スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

キム・ミョンミン 弁護士の資格 改過遷善 11-12話あらすじ

記憶を失い、別人となって行動する主人公。病気が治ったら?

キャスト
キム・ミョンミン、パク・ミニョン、キム・サンジュン、チェ・ジョンアン、チン・イハン


11話

株価操作の件で、検察に召喚されるソクジュ。だが、ヨンウが手をまわし、解決する。

拘束されたジョンソンを、助けようとするソクジュだが、ユリムグループの担当から外れている。
資料を見ることも出来ないソクジュ。

ジョンソンに面会に行くソクジュ。
ユリムエネルギーが売れれば弁済できる・・覚悟していると言うジョンソン。
「あなたには関係ない。来ないで」と、冷たい。

海外投資の危険性を説明するソクジュ。
「追加弁済しなければ、10年以上は出られない。それでも、あなたが責任を?」
投資か、資金流失かの確認にも数年かかると。
「私には家族だから・・」と、記憶を失いあなたは変わった、と言うジョンソン。

ユリムグループの全容を知るソクジュ。

ソクジュが集団訴訟を起こしたら・・と、考えるヨンウ。
ジョンソンを釈放させるため、何をするかと予測する。

クォン会長が入院、決定権は副会長になると知るソクジュ。

ジョンソンに会いに行くソクジュ。
「経営権を失いそうな人が金を流したか、資金の確保に失敗、この計画を立てた」
ユリムエネルギーは売却制限となり、厳しい状況に愕然となるジョンソン。

CP発行を勧めなければ、この事態は避けられたと考えるソクジュ。
すべての事実を知り、ソクジュに助けを求めるジョンソン。
裁判で、事実を言う事を提案するソクジュ。

「過去の私は最低だ・・」と、自分を責めるソクジュ。

事務所を辞めるソクジュは失うものはない。ジョンソンを釈放させるため、ユリムグループを追及する。

ソクジュを敵にまわしたらダメだ・・と、考えるヨンウ。

12話

ソクジュが辞めて、ジウォンがチャ弁護士事務所にやってくる。

裁判
虚偽の自白をした・・と、事実を告げるジョンソンは条件付きで保釈される。

依頼主に、ジウォンは最高裁を動かせる切り札・・次期、最高裁裁判長の有力候補パク・ヤンテの補佐・・と説明するヨンウ。
5大法律事務所に事件の一部を割り当てると。

シニルの代わりに、為替デリバティブ商品事件の助言をするソクジュ。
ソ弁護士から、一緒にやろうと誘われるが体調不良を理由に断る。

ソ弁護士が告発状を出したと知るヨンウ。

為替デリバティブ商品、家宅捜索令状の請求を却下されてしまうソニ。
ジウォンが先輩の裁判官に圧力をかけていた。

ソニに、チャ法律事務所は辞めたから手助けする・・と言うソクジュ。

続く・・

ヨンウは、ソクジュという強い部下を持っていたけれど、辞められてしまいました。
次に、利用出来るジウォンを入れて、大口の仕事を引き受けるのです。
それが、為替デリバティブ商品の事件。

この事件に、個人で対抗するソクジュはソニと行動を共にするでしょう。
コネの多いジウォンと、ソクジュとソニが対決すると思います。

ソクジュの父シニルは認知症だと思います。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。