スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ユン・ゲサン 太陽がいっぱい 11-12話あらすじ

愛する人は無実だった・・喜びと本当の苦しみを知るヨンウォン。

DVD



キャスト
ユン・ゲサン、ハン・ジヘ、チョ・ジヌン、キム・ユリ、ソン・ジョンホ、キム・ヨンチョル



11話

「テオと手を組むな・・」と、説得するウンス。
だが、聞く耳を持たないカンジェ。
ウジンのメールは、消去したと言うカンジェだった。
決別する2人。

ヨンウォンに、「俺が壊したものすべて、取り戻す。この気持ちは真実だ」と言うウンス。
信じない、と泣きながらウンスを突き放すヨンウォン。

テオの考えを知り、阻止しようと相談するヨンウォンとヨンジュン。
売却は防げない。優先買収権があっても、テオの株は買えない。

「ベル・ラフェアを売却するなら、FLジェムストーンが詐欺会社だと世間にバラす、ブルーダイヤも偽物だと。」
父さんに言う、と立ち去るヨンウォン。

テオに会い、「裏金を流してるのがバレたから・・彼らと手を組むのでしょう・・」と指摘するウンス。
しかし、カンジェに隠しカメラが見つかってしまう。

カンジェに銃を与え、ウンスの始末を命じるテオ。

ヨンウォンをアジトに連れて来て、君を守ると言うウンス。
けれど、「信じない。1人で解決する」と、ウンスを拒否するヨンウォン。

ヨンジュンに会い、「ウンスがチョン・セロよ。お父さんにも伝えて。お姉さんの婚約者は会長が殺したの。」と、教えるジェイン。

世間に事実を公表して、カンジェを海外に逃がす計画のウンス。

ジェインの言葉を思いだし、テオに忠告するヨンジュン。
「あんな詐欺師たちにベル・ラフェアを売るな」と。

母も、父テオがウジンを殺した事を知ってた・・ショックを受けるヨンジュン。

ジェインから、ヨンジュンにすべてを話した事を知るウンスとカンジェ。

ヨンジュンに、「ベル・ラフェアを守る方法がある。言わないで欲しい・・」と、頼むウンス。
だが、「信じられない。姉さんと会う・・」と言うヨンジュンだった。

部下から、ウンスがセロ・・と、報告を受けるテオ秘書。

12話

ヨンジュンに、黙っていて欲しい、と、再び頼むウンス。

ヨンウォンと会うウンス。
「会いたいから来た」と、言うウンス。
「私が知りたいのは・・あなたが隠してる秘密よ」と、言うヨンウォン。
ヨンウォンを守りたい、と部屋に連れて行くウンス。

テオに会い、ウンスがセロです・・と、事実を告げるカンジェ。
だが、すでに知っていたテオだった。
お前を信じられない、と言うテオに、シン会長に従うだけです、と答えるカンジェ。

怒るテオは、ウンスを2度とセロと名乗れないようにする、と言う。

ウンスと会うカンジェ。
「お前にぬれ衣を着せるそうだ」
セロが盗み、目撃者も仕立てろ、とカンジェに命じたテオ。

「セロを指名手配する。セロを名乗れば刑務所行きだ・・」と。
「だから、韓国を去れ。」と、ウンスに忠告するカンジェ。
「人生やり直してみせる。俺がチョン・セロだからだ・・」と、叫ぶウンス。

テオから離婚を告げられたナンジュは、ヨンウォンに事実を告げる。
「ウジンさんを殺したのは・・あなたのお父さんよ。人を使って殺させたの」
衝撃を受けるヨンウォン。

続く・・

ウンスがセロ、と事実を知ったヨンウォンでした。
セロを憎んでいたけれど、ウジン殺しは父テオ・・とわかったヨンウォン。
その衝撃は大きいでしょう。

カンジェは仲間のウンスを殺したくない。
だから、去れと忠告してるのです。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2014年10月27日 | 太陽がいっぱい

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。