スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

キム・ヒョンジュ 花たちの戦い 宮廷残酷史 47話あらすじ

ポンニム大君はもっと、しっかりして欲しいわ。

キャスト
キム・ヒョンジュ、チョン・テス、チョン・ソンウン、キム・ジュヨン、イ・ドクファ

花たちの戦い ~宮廷残酷史~ DVD-BOX1 全8枚セット
花たちの戦い ~宮廷残酷史~ DVD-BOX1 全8枚セット
2014
売り上げランキング : 38024


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



47話


お茶会を開くヤムジョンは王妃のように振る舞う。

いずれ、ヤムジョンは王妃の廃位を試みる。廃位に同調する重臣はいない。その時が、反撃の機会だと考えるポンニム大君。

アヘンを吸うヤムジョン。
キム尚宮に協力してほしい、と言いだす。
「私を王妃にして」
だが、欲が深いと拒否するキム尚宮だった。

母が死んで悲しい・・と嘆くヤムジョンは王の部屋へ。
眠る王に言う。
「ソヒョン世子も嬪宮・・世孫も私が殺しました。王さまを恨む人などいない。」
私を責めればいい・・と、怒るヤムジョン。
私が悪いのよ、と泣き崩れるヤムジョンを見ていた王。

父を呼び、ヤムジョンがパク尚宮に毒を渡した、と言う王妃。パク尚宮の証言で追い詰めれば、捕まえることが出来る。
「毒薬の罪を問います」
お父様はそばで待機してほしい、と言う王妃。
誕生日の日、皆を呼んで恥をかかせる計画だった。

王と話すヤムジョン。
母が亡くなり、頼れる人がいない。
「王さまが亡くなったら、私も死にます。スンソン君を誰が守ってくれるか・・」
嘆くヤムジョンに、「スンソン君は余の子だから守る」と言う王。

「スンソン君を守って下さい。それには私を王妃にして。そうすれば、私はスンソン君を守れます」と言うヤムジョン。
呆れて、倒れる王。

眠った王を閉じ込め、私が王妃になるまで、大殿から出してはいけない、と内官に命じるヤムジョン。

王を心配したポンニム大君が来る。
先の王妃の服を着て、座るヤムジョンに呆れるポンニム大君。
「世子さまは私を殺せません。親不孝になることは出来ないのです。」
無事に王位を継げると思いますか。候補は他にもいると言う。

「王になりたければ・・私を王妃にしてください。」
王妃を廃位ではなく、王妃が失態を犯し、王さまが王妃を廃位する教旨を下したら、異を唱えない、と。
約束を強要するヤムジョン。

王妃ではなく、大妃の服を作る・・と笑うヤムジョン。王さまの遺言は私が聞く、と言う。

王の所在がわからない、捜すキム内官。

王を数人で抑えさせ、鍼を打たせるヤムジョン。

キム・サンホンに会いに行くポンニム大君。
王の所在がわからない、このままではヤムジョンに、遺言をねつ造されてしまう。
キム・サンホンに、顧命大臣になってください、と頼むポンニム大君。

パク尚宮から、王妃の誕生日に招待されるヤムジョン。
「いずれ、あなたを大妃殿で働かせてあげる」と、脅す。

キム・ジャジョムに、兵権を返すか、首を差し出すか・・と、迫るポンニム大君。
世子さまの味方になる、と言うキム・ジャジョムを、信じられないポンニム大君。
忠誠の証拠として指を切るキム・ジャジョム。

王妃の誕生日、遅れて行くヤムジョン。
王妃が差し出したのは、パク尚宮に渡した薬。

消化剤であり、毒ではないと言うヤムジョン。
「毒薬と聞きました。食事に混ぜろと・・」
パク尚宮の証言で、捕まりそうになるヤムジョン

水を運ばせ、潔白を証明する、と薬を飲むヤムジョンは笑い出す。

続く・・

ええ?毒ではないのね。これもヤムジョンの計画とは。
最初から、パク尚宮が裏切ると思ったのでしょうか。
王妃としては、毒殺を企んだヤムジョンを捕まえる計画だったのです。

これを王妃の失態として、廃位を迫まるヤムジョンだと予想です。もちろん、動けない王を脅してです。

仁祖はヤムジョンの企みに気が付き、薬は飲んでいない様子。でも、嫌がったのに鍼を打たれてしまいました。
後半、仁祖への思いで切ないヤムジョンでした。

アヘンを吸ってるので、最後は気が狂うヤムジョンになるのかしら。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。