スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

イ・ドンウク ホテルキング 26話あらすじ

出生の秘密が明らかに。

キャスト
イ・ドンウク、イ・ダヘ、イム・スロン、ワン・ジヘ、イ・ドクファ、チン・テヒョン

OST



26話

ペク会長(ペク・ミニョ)は、ジェワン母のミヨン・・と知るモネ。2人の争いを阻止したい。

ロマンと会うウヒョンは、ペク会長がジェワンを車ではねようとした。信じられないが・・と、打ち明ける。

ジェワンの事を、ペク会長に確認するロマン。
だが、警告しただけ・・と、答える。
「警告を無視したら・・殺しますか?」と、聞くロマン。
息子に疑われているのは悲しい、と冷静なペク会長。
「チャ・ジェワンは絶対、私には勝てない」と言う。

ジェワンと1泊旅行から戻るモネは、ペク会長に会いに行く。
「父を殺していないとなぜ、否定しないの?殺していない証拠が欲しい。違うと言って。でないと困るの。耐えられない・・」と、言うモネ。
モネの言葉を理解出来ないペク会長とロマン。

「母は殺していない」と、言うロマンの言葉を信じたいモネ。

ジェワンの事を、「兄さんは連れ出すべきだったと・・後悔しています。」
ジェワンのジュハンへの思いを告げるモネ。
「このまま、お母さんと去って下さい」
ジェワンとペク会長が、敵対して欲しくない。

不渡りを出すため、ジョン・ハワードと会うペク会長。
投資家たちのお金を奪うと言う。
ホテルシーエルの倒産を願っている、と驚くジョン・ハワード。

モネの言葉を思い出すロマン。
「彼はホテルのために、父親のジュングを通報しました。2回は耐えられない。彼を助けて・・」

ジェワンと話すロマン。
「許せとは言わない。勘弁してくれ・・解任したら、母さんと韓国を去る」
母さんを通報されたら、耐えられない・・と、言うロマン。
お前は愛されたのだな・・と、思うジェワン。

「違う。愛されたのは兄さんだ。俺を通して・・」
お母さんが愛したのは息子のヒョヌ(ジェワン)だ、と考えるロマン。
ペク会長が、兄さんの本当の母親とは言えない。
母を奪われたくないロマン。

モネに告発はやめた、と告げるジェワン。

チェギョンと会うロマン。
「解任案に賛成して欲しい。兄さんを助けたい。解任されたら、お母さんと韓国を去ります」と、言うロマン。
判断は任せると。

ジェイデンは人殺し・・と、ジュングに脅されていたジェワン。
ロマンから、殺したはずのボスが生きてる事を知る。

ジュングを母のお墓と言われた場所へ連れて行くジェワン。
「僕を飼い犬にした。殺人のぬれ衣を着せて、息子を脅し続けた父親・・」
銃を向けるジェワン・・土下座で謝罪するジュング。

弾のない銃で撃ち、
「これで、イ・ジュングは消えた・・」と、告げるジェワン。

ペク会長が不渡りを出すと知り、通報するジェワン。
警告を無視した・・と、ジェワンを怒るペク会長。
「あんたを道連れにする」と、言う。
「こんな人間が・・子供を引き取って、育てたとは理解出来ない。」と、言い返すジェワン。

ジェワンが通報した・・と、愕然とするモネ。

ペク会長の部屋で、赤ん坊のヒョヌを抱いた女性の写真を見つけるジェワン。

ジェワンに会いに来るモネ。
「ペク・ミニョは・・あなたを産んで、ヒョヌと名付けたお母さんよ。」と、ジェワンに告げる。

「ペク会長に聞きたい事がある・・・」と、車を追いかけるジェワン。

続く・・

可哀相なジェワンです。
やっと、母に会えたのに通報したと知ったのです。

ペク会長も相当、ショックを受けるでしょうね。ジェワンを罵倒して、殺そうとまでしたのですから。

ジュングとペク会長、この2人が両親なんて信じたくないジェワンでしょう。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2014年12月17日 | Trackback(0) | ホテルキング

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。