ユンホ 夜警日誌 9話あらすじ

魔物が登場するファンタジー時代劇です。

キャスト
チョン・イル、ユンホ、コ・ソンヒ、ユン・テヨン、キム・ソンオ、キム・フンス、ソ・イェジ

夜警日誌 OST Part 2 (MBC TVドラマ)(韓国盤)
V.A.

B00OFSBNWW
Vitamin Entertainment, Korea 2014-10-25
売り上げランキング : 55991

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


9話

リンに驚くサンホンだが、本人は気づかない。人違いだった・・と、誤魔化すサンホン。

チョン氏と船頭のメンと話すサンホンは昔を思い出す。

(回想)
宮殿から、チョン氏らに助けられたサンホンは心臓が止まっていた。

この世の境で、死に神から質問されたサンホン。
「あなたには悔い、後悔、悔恨がない。何故だ?」
「悪霊を成仏させてきました。」

悪霊と長くいたから、人間だった事に違和感を感じる・・と答えるサンホン。
すると、あの世に行けない、と言われてしまう。

「機会を与えるから・・魔物に気を取られず、人間のように生きろ。人間のみに関心を持て」

死に神に忠告されたサンホンだった。再び、魔物を追えば、死を避けられない。
これで、死なずに生き返ったのね。
(回想・終)

悪霊に憑かれた父親に、殺されそうになる夢を見るリン。サンホンが男に襲われるが、5人を一気に倒すのを目撃する。

サンホンが鋳物師と知り、四寅斬邪剣を作れるか・・と聞くリン。
この剣なら、災いも邪悪な気も防げる。
「そんな刀はない」と、答えるサンホン。
「守りたい人が出来た・・」と、言うリン。

領議政に、リンにバレてしまった・・と、言う刺客。逃がすフリで、刺客を始末させる領議政。

殺された刺客は無念で幽霊となる。

キサン君に、サンホンの様子を報告するムソク。
サダムとすれ違い、「王さまに術を使ったら・・ただでは置かぬ・・」と、警告する。

龍神を復活させようと計画のサダムは、都に悪鬼の霊を呼ぶため、呪文をとなえる。
人々は繰られ、混乱する。

リンは左道を利用して、サダムに攻撃をかける・・・と、考えるムソク。
王、民を守るふりをして、地位を取り戻す気?と。
信じてもらえず、侮辱された・・と、怒るリン。

ドハが来て、都に怨念が集まっている。王さまを止めるべきと言う。
「いつも王さまが正しいとは限らない。そばで導くのが私の本分だから・・」と、言うムソク。

ムソクの思いを聞いて、協力を求めるリン。
2人の会話を聞いていたサンホンはやめろ、と止める。

大妃殿
キサン君が錯乱して、女官が殺されたと知る領議政。
チョンス大妃に隠した理由を聞く。
「このまま大君を追われる身にさせるのか・・地位が回復するのを望んでるのか」
選択してほしい、と言う領議政。

会いに来た領議政に、「サダムを遠ざけるように王さまに言ってください」と、言うリン。

妓楼の房主と話すスリョン。
「恵民署と医師及び、すべての薬材は梅蘭房を通す事にしました」と、言う。

宮殿
都でリンが爆発を防ぎ、賛辞が続いている・・と、キサン君に言う領議政。

2人きりで話す領議政は、大妃殿でキサン君が女官を殺した事を指摘する。
事実を言わなくても、状況だけで人々は噂する。
「王さまが刀を抜いて、大妃様を脅され、それを止めた女官が殺された・・と」
領議政に責められ、不安になるキサン君。

チョンス大妃に会いに行き、許しを請うキサン君。
謝罪するキサン君に、
「王さまは罪を認めた・・」と、現れる領議政。

リンからの手紙を読むキサン君は怒り、サダムに粛靖門を閉じよ・・と、命じる。

「怨念狩りを始めたばかり、門を閉めるわけには行かない・・」と、言うサダム。
殺された怨念を集め、龍神復活に利用するのでしょうね。

宿の隠し部屋で、サンホンの古い制服を見るリン。幼い頃、自分を助けてくれた・・と、思い出す。

殺された兵士の墓を弔うサンホン。すると、かつての部下たちの霊が集まる。

「悔しいのはお前たちだけじゃない。皆、耐えてる。先にいってろ・・」と、告げるサンホン。
立ち去る霊たち。

サンホンの様子を見ていたリン。

続く・・

たぶん、リンはサンホンの事を思いだしたでしょうね。
父親に殺されそうになり、助けてもらったリン。辛い記憶です。

そんなリンは周囲から、「お前のせい」と、言われ続けてました。

だから、同じ環境だったドハを心配してるのです。
ドハも姉のヨナが消えた事を、お前のせい・・と言われて育ったから。

サンホンに忠告してたのが死に神とはびっくり。
リンを助けるため、サダムと闘うのなら魔物と関わるサンホンになるでしょう。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2015年01月19日 | Trackback(0) | 夜警日誌

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌