「製パン王キム・タック」26話あらすじ

ユギョンは絶対、あの父を憎んでると思うし、会いたくないでしょう。それともあんなでも親だから、会いたいのかな。結婚を素直に認めないインスクも諦め悪いです。

キムタック26

出演 BAKER KING, KIM TAK GU
ユン・シユン、チュ・ウォン、イ・ヨンア、ユジン、チョン・グァンヨル





26話 動画は1話のこの場所においてあります。

会議でタックはしどろもどろ・・これをマジュンが指摘。

動揺するタックはミスンの言葉を想いだし「キム・タックのやり方でいいのよ。」と。

コソン食品のパンを運ばせ、理事たちに食べさせる。
驚く理事たちに
「これはコソン食品のパンですが、僕が作りました。」と、工場で作ったものでないという。

「コソン食品は30年間、パンで成長した会社ですが、社長が誇りをもっている。社長がこのパンを守り育てたのです。」

タックは、自分はパンを焼くしか出来ないが、その社長が自分を選んだのだという。

つまり、パンを愛して作る社長が選んだから、そのタックを認めて欲しいってことね。パンを作るしか出来ないタックだけど、社長の志、味を守ることは出来るという。

違う、新しいパンを作ることも大事であり、企業の前にパンをたべるすべての人々を忘れてはいけないとタック。

タックを心配するユギョン。

1ヶ月後、また会議があると弁護士から言われる。チョンサンの工場へ行く事にある。工場で新しいパンを作ることになるタック。

インスクはこれを聞いて驚き、理事がタックを認めるはずはないと言う。

これはハン秘書の考えみたいね。チョンサンの工場は状態が良くないでの、あんな工場では不可能と。
その工場へいっても、良いパンは作れないというハン秘書。


ユギョンはそんなタックに「あなたはきっと、成功するでしょう。」と」、信じてると。
「ベストを尽くす!」と、タック。

コソン食品に来るミスンは、自分の考えが間違ってるのでは?と、タックと会うべきなのか・・迷う。
その時、エレベーターから降りてくるタックとすれ違い、気分が悪くなるミスンを気にするタック。

ミスンもタックも気がつかないのよ(>_<;)


そこへ誰かが「キム・タック氏!」と、呼んでので気がつくミスン。

タックは理事たちに、社長の意志のままだと褒められ、いつも社長がいってたことだと喜ばれる。
事業の前に美味しいパンを作る!と、純粋な気持ちが大事だったと理事たち。

「社長が喜ぶビジョンだ。若い頃の社長をみるようだ。」
その心に感謝するタック・・・を・・見つめるミスン。

そっと、自分を隠してタックを見守る母なの。

「あれはタックなの・・?私の息子?成長したわね。大きくなって・・」と、感激のミスンだが、目がかすみ・・・その場の座りこんでしまう。

具合が悪いので倒れたのかも。気がつきそうで、気がつかないタック。

パク弁護士はイルジュンに、チョンサンの工場は状態が良くないので、タックが行くのは・・と、心配する。
「タックがやり遂げるだろうか・・」

このすべてを状況を知ってて、見て見ぬふりのイルジュンなのかな。
タックの力を試してるのかも。


マジュンはコソン食品で働き、インスクにユギョンとの結婚を、早くして欲しいという。
インスクはこれを許さないといって。

マジュンは、
「俺はこの結婚を可能にします。」と、
「おばあさんが死んだ場所でブレスレットを拾いました。」と、マジュンに驚くインスク。

何をみて、聞いたのかと、聞くがマジュンは
「何も答えるつもりはありません。ただ、あなたは結婚に同意する必要があります。」と。

母をブレスレットで脅す息子だわ。何かを見た、聞いたとは言わないの。

ユギョンを家に呼びだし、いきなり
「ひざまずきなさい!」と、インスク。

「あなたは、これから先も屈辱を感じ、惨めで悔しい想いで暮らすでしょう。」と、嘲笑を浴びさせられるだろうと、結婚は始まりであり戦い、息子が生まれるまで、戸籍に入れないとインスク。

「私に勝てると想うの?」と、男は女を妻にすると気持ちは薄れると。
どれだけマジュンの気持ちが残るか、この家にいられるのか見届けるという。

コソン食品の妻がつとまるのか?と、インスクなの。成り行きを見守ると。


チョンサンの工場に到着するタックは、イルジュンと初めて会った日を思い出す。

工場の中は暑く、湿度、温度が良くないとタック。
中で再会するユギョン父とタック。
チョンサンにまだいた父なのね。

ユギョンはマジュンに結婚の許可をもらったと報告、安堵のマジュン。
嬉しいとマジュンに、ブレスレットのことを聞きたいユギョン、

ユギョン父は、5?6年、家族もなく警備員で工場に雇ってると聞くタック。


チョンサンの工場は、状態が良くないので、従業員も半分に減ってしまっていた。
「この工場を復活させるのは不可能です。」と、言われる。
1ヶ月以内に、新製品を作り出す必要があるとタック。

ユギョン父は、自分を刑務所にいれた娘を恨み、娘が死んだニュースをききたかったとまでいう。これに驚くタック。

「まだ、そんなことを?」と。
ユギョンに父のことを言うべきか、悩む。

ジングは、ハン秘書から
「会社の株の3.8パーセントを所有している3番目の人物だ。エスコートしてくれ。内密に・・」と、いわれる。

ジングはタックの味方だと想うけど・・これは様子を探ってると想う。

病院
ミスンはタックに会うべきと言われるが、復讐に生きた母なので、顔を見せられないと、もう会ったから良いという。

母として「恥ずかしい」と、ミスン。苦労をさせたのに、立派に成長したタックを思う。母として何もできなかったと、コソン食品で大きな仕事をするタックを邪魔したくないと。

目の具合は悪く角膜のドナー待ち。
2?3カ月以内に角膜をうけないと、外国へドナーを探しにいくはめになるとユン医師。

ハン秘書に、ユギョンの育った孤児院と、実の親を調べろとインスクは指示。

ユギョンと結婚するとマジュンに驚き、父のことを言えないタック。
「父の事に関してまだ、彼女に話さない方がいいだろう。家族になるんだ、俺たちは。」と、マジュン。

「彼女を幸せにしてくれ。」と、タック。

久しぶりに、パルボン製パン屋に行くタックは、みんなから温かく迎えられる。
コソン食品のパンをだして、どこが良くないのか、味見をしてもらう。1ヶ月以内に、チョンサンの工場で、新しいパンを作る必要があるので
「手伝って欲しい。」と、頭を下げるタックを、みんなは協力してくれる。

インモク、ガプス、ジェボクの3人がチョンサンの工場に、社員として潜り込む。

工場長には内緒で入る3人なんだわ。
この連中が手伝ってくれれば、タックも心強いわね。しかも今、パルボン製パン屋は営業停止で仕事もないはず。

タックの指示により、ジェボクたちは工場の様子を探る。
パンを作る製造過程、環境、状態、品質など。

タックに会っても知らぬ顔のジェボクたちなの。

すると、物置は酷く小麦粉も古い。材料なども帳簿と違い、裏で横領が行われてると報告を受けるタック。
社員の働く意欲も最低、やる気がないと知る。

「誰かがお金を横領してる!」
しかも億単位、10億ウォンと高額なので、とても工場長だけの仕業と思えないという。
問題は誰がどう、これを監視するか・・と、考えるタック。

だから、チョンサンの工場は経営が悪化してるのね。誰かが横領してるから、経営が悪化してるように、会社は報告を受けてるのだわ。
これを解決するのはタックの役目だわ。


インモクたちはこれを手伝うと言ってくれる。感謝するタック。

ハン秘書とインスクの悪巧み、ユギョンを自らあきらめさせるため、ユギョン父をチョンサンから、連れて来る。
ウエディングドレスを試着するユギョンの前、父を会わせるハン秘書。
笑うインスク。

娘をみて驚く父、自分を虐待した父と再会するユギョン・・・

これでマジュン、インスクたちの前、自分の身分を思い知るユギョンなのかも。
これはインスクたちの計画だから。


コソン食品、エレベーター
「あなたはキム・タックさんですか?チョンサンに住んでるキム・ミスン、あなたのお母さんについて話したい。」と、ユン医師に驚くタック。

続く・・・

ミスンの具合がとても悪く、食事もしない。
ユン医師は危険を感じ、タックを呼びに来たようです。これでやっと、母子の再会になるかも!
長かったですね?タックはお母さんが生きてると、思ってるかな。

前半、会議でタックがいったことは、パンを焼くしか出来ないけれど、パンが好きで人々に美味しいパンを提供したい・・
貧しくても、パンで幸せな気持ちになってほしいと、タックの想いがイルジュンと同じだった。
これに社長の意志を感じる理事たちでした。
マジュンにしたら、「あいつはパンを焼くしか知らない!」と、経営も何も知らないことを言ったのが逆に、評判良かったようですね。

ジングは、ハン秘書の指示で動いてミスンをまた、拉致?あれは、残り株の持ち主として連れて行こうとするのだと思います。
ミスンはもう、半分は目が見えないみたいだから?ジングがわからないかも。

1ヶ月以内に新商品を作れる?難しいタックかな。でも、インモクたちも手伝ってくれるから大丈夫でしょう。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2010年09月15日 | 製パン王キム・タック

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌