スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チャン・ヒョク 運命のように君を愛してる 6話あらすじ

2人の関係をメインにして、丁寧に描いてるので心情もわかりやすい。何よりゴンがステキなのです♪

キャスト
チャン・ヒョク、チャン・ナラ、チェ・ジニョク、ワン・ジウォン、チェ・デチョル、チェ・ウシク

OST



6話

家の前で、ダニエルと一緒のミヨンに驚くゴン。

誰かと聞かれ、
「近所のお兄さん・・ミヨンは妹分です」と、答えるダニエル。


来たばかりで、もう知り合いか・・と言うゴン。
「神父さまです」と、教えるミヨン。
「俺と暮らす間は品位を保て。あきれたもんだ・・」と言う。

離婚合意書について話したい・・と、ゴンに言うミヨン。
「子供は自分で育てるつもりです。サインは待ってください。10ヶ月後に延ばしてもらっても?」
「離婚する事実は変わらない。先延ばしになるだけ・・」と、言うゴン。

親戚たちがゴンの家に来る。
勝手に結婚式を挙げたゴン・・と、文句をいう宗親会たち。
事情があったのです、と説明するワン会長。

嫁が島の娘・・と、皮肉を言われるが明るいミヨン。
「ゴンさんが、閉鎖される工場をソウルに移転してくれる・・」
感謝してる、と言うミヨン。

売却したトゥドゥ産業が、島に何を作るのか気になるゴン。

セラと電話で来週、帰国すると知るゴン。

シャワーが止まらず、騒ぐミヨンに驚き止めるゴン。
このゴンが妙に優しくてステキなの♪はねたヘアがサラサラに。

胎教教室で、産着を縫うゴン。
カラスのような笑い声のゴンなのよー。ゴン手作りの産着を喜ぶミヨン、褒められ、照れを隠すゴンね。

セラ友人のスヨンと再会、胎教教室に来た事を隠す2人。会社の仕事で来た・・と、誤魔化すミヨン。

帰宅するゴンは、眠るミヨンをソファからベッドに運ぶ。
このシーンも好き♪ダニエルが貼った絆創膏を変えるのよ。

タコ博士の病院に行くゴン。
「40歳までは気を付けろ、発病しないように・・」と、忠告するタコ博士。
遺伝病があるみたいね。

母が友人の結婚式でソウルに来る。
ゴンと一緒に来なさい・・と、メールが来るミヨン。

ゴンにメールで連絡するが、内心は申し訳ない・・と思いで心配だったミヨン。
けれど、先に来て歌って母たちを盛り上げていてくれたゴンだった。

「ミヨンが苛められていないか・・」心配な母。
しかし、優しく明るいゴンに安心する。
「私がゴンさんの母親になってあげる」
明るいミヨン母に戸惑うゴン。

タク室長から、トゥドゥ産業はヨウル島に産業廃棄物の処分場を作る・・と知るゴン。奥様が知ったら悲しまれるでしょう、と言われる。

ゴンがヨウル島の件で、トゥドゥ産業と関わっていると知るヨン。母親に、ミヨン実家のヨウル島を売却する気だ・・と、情報を教える。

トゥドゥ産業は、ヨウル島に産業廃棄物の処分場を作る・・それをミヨンが知れば、ショックで2人は終わり・・と考えるヨン母。

ミヨンに展示会の招待券を送るダニエル。

トゥドゥ産業のチャ社長に会うゴン。
ヨウル島は売却しない!ヨウル島は妻の実家だ!と、告げる。
勝手な事を言うゴンに怒るチャ社長。

展示会に来るミヨン。
携帯で、ヨウル島の工場売却・・産業廃棄物の処分場・・・とニュースを知る。

ショックを受けるミヨンは、ダニエルと再会する。
「どうしよう・・あの人はいい人だと思ってたのに・・私より、子供に必要な人だと思ったのに・・今は彼がわかりません・・・」と、言うミヨン。

ゴンが展示会に来たのに気が付くダニエル。

先に帰る・・と言うミヨンを抱き寄せるダニエル。
「彼がどんな人間か・・確かめて見る?」と、言う。

目の前でダニエルがミヨンを抱きしめ、驚くゴン。

続く・・

神父が人妻に・・と、嫉妬するゴンですね。
ミヨンを少しずつ知りながら、優しい人柄にひかれるのだと思います。

セラとは別タイプの女性ミヨン。優しく尽くし、従順なタイプに驚くでしょうね。

母を幼い頃に亡くし、ミヨン母に甘えるゴンになりそう。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。