スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チョン・イル 夜警日誌 6話あらすじ

孤立したリンを支えるドハになるのでしょう。

キャスト
チョン・イル、ユンホ、コ・ソンヒ、ユン・テヨン、キム・ソンオ、キム・フンス、ソ・イェジ





6話

昭格署の試験を通るサダム。
審査の時、ドハを見てマゴ族の巫女・・と気づく。巫女のドハが龍神を復活させられる・・と、考える。

試験に落ちたドハ。
サダムに騙され、王さまの病気を治す巫女として入宮する事に。

サダムに繰られ、リンが自分を呪っている・・と信じるキサン君。

幽閉したリンの部屋から、鈴が呪物として発見される。
わら人形の中には、キサン君の生年月日の紙が入っていた。

リンの罪状について、話し合う朝廷。

街でボンヤリ歩いているドハは、詐欺師の男に絡まれる。
男が持っているお金は偽金・・と気が付き、ドハを助けるムソク。
負傷したドハに薬を与える。

幽閉されたリンだが、暢気に食事をしている。
真面目なムソクが王命を守り、自分を疑っている・・と、寂しい思いになる。

リンが幽閉され、キサン君を呪った証拠が見つかった・・と、知るスリョン。慌てて様子を見に行き、ドハと再会する。

リンに鈴を返してもらう・・と、言うドハに呆れるスリョン。
自分の指輪を渡して、これで鈴を買えばいい・・・と立ち去る。
「姉の指輪はお金で買えない・・」と、思うドハ。

妓楼に紛れ込むドハを見て、妹のドハ・・と気が付く房主(ヨナ?)。

競りに出るハメになり以前、からかわれた男たちと再会するドハ。
男たちがドハを笑いものにして、競りは台無しになってしまう。
人前で、ドハを怒る房主。
「卑しい自尊心は3分にもならない」と告げる。

房主に怒鳴られ、ショックのドハ。

妓楼
房主のヨナに、明国への船の手配を頼むスリョン。
その代わり、「恵民署及び、都の薬剤の専売権を下さい」と要求する房主。
恵民署は弱者のよりどころ・・と言うスリョンに
「民と大君様のどちらを選ぶのか・・」と、追及する房主。

夜、刺客に襲われ逃げるリンは山へ。

キサン君に、「ぬれ衣だけでなく、刺客まで送った・・」と、怒る領議政。
リンを目の敵にしてるキサン君・・と知ってるの。

ムソクがいない間、リンが襲われ、ムソクを怒る領議政。頑固で融通の利かないムソクに呆れる。


崖から落ちたリンを見つけるソン内官たち。助けようとするも、魔物の手を握れないリン。

ソン内官が都へ行き、ドハを連れてくる。

リンを助けるドハ。
家に行くしかない・・と、言うリンに言う。
「身分が高い人の心配しか信用しないの?」と聞くリン。
「知人もいない。行く家もない・・」と言うリン。
行く場所のないリン・・と驚くドハ。

仕方なく、宿泊所へリンを連れて行くドハ。
リンの怪我を見て、ムソクからもらった薬を差し出すが・・怒らせてしまう。

部屋の外で、サンホンと会うドハ。

続く・・


房主はたぶん、妹のドハを思いだしていたのでヨナだと思います。なぜ、姉と名乗らず隠しているのか。

ドハは房主を姉とは気が付いていません。幼い頃、別れたので覚えていないのでしょうね。

人を信用しないリンは、ドハの親切さえも拒絶しています。
そんなリンに呆れつつ、心配するドハですね。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2015年01月08日 | Trackback(0) | 夜警日誌

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。