韓国版「イタズラなKiss」7話あらすじ

感想がメインです。スンジョは冷たいままなので、あのキスはなんだったの?って、感じのハニかも。
チェ・ソングクという、先輩の登場です。原作では須藤とあります。

イタキス7

「イタズラなKISS」Playful Kiss
出演
キム・ヒョンジュン、チョン・ソミン、イ・テソン、チョン・ヘヨン、カン・ナムギル




7話

大学
「あ、また会ったわね?彼女?」と、ヘラ。
「まさか。」と、きっぱりのスンジョ。

これを聞いてショックのハニなの。もうちょっと、柔らかい言い方でも良さそうな^^;

スンジョ家
ヘラをあれは先輩?と、聞くハニだけど同級生みたい?

「キスしただろ」と、スンジョはからかってるわね。
「もしかして・・2度目のキス?」と、期待するけど行っちゃうスンジョにがっくりのハニ。

大学のサークル活動、新入生の募集が多い。
ジュリはパラン美容院に就職が決定、喜ぶハニたち。

やっぱり!美容師になるジュリね?ミナも忙しいんで、1人でランチのハニは寂しい。
「おひとりさま」デビューしないと(笑)

スンジョをメールで誘おうとするハニだけど・・やめちゃう。

食堂
ハンバーグ、チキン・・と、選んでるとスンジョが来て同じメニューを注文のハニ。
オモ!ジュングが学食の中で働いてる。
昼は大学の食堂、夜はギドンの店で働くとジュングに驚くハニ。

スンジョの分は少なくするジュングなの(笑)
ハニにはいっぱい食べろって。


スンジョ先輩・ワン・ギョンスが来てテニスサークルに誘う。
これを聞いてるハニ。

このギョンスはサークルの部長、とても老けてみえるけど21才だって(笑)
母も自分に敬語を使うほど?つまり、年上に見えるって意味でしょうね。
ラケットを持つと、悪魔的冷血な男に変身!するそうです?


サークルは先輩にいるテニスへ・・これを出来ない、ラケットも持ったことないハニも入ってしまうの^^;
つい、勢いって感じね(笑)
経験あるのはバドミントンくらい。


ここにはあの美人でスタイルもいい?勉強も優秀なヘラがいるの。
どうも、スンジョは高校の大会でテニスは優勝したほどの腕前。しかも、このヘラも、同じトーナメント女子の部で賞をとるほど上手。

このスンジョ先輩ってのが微妙に怪しい(ーー;)
なんていうか・・オカマキャラっていうか?(笑)
妙にデレっとしてるのね。で、どうみてもこの先輩はヘラが好きなの。


とても優しい先輩でハニのことも「可愛い」ってすごくやさしい。
いい人なんだろうな?と、思ってたら・・なんと!テニスになると別人になってしまう?(@_@;)

すごい怖い人になって、新人のハニにもガンガンと、強いボールを打ってくる。でも、ヘラにはぼよ???んと、弱い珠しか打ってこないという。
とてもわかりやすい人( ̄ェ ̄;)

なぜか、大学の授業でスンジョと同じ科目をうけるハニだけど、ここにジュングまでいて。

英語の先生に「君はなぜ、ここにいるの?」って聞かれてしまう。
慌てるジュングは英語が出来ないけど、ヘラが
「彼はオ・ハニが好きだから、ここについてきてるんです。」と、事情を説明。
納得する先生だけど、生徒じゃないからね^_^;

このヘラ、すごーーーくイヤなキャラが全身からあふれ出てて(;´Д`)
すごくすごくイヤな女でハニをどん底に追い込むの。


美人でもない、勉強も出来ない。スポーツも出来ないハニは・・・ショックで落ち込んでるけど、スンジョは変わらず冷たい。

ある日、スンジョがヘラを家につれて来て。
一緒に勉強をするの。これを隠れてみてたハニだけど・・微妙な感じでおわってしまった。
ここ、意味不明だったシーンかも。ぶっつり切れてしまったような?

そそ、ウンジョの学校に届け物をするハニは、ウンジョが片思いをしてることに気がついて。その子を家に呼んでくれるの。
来てくれる女の子だったけど、ウンジョは女の子とうまく遊べないの。

グミとハニが応援するけど、女の子の相手が出来ないウンジョ。退屈なので帰ろうとしたとき、スンジョが帰って来て。
なんと!この子はウンジョの同級生なのにスンジョに一目惚れ^_^;
大ショックのウンジョ。
「7年、待ってね♪」と、おませな女の子。

これを「お前のせいだ!」と、怒るウンジョなの。
ハニが家に呼んでくれたのだけどね。
でも、ハニは片思いの苦しさ、辛さならよく知ってる。自分も苦しいから。
これをウンジョは「兄貴のこと?」って、ちゃんと知ってるの。

「好きな人と、好き同士になれるのは・・奇跡みたいなものよ・・」と、ハニ。

そうよね、自分が思ってる人と結ばれるっていうにはすごい確率だと思うわ。
しかも、ハニのようにずっっーーーと、片思いでじっと、待ってて見てるだけの恋が実る可能性はむずかしい。
ほぼ、ないに近いかも。
そんな苦しみ、胸の痛みならわかるとハニなの。

そそ、ジュリはパラン大学の近くの美容院に勤めてるんで?教室が美容院に変わっただけのような(笑)
場所が変わってそのまま、前と同じように3人で、仲良くおしゃべりしながら、髪をセットしてくれるジュリなの。

ギドンは娘ハニの片思いを知ってるし、いつまでも友人の家にいることも迷惑と、家を引っ越すことを決意。
ハニも辛い気持ちだし、迷惑をかけても・・と、2人でスンジョの家をでます。

入江ママ

「美味しい朝食、毎日つくってくれてありがとう。」と、ハニの言葉にも大泣きのグミ。

これがとても辛いのがグミ!
泣いて泣いて・・ハニといた楽しい時間が忘れられなくて。スンジョと結婚すれば、ずっとこの家にいられるとグミだけど。

でも、スンジョは冷たい・・そんな状況じゃあないの。
泣く泣く・・ギドンとハニは荷物をまとめて・・スンジョの家をでます。

直樹

スンジョはだだ、「元気でな。」と、あっさりしている。
でも、ハニが出て行った部屋をみて・・ベッドの上には自分が取ったUFOキャッチャーのぬいぐるみが・・
それを手にするスンジョ・・

続く・・・

うーん、今後はどう、いじわるなキャラのヘラが、2人の間を邪魔するのかなって感じです。
グミはもちろん、ハニの味方だけど家を出たので・・大学では1人で頑張るハニとなるでしょうね。

続きも頑張れるよう↓3つ、クリックお願いします^^♪


↓応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2010年09月24日 | Comments(2) | Trackback(0) | イタズラなKiss
コメント
お久しぶりです。
 ご無沙汰していました。イケメンですねのときによくお邪魔させていただいていました。

イタキス、1,2回はどうかな?って思いながら観始めましたが私は凄く気に入って観ています。^^
実は原作はもちろん、アニメも台湾版も観ていて、このお話が好きっていうのもあるんですが、私はこの韓国版イタキスは面白いって思っています。
原作ファンもガッカリしないように描かれているし、リダはもちろんハニ役のソミンちゃんも頑張ってるのに何故韓国版が視聴率が上がらないのか・・・それでいろいろ観ていて「ルッカさんなら!」と思ってきました。^^

7話は悲しかったですね^^; でもこういうお話なんです。だからスンジョが自分で気づかないうちにいつハニを好きになっていっているか、それがいつなのかよーく観ながら探すのもいいかもです。^^
例えば6話でキスする前にジュングが歌いながらハニの手を取ったとき、みるみるスンジョの表情が変わっていったとき知らずに嫉妬してる!!って思ったらその後の口論もキスも納得って思ったりしています。^^ 
本当は結婚してからのほうがイタキスの面白さがあるので、早く視聴率が上がって1話でも2話でも長くなって結婚後のお話が観てみたいなって思っています。
daiko URL 2010年09月25日 02:30:54 編集
daikoさんへ
お久しぶりです。
覚えてます(^^ゞ

イタキス、私は初めてなので探りながらの視聴です。
原作も台湾版も見てるのですね。
大体、雰囲気は想像しています。
片思いの子が・・冷たい彼を好きになって・・段々と・・って。
なるほど!ドラマを見る参考になりました。
ありがとうございます。

視聴率が上がらないのは正直、あちらの方はキャストで見ないのだと思います。
ジソプのドラマでも、低い数字でしたから。
皆さん、台湾版で知ってるから~見ないのかな・・とか。

このドラマ、日本語字幕でしっかりと見るべきですね^_^;
私は、英語字幕で視聴です。
だから、スンジョたちの表情を見るよりも、英語字幕を目で追ってしまいます。
その分、彼らの顔を見る余裕がないんです(>_<;)

日本語でゆっくり見ればもっと、楽しめる作品でしょう。
言葉も訳すほどに難しくはないんです。
微妙に「普通」の会話が続くから、真剣に訳していません^^;
花男のように、定番ストーリーなんで「雰囲気」で楽しむ作品でしょうね。

>結婚してからのほうがイタキスの面白さ
そうなんですか~その方が興味ありますね。
何話まであるのか。。
良かったらまた、遊びにきてくださいね(^^ゞ
ルッカ URL 2010年09月25日 12:03:13 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌