イ・ドンウク ホテルキング 30話あらすじ

総支配人の告白に衝撃の部下たち。それでも上司として認めるのでしょうね。

キャスト
イ・ドンウク、イ・ダヘ、イム・スロン、ワン・ジヘ、イ・ドクファ、チン・テヒョン

OST



30話

ジュングと一緒に、レイ・キムがいるのを見たジェワン。
激怒して、「最後まで闘おう」と、ジュングに告げる。

「ジェワンはともかく、ペク・ミニョは恐ろしい・・降りる」と言いだすレイ・キム。
母親の弱みは息子、大丈夫だと説得するジュング。
「君に総支配人の座と、全件を与える」と、約束する。

ア会長の死にペク・ミニョは関与していない、と知るジェワン。再び、ア会長の死の真相を調べる。

ペク・ミニョの病気を知り、帰国するロマン。
「僕を信じて欲しい。罪は償わせる」
ジュングの事は任せてくれ、と言うジェワン。

検察への贈賄疑惑で、マスコミが押しかけるが、無実を主張するチェギョン。

監査の調査に、証人として発言するジュング。
「なぜ、彼がホテルシーエルに入ったのか・・ア会長の貝アレルギーを知りながら食べさせた。偶然を装い、助けた・・」
ア会長の信頼を得て、計画を邪魔されると思い、私を警察に・・と、話すジュング。

ア会長に接近したのを、元上司のレイ・キムが目撃している・・と言う。
激怒するジェワンに、「息子だから、警察沙汰にはしないで下さい」と、監査官に頭を下げるジュング。
周到なジュングに怒りを抑えるジェワン。

監査室での内容を、動画でジェワン部下に流すジュング。
ジェワンの過去に驚き、ショックを受ける社員たち。

実父のジュングが監査室で話して、ジェワンが事実と認めた。社員は動揺している・・と、知るロマン。

ユン博士が残したファイルが見つかった、と報告を受けるジェワン。

ホ理事たちの前で、「息子はホテルシーエルから追い出す・・」と、宣言するジュング。

部下たちに説明する場を設けるジェワン。
ア会長が死ぬ可能性があると知り、貝を食べさせた事を追及する社員。

会場
社員の前で説明するジェワン。
「最初から、総支配人が目的ではなくて、会長の座でした。ア会長に死なれたら、ホテルシーエルに入れない。
僕は孤児です・・11歳から、数ヶ月前まで、ア会長が僕を捨てた父親だと思ってました・・」
偽の鑑定書を見せる。
驚き、会場を出るモネ。

モネに接近した理由を聞かれ、
「モネさんは何も知らない被害者です。会長としての信頼を捨てないでください」
責任は取る、ホテルシーエルへの愛もある、と答えるジェワン。

ジェワンの告白に驚くモネ。
ジュングがア会長を殺した証拠の資料を、ジェワンから受け取る。
すべてを打ち明けたジェワンを受け入れるモネ。

ペク・ミニョに会うロマン。
「僕はいい息子でいたかった・・でも、今回は無理です。許してください」と、言う。

ジュングを刺すロマン。

倒れたジュングに驚くジェワン。

続く・・

ジェワンの代わりに僕が・・って感じのジュハン(ロマン)に思えますね。兄さんと母さんを苦しめたジュング・・って。

残り2話あるし、ジュングは死なないと思います。
いずれ、モネは会長に復帰するとして、ジュングの最後は刑務所でしょうか。

でも2話って長いですよね。これから何が起きるのかしら。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2015年01月02日 | Trackback(0) | ホテルキング

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌