子です。

嬪宮はイ・ヒョンイクの言葉を聞いて、王に命令されたと感じたのかしら。
子供が流刑にされたら、どうするんでしょう。
逆らえば今度こそ、ヤムジョンに殺される嬪宮になりそう。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。