スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チョン・イル 夜警日誌 8話あらすじ

解放された龍神とのバトルが見たいわ。

キャスト
チョン・イル、ユンホ、コ・ソンヒ、ユン・テヨン、キム・ソンオ、キム・フンス、ソ・イェジ





8話

夜警人日誌を旅閣に持ち帰るリン(ウォルグァン大君)。

サンホンが好きなオクメは、思い切って告白する。だが、「時間の無駄だ」と、断るサンホン。

負傷したムソクの治療をするドハ。
ムソクを見て、自分も薬を塗ってほしい・・と、甘えるリン。
ムソクとリンは会えばケンカする・・と、呆れるドハ。

チョンス大妃に会いに行くキサン君は、先日のお酒での無礼を謝罪する。

「王の重圧はよく理解してます」
プレッシャーがあるキサン君・・と、優しく声をかけるチョンス大妃。
驚き、「優しいのは何か理由がある」と、怪しむキサン君だった。

大妃殿で、刀を抜いた事がバレたら失脚させられてしまう・・と、不安なキサン君。
幻の自分がささやく。
「理性を失ったのは・・左道に惑わされたからだ。奴の術のせいでおかしくなった・・あいつのせいにしろ・・」

サダムが助言をするが・・
「いつまでも騙されると思うな!余を見下すな」と、サダムを叩くキサン君。
信じていたが病気は治らなかった・・と、怒る。
キサン君に叩かれ、怒りに震えるサダム。

機嫌の悪いキサン君を見て、チョンス大妃に理由を聞く領議政。しかし、何もありません・・と、教えないチョンス大妃。

妓楼の房主(ヨナ?)と会うサダム。
取り引きをして、「あなたの命を助けたが、本当に力を貸してくれるのですか?」と、聞く房主。
望みは都の薬材の専売権だと言う。

サンホンに会いに行くドハ。
「夜警人を知ってますか?母から、夜警人に聞けよ・・姉の事がわかると言われました」と、言う。
姉はマゴ族の巫女ヨナ、と言うドハ。

「隠されたものは暴かない方がいい」と、忠告するサンホン。

「姉がいなくなり、周囲から私は不吉と言われました」
すべて私のせい・・両親が死んだのも姉も・・と、告白するドハ。

2人の会話を聞いて、ドハの苦しみは自分と同じ・・と気が付くリン。
「否定しろ。今さら弱音を吐くな。お前に何が出来た・・子供だっただろう」と、言うリン。

そこへムソクが来て、「人の弱点ばかり突くから、味方がいない・・」と、指摘されるリン。

突然、都が火事になる。炎鬼の仕業・・と、考えるドハ。

父(領議政)が忠誠を誓う人は誰なのか・・気になるスリョン。
キサン君、リン・・どちらなのかと父に聞く。

房主と会うスリョンは追及される。
キサン君と領議政は反目しあっている。それなのに、スリョンはリンを助けようとした。
世間はどう思うか・・と、ゆさぶる房主。

ムソクに、「道士の事は気にせず、任務を忠実に果たせ・・」と、命令しているキサン君。

炎鬼を捜す途中、兵士に追いかけられるドハは、ムソクに助けてもらう。
道士、呪いなど見えないものは信じないムソク。

匂いで刺客を見つけ、生薬鋪で争うリン。

生薬鋪が燃えてしまい、薬剤を取り出したい・・と、慌てるスリョンを止めるムソク。

燃えている生薬鋪に飛び込むドハは、リンが倒れてるのを発見、助ける。
炎に包まれる2人。

「煙硝を持って出て・・炎鬼がついたら、都が吹き飛ぶ・・」と、リンに叫ぶ。
煙硝を運び出し、水をかぶり、ドハを助けに戻るリン。

リンがドハを助けたのを目撃するスリョン。

房主に会いに行き、告げるスリョン。
「生薬鋪が全焼しました。専売権を渡します・・ですから、大君を連れて来て・・」

宮殿
生薬鋪が火事と知り、サダムの予言を信じれば良かった・・と考えるキサン君。
助言された言葉を信じ、長年、閉鎖してた粛靖門を開けよ、と命じる。

魔物が宮殿に入るのを目撃するドハとリン。
「あの男の目的は・・都を陰の気で満たすことよ。」

ドハといるリンに気が付くサンホン。

続く・・

サンホンはリンを助けたいのだと思います。
でも、死に神の忠告を守り、リンから離れているのかと。

ドハを心配するリンの顔が良かったわ。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2015年01月16日 | Trackback(0) | 夜警日誌

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。