イ・ジョンソク ドクター異邦人 14話あらすじ

愛する人を人質に取られ、命令に逆らえないフンなのです。

キャスト
イ・ジョンソク、パク・ヘジン、チン・セヨン、カン・ソラ、キム・サンジュン、ユン・ボラ

OST



14話

電話で母は20年前に自分を捜すため、韓国に戻っていた事を知るフン。
フンからの電話があると思い、番号を変えていないとわかる。
母からの伝言は「ごめんね」だった。

病院の似た女性は本当の母だった・・・と、思い出すフン。

フンの母イ・ミスクを病院から連れ出し、チャンイに匿ってもらうジェヒ(スンヒ)。
「この人はフンのお母さんなの。事情はあとで説明するわ。お願い・・」

フンが、病院の母に会いに行くといなかった。

ジェヒから、母は安全な場所にいると知らされ、驚くフン。
「信じられない。総理に直談判する。」と、興奮するフンをなだめるジェヒ。
「あなたの為にも、お母さんのためにもこの方がいいのよ」
母親を守ると約束するジェヒ。

チャン総理に手術痕がない事を確認させ、信頼を得ていたジェヒ。手術痕は昔、手術で消していたのだった。

チャン総理に命じられ、フンを病院に戻すオ理事長。

イ・ミスクを、病院から連れ出したのはスンヒ(ジェヒ)と、報告を受けるチャン総理。
「なぜ、ハン・スンヒが?彼女はジェヒではないはず・・手術痕がないのをこの目で確かめた」
フンの母親を守るため、匿った・・その理由こそがジェヒなのでしょう・・と、考えのキム秘書。

お弁当をフンに届けるスヒョン。
「ハン科長に誤解される。来るな」と、告げる。

ヤン・ジョンハンが治療を断った患者を診るフン。

ムン教授の協力で、総理の手術はミョンウ大病院が選ばれる。
フンとジェジュンに、再び手術バトルを命じるオ理事長。
最終戦となる。

フンが選んだ患者は、血液凝固障害があり、最新治療も不可能・・と、ジェジュンに教えるオ理事長。
「勝ってこそ、ミョンウが手に入る」
フンと親しくするな、と警告する。
負ければ、スヒョンもミョンウも失うと。

ショーン・チャンから、パク・チョルの情報を得るジェジュン。
北朝鮮の最高指導者の手術のため、北に渡った事を知る。
「パク・フン・・裏切り者の息子か」
裁判で証言する、と約束していたパク・チョルとジェジュンだった。

ジェヒと話すフン。
母に会いたいフンは、隠す理由を聞く。
母とあなたのため、待って欲しいと言うジェヒ。

しかし、フンに脅され、事実を教えるジェヒ。
「手術を受けるのは総理でなく、大統領よ。選ばれれば会える」
大統領の病は国家機密で隠している。

チャン総理がフンに手術をさせる理由は、大統領を殺す為。
「母親と私を殺すと脅せば、あなたを繰れるからよ。大統領が死ねば、総理に権限が移る。それが狙いよ」
チャン総理の狙いは即死ではなく、昏睡状態の維持。

フンを殺すと脅されたら、絶対に従うジェヒ。だから、麻酔医として選ばれた。

失敗すれば殺される・・と、説明するジェヒ。
「あなたを巻き込みたくない。バトルに負けても良いわ。あなただけは医師の道を外れないで・・」
フンに愛してる、と言うジェヒ。

フンとジェジュンの手術バトルが始まる。

ヤン・ジョンハン医師を呼びだすオ理事長。
フンの患者/血液凝固障害の件は知らせず、手術を成功させるな・・と、命じる。

手術直前、患者が血液凝固障害と知るフン。
手術中止を提案されるが、放置しても死ぬ患者・・高難度のセーブ手術を行う事に。

続く・・

チャン総理は大統領を殺したいのですね。
まずは昏睡状態にして、権限を得たいのが狙いでした。

フンとジェヒはそんな事を手伝えば、殺されると思うけど。
約束通り、解放してくれるのでしょうか。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2015年01月17日 | Trackback(0) | ドクター異邦人

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌