チョン・テス 花たちの戦い 宮廷残酷史 44話あらすじ

ヤムジョンを止められるのは・・初恋のヒョクだけでしょう。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

DVD



44話

ドルゴンに書状を書く嬪宮。
夫と息子が死んでしまった。残った息子を養子にして欲しい、とドルゴンに頼む。

書状を止めるポンニム大君。
「今はお待ち下さい。それとも、王さまを倒し、キム・ジャジョムとヤムジョンを捕らえますか?」と聞く。
そうすべきです、と怒る嬪宮に、謀反は許さないと言うポンニム大君。

宮殿
王さまは風邪をひいた、と周囲の人間を遠ざけるヤムジョン。

世孫に流刑を命じたのはやりすぎた、と後悔する王。

医師に、王さまの容態を聞くポンニム大君とキム内官。
できものが骨を侵し、命がつきかけている、と答える医師。

キム・ジャジョムと話すヤムジョン。
「王さまが死ねば、ポンニム大君が王になる。その前に亡き者にしなければ。」
私に任せて、と後始末をキム・ジャジョムに頼むヤムジョン。

ヒョンイクに命じるヤムジョン。
「世子を殺害せよ。どんな手を使ってでも・・」
怯えるヒョンイクは逆らえない。

世孫の遺体はすぐに埋葬され、死因を調べることも出来ない。噂では風土病と言われている。

嬪宮がドルゴンに宛てた書状を受け取る男は、ヤムジョンに届ける。ヤムジョンから、褒美をもらう男。

ヤムジョンが留守中、王に世孫が死んだ事を報告するキム内官。
驚きなぜ、ヤムジョンが黙っていたのかと、激怒する王。

字が読めないヤムジョンは、チョ・ギに嬪宮の書状を読ませる。だが、真実を言わないチョ・ギに怒るヤムジョン。

ヒョンイクを呼び、書状を読ませる事に。
「世孫が流刑先で死にました。残る息子を養子に迎えてください」
息子を助けるため、養子にして欲しい、と嬪宮の最後の願いだった。

ヒョンイクに、内容を書き換えよと命じるヤムジョン。
「ソヒョン世子に続き、世孫も王さまに殺された。だから、敵を討ってほしい・・王さまは正気でない。軍を送り、清に連れ去ってほしい」

ヤムジョンのやり方に激怒するチョ・ギ。
このままでは、嬪宮が殺されると止めるが・・「それを望んでる」と、答えるヤムジョン。

嬪宮の書状を、ヤムジョンに届けた男は殺される。

宮殿
世孫の死を知り、ヤムジョンを追究する、と怒鳴る王。スンソン君を王にするための、策略なのだと言いだす。

王に跪き、演技をするヤムジョン。
「お前が殺したから、余に告げなかったのだ」と言う王。
疑われているのなら・・と、弁明しないヤムジョン。
「宮殿にいる私が世孫を殺せるとでも?」

ヤムジョンの演技に騙される王。
嬪宮が、ドルゴンに宛てた書状のことに感づく。
嬪宮は正気ではない、と庇うふりで書状を出すヤムジョン。

「ソヒョン世子と世孫を殺したのは王・・軍を送り・・」と読み、激怒する王。
怒鳴り、嬪宮を呼べと叫ぶ。

ポンニム大君に、慎重な嬪宮があんな書状を書くはずがない、と話すキム内官。
ヤムジョンの仕業と考えるが、嬪宮が否定しても、王は信じないだろうと悩む。

嬪宮を助ける、と言う王妃。
「暴風を避ける風よけが必要なのです」
哀れみで、助けるわけではないと。

嬪宮を宮殿に呼ぶ王。
書状を出し、お前がドルゴンに宛てたのか、と聞く王。
書きました、と認める嬪宮。

続く・・

嬪宮はもう、死ぬ覚悟ですね。
息子を助けるため、自分が殺されても良いと。それで、残された子供が生きられればと母の思い。

嬪宮の残された子供とは1人のはずです。
世孫の死を知った嬪宮だけど、次男も殺されているはず。
43話で、都に生きて戻ったのは・・三男だけとありました。

ヤムジョンの父チョ・ギも、酷いと呆れてました。本当に呆れてしまうわ。
世孫を殺し、今度は嬪宮までも殺す気とは。
無力の嬪宮だけど、ドルゴンと親しいので邪魔なのでしょう。

イ・ヒョンイクもヤムジョンに命令され、ポンニム大君を殺害すると思います。

王さまがヤムジョンの演技に騙されているのを、周囲も感づいてると思いますね。
このヤムジョン、誰か止めて欲しいわ。

王妃は自分だけが大事なんですよね。あれも冷たいわ。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌