スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チャン・グンソク キレイな男 14話あらすじ

出生の秘密が明らかに・・

キャスト
チャン・グンソク、IU、イ・ジャンウ、ハン・チェヨン、キム・ボヨン、トッコ・ヨンジェ、ヤン・ミギョン

メイキング




14話

ナ副会長と話すマテ。
「副会長を退けば、あなたの事は伏せると・・」
ユラに脅されているの、と言うナ副会長。

俺があんたの息子とは・・事実なのか、と驚くマテ。
「後悔も未練もなく不快なだけ。」
マテを捨てた事を後悔していない、と言うナ副会長。
あなたの父親は財閥の娘だからと、私の人生を壊した相手だと説明する。

マテに提案するナ副会長。
「ひとつはこの国を出なさい。嫌なら、もがき苦しむより、永遠に消えるのはどう?」と言いだす。
ナ副会長の残酷な言葉に言葉を失うマテ。

1人、帰りにぼんやりしていると、ミムが来て運転すると言う。
マテとナ副会長の会話を録音しているミム。

ユラに会うマテ。
「俺はナ副会長の息子だった。知ってたのか?」と、怒る。
「会長の息子だと思っていた」と、答えるユラ。
理由は育ての親、ミスクに聞くべきだったと。

納骨堂
ボトンに会い、ナ副会長の息子だったと事実を告げるマテ。

パク会長に怒るナ副会長。
なぜ、ミスクに育てさせ、あとで私に会わせた?と。
すべてを捧げて、捨てられたナ副会長だった。

1人、考えるマテ。
「ナ副会長は謝るべきだ。俺を捨てたのなら悪かったと・・お前だけは変わらないな・・」
ボトンの優しさに気づくマテ。

パク・ムンスに言うユラ。
「チェ・ジュナが助けてくれた。彼を味方にすべきよ」
トッコ・マテがお義母様の息子だった。あなたは危うくなる、と忠告するユラ。
ジュナを連れて来るべき、と勧める。

ダビデ(ジュナ)会うパク・ムンス。
「MGには関与したくない。株が必要なら差し上げます」と言うダビデ。
「MGの相続者として、その特権を享受すべきだ。」と言うパク・ムンス。
MGにはモラルがないから嫌だ、と断るダビデ。

マテがやってきた事は凄い、と慰めるボトン。

ナ副会長に手紙を書くマテ。
時計を返して、「島流しはごめんです・・ふたつめの提案は忘れます」と。
「2つとも断ります」
ナ副会長の提案を2つ、断るマテ。
「副会長と、縁を絶つことが重要だと判断しました」
マテの手紙を読んで、涙を流すナ副会長。

SSテレビ通販、会議。
1年契約の社長として、事業計画を発表するマテ。

ダビデに言うボトン。
「私は前に進みます。マテさんを思うのを・・やめられそうにないの・・」
愛されてるのは幸せだけど・・と言うボトン。
「僕は待ってみるつもりです・・」と、言い返すダビデ。

パク会長から、食事に誘われるマテ。
亡きミスクは、マテの幸せを願い本当の息子として、育てていた事を話すパク会長。
「暗号を持って来たら、息子にしてあげて」
自分が亡きあとも、マテの幸せを願っていたミスクだった。
暗号を簡単に諦めるな、と言うパク会長。

「ナ副会長が捨てた僕を、救った理由を教えてください」と聞くマテ。
「お前を愛していたから・・お前の母親、ナ・ホンランを愛してたから守りたかった。」

キム・ミスクは私を愛した女なのだ。
「お前に暗号を突き止めてほしい」と言うパク会長。

ナ副会長に、ユラとヨリを戻す、と言うパク・ムンス。MGグループの汚いやり方を正すと。

ダビデを呼びだし、MGの経営に戻る時期では?と言うユラ。
だが、今は恋愛をする時期、と答えるダビデ。
「あなたの愛は絶対、かなわない・・マテ一筋のボトンが・・マテの暗号だから」と言うユラ。

落ち込むマテをスケートに誘うボトン。
明るく気遣うボトンを見て、心が柔らかくなるのを感じるマテ。
「愛とは・・笑顔にすることか?」

ボトンを抱きしめるマテ。
「これからは俺が・・・」

続く・・

ボトンが暗号なのかしら?

マテもボトンの愛に気づいた様子ですね。
そばにいると、当たり前のようで気づかない事もあるから。
ボトンこそが、マテを幸せにしてくれるパートナーなんですよね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年08月15日 | キレイな男

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。