『僕の彼女は九尾狐』15話(前半)あらすじ

トンジャのニオイもわからないほど能力の落ちた四尾狐?それとも三尾狐なのかも?スンギくんの困った顔が可愛い。甘えて肉を食べたいとシーンは楽しかったけど、暗い表情が続きますね。
残り2話は長くなるので前半と後半に分けます。

クミホ15トップ

SBS 2010-08-11 ?My Girlfriend Is a Gumiho
出演
イ・スンギ、シン・ミナ、ノ・ミヌ、パク・スジン、ピョン・ヒボン




15話(前半)

「閉鎖したのか・・ドンジュ先生と一緒に遠くへ行ったんだな・・」と、歩くテウンは「パク・ソンジュ」と、名前でカフェに飛び込むが・・同姓同名だった。

記憶

「いるわけないよな・・」と、思う。

すれちがい

またも同じ名前に振り向くテウン。
化粧品のアンケートに答えるミホは、自分の名前を「パク・ソンジュ」と、答えて呼びとめられる。
化粧品のサンプル(引き替え券)をもらい、タクシーに乗り込む。

ここはもう、完璧なすれ違いなんです(>_<;)
今度は本当にミホなのだけど、後ろ姿でよく見えないの。


「パク・ソンジュって、そんなありふれた名前だったかな?」と、思うテウン。

あーん!ここは追いかければそこにいるのに。タクシーに乗るミホと、歩くテウンがすれ違うの。

「たぶん。ミホはパク・ソンジュとして上手くやってる・・」とテウン。

レストラン
ドンジュと待ち合わせするミホは、
「今日は、やることが沢山あるのね。」と、色々と歩いたけど面白くないから、早く来たという。

ドンジュは「好きなものを知ってるね。何でも頼んでいいよ。」というけど、
「ドンジュ先生がきめて。私はなんでも大丈夫だから・・」と、元気のないミホ。

ドンジュは嬉しそうにミホと食事?って感じだけど、ミホはただ指示通りに来ただけ。何もする気がないみたい。楽しくないみたいな顔なの。
これじゃ、ドンジュも気がつくはず。

屋根裏部屋
1人来るテウンは
「彼女は1回も来ていないようだ。」と、感じる。
「これも捨てていったんだな。良かった・・すべて捨てていって。」と、肉のクッションを見てつぶやく。

ドレスミホ

ウエディングドレスを試着のミホ。ドンジュは「とても似合ってるよ。」と。
ミホは、韓国伝統式の挙式につける頬紅はないのかと聞く。
「新婦の頭につける飾りはないの?」って。

「結婚式の輿にも乗らないの?」と、ミホに伝統式に変更しようか?ウエディングドレスには、花を持つと答えるドンジュ。
「私は何でもいいの。ドンジュ先生がきめて。」と、ミホ。

指輪も数種類出てきて「好きなの決めて。好みのがなければ違うのも用意できるよ。」と、ドンジュに
「ドンジュ先生が好きなのに決めて。何でもいいから・・」と、ミホ。

もう、本当に何でもいいと、ミホにドンジュもその気持ちに気がつくはずだわ。

結婚式の招待状も完成、意味を聞くミホに
「結婚を祝ってほしい人に送るのが招待状だよ。」と、教えるドンジュ。祝ってほしい人はいないとミホ。

「チャ・テウンがいるだろう?彼は今日、中国から戻ってくる。」と、ドンジュは彼のために結婚して、幸せな生活を送るミホをみせるのだと言う。

パク・ソンジュとして平和、幸せに生きている。そのための結婚だとドンジュなの。これをテウンに知らせるため、招待状を送るべきというの。
でも、ミホはソレがいやなの。


結婚、これを知れば
「私が結婚して、ドンジュ先生のように普通の人間と同じように、元気でいると思うのでしょうね。」と、ミホ。

「そうだろう・・君を捨てたと罪悪感も減るだろう。君がパク・ソンジュとして、僕のそばに一緒にいるのを知れば、安心するだろう。君もその方が、相手に対して未練も断ち切りやすいだろう。」と、ドンジュ。

「そうすれば、未練を断ち切れる。」と、キッパリいうドンジュ。

「今日、シッポが消えるか心配してるのでしょう?」と、ミホにドンジュは
「また、死の苦しみがくれば・・君が生きられる可能性が減ってしまう。君がいきられる望みがひとつになってしまう・・今、どんな気持ち?」

「わからない・・それなりに心の整理ができたような・・出来ないような。」と、ミホ。
「君の今の気持ちが今夜、わかる。シッポが消えて心が残ってるのか・・消えなければ整理が出来てる・・このまま止められるのか・・」と、ドンジュ。

すると、この段階ではシッポは2本? (((゚д゚;)))


部屋

狐珠のビン

「私は絶対にとめられない。消えなきゃ・・。テウンの命が入ったこの狐珠を取り出して良かったわ。これは消えないから・・」と、ビンに入れた狐珠を見てつぶやくミホ。

オモ!狐珠を取り出して小瓶に入れてる。
やはり、ドンジュが何をいおうと、してくれようと、好きな想い、人間になりたいと気持ちを「とめられない」と、いうの。
だから「消える」って。死ぬつもりなの(/_;)
この狐珠には、「テウンの命(気)が半分」入ってる。だから取り出したのよ。


公園
犬のトンジャと散歩に来るテウン。
「いつも叔母さんとだから、たまにはオッパと一緒で嬉しいだろう?」と、
「俺の友達?ミホ?♪可愛いミホは九尾狐?♪」と、歌を歌う。

トンジャを待たせてコンビニへいくテウンは・・ノドが乾けば見るのはソーダ水。

トンジャは勝手に歩いていってしまう?と、ミホのいるベンチへ。
「トンジャ、今日は遅かったのね。叔母さんは忙しいのかな。あなたが狐なら話も通じて、テウンの近況も聞けるから良かったのに・・」と、笑顔のミホに答えるように吠えるトンジャ。

「あなた、私の気持ちがわかるの?」と、吠えるトンジャに聞く。

ここ、可愛い?トンジャの散歩でここに来るのを知って、きっと毎日、おやつで餌付けしてたミホなんだわ。
「もう、叔母さんのとこへ戻って」と、帰るミホをみつめるトンジャ。
きっと、トンジャにはミホの気持ちが通じるから、引き止めたのよ(涙)


戻るテウンはいないトンジャに気がつき探す。
「お前、何を食べてる?家に帰ろう。」と、テウンにトンジャは動かず。ミホの後ろ姿を見つめ、追いかけるトンジャ。
テウンはミホにきがつく・・ふりむくミホ。

あぁーーここはもう、これだけで(涙)
やっと、再会出来た2人なの(/_;)


ドンジュはヘインに会い、結婚式の招待状をヘインから、テウンに渡して欲しいと頼む。その方が良いという。
ドンジュとミホが結婚?と、驚くヘインは
「どうしたら、そんな簡単にテウンを忘れられるの?消えるとかいっておいて。あんなにベッタリ、くっついていたのに・・」と、信じられない。

「君のような人にはわからないだろう。誰かに与えなければならない時も・・1度、考えて整理する。
別れる時も口実を探す。言い訳する過程を考える・・しかし、そんなすべての過程が全部、省略された愛もあるよ。
そんな愛はむやみやたら、すべてを与えてしまうから・・むやみに捨てられない。きることが出来ない。理解も説得もいいわけも通じない。」と、ドンジュ。

ドンジュはそこまで2人を理解してるなら、もうダメだとわかってるわ。
ミホはテウンなしで生きられないという事実を。消える気だとわかってるはず。これを言えるなら。
それでも、ミホをそばにおこうとするのかな・・それも愛なの?ドンジュ。
それがドンジュの愛の形なのかしら。


公園
ミホと再会するテウンは驚く。

ミホとテウン

遠くへいったと思ってたから。
ドンジュ先生と一緒、遠くへいく準備中とミホに、ぎこちなくテウンはサイダーを差し出す。

「これ、飲むか?お前、好きだったろう?」
「ううん。世の中にはもっと、不思議で良いモノが沢山あるから。これじゃなくても・・」

「じゃあ、ドンジュ先生と一緒に暮らしてるんだな。あの人のそばで人間のように生きてるんだ・・」
「そうしないと。私が何なのか、知らない人の間で暮らしてる方が、とても気楽でいいわ。私と同じドンジュ先生のそばにいるから。」
「それなら良かった・・」と、テウン。
「今、私がとてもとてもとてもいいわ。あ、良かったわ。」

ミホはバッグから、結婚式の招待状を渡す。ドンジュのそばで元気でいると、来て欲しいとミホ。
「こういうのを見ると・・元気そうだな・・時間は作れるけど。・・俺にはこれ、必要ないものみたいんだ。」

「これ、化粧品の引き替え券だ。」と、笑うテウン。

えー?間違えたのね(@_@;)

「お前、毎日チキンクーポンを集めてたのに・・化粧品引き替え券まで、範囲を広げたのか?パク・ソンジュとして生きるのに、やることは九尾狐と同じだな。」と、呆れるテウン(笑)

ここ、可笑しい?招待状のつもりで渡したのがきっと、アンケートに答えた時にもらった化粧品の券なんだわ。

「トンジャがいない!」と、探す2人。
テウンは家に電話すると、1人で帰りお昼も食べ「寝る準備中♪」と、トンジャだった。

「トンジャ、どこを探してもいないわ。叔母さんが綱を放しても、公園の外にはでなかったのに。」と、バッグからジャーキーを出して、これが大好きだから、ニオイでくるはず・・これで探そうとミホ。

驚くテウンは
「じゃあ、トンジャに会うため近所のこの公園に来てたのか?」
「トンジャと私は、ベストフレンドじゃない。」と、ミホ。

おやつを持って毎日、散歩に来るトンジャに会っていたミホなのね。そういえば、トンジャを紹介したとき、テウンはベップ(ベストフレンド)って。握手したミホとトンジャ。

「お前、トンジャがどこにいるかニオイをかいでみろ。シッポが半分に減っても、そのくらいの能力はあるだろう?」
「ニオイ?」

「もしかして・・お前、この公園にトンジャがいるか、いないかもわからいくらいに能力が消えてるのか?」と、驚くテウン。

「違うわ」と、ミホはここは他の犬が多くてわからい。電話の会話も、うるさいので聞こえなかったと言い訳する。
「1ヶ月もたつのに・・ずっと能力が消えていたんだな・・まさかお前・・」

「違うわ。普通の人みたいに見せようと、九尾狐と絶対にばれないように能力を隠してるの。パク・ソンジュとして生きようとしてるの。行くね。」と、ミホ。

前なら、電話の会話も聞こえる。犬が多くても、トンジャのニオイもわかるはず。そこまで能力が落ちてる!と、驚くテウンなの。
これを慌てて言い訳するの。人間のふりをしてると。

ミホの手を握り
「すべて話してからいけよ。」と、テウン。
「放してよ。」と、その手をふりほどこうともがくミホ。

「お前・・もう俺をふりほどくくらいの力も残ってないのか?俺には九尾狐って、ばれても構わないだろう。本当に能力が消えていないのなら、俺を力強くふりほどいて逃げてみろ。」
「いやよ。人が見てるじゃない。私が男の人を投げつければ、みんな怪物だと思うわ。あなたが私を怪物といったみたいに・・」
この言葉に手を放すテウン。

「お前、今・・何本のシッポが残ってる?1ヶ月前と同じなら、4本あるはずだ。」
「じゃあ、今みればいい。」と、ミホだけど、「月が出ないと見えない」と、テウンに
「月が出ても見えないわ。あなたは恐がりだから。怖くて逃げ出すことも出来ないで、わたしがそばにいるのも許すようなのはイヤなの。絶対、みせてあげない。」と、帰ってしまうミホ。

「シッポが残り、何本なのか確認する必要がある。」と、テウンは月がでるまでそばにいて、確認すると考える。

やっと、テウンはミホのシッポが抜け続け、能力も消えていくのに気がついたようす。別れれば消える気持ちじゃないわ。
離れても「好き」と、気持ちは変わらない。
だから、ミホのシッポも消え続け能力も失い、死に向かってるのよ(/_;)
このままだと本当に危ないわ。


ドゥホン監督は撮影でとても忙しい。
空いてる日に「結婚式をあげましょう。」と、言葉に怒るミンスク。

普通は、式の日取りを決めて撮影を入れるだろうと。合間に式をあげるなんて!と、機嫌わるいミンスク叔母さん(笑)
でも、「わたしたちのケラン(卵)」と、子供がいるので早めにするみたいね。
これを知れば、娘が怖いと父なの^_^;


パン監督

正式なプロポーズもないと、すねるミンスク。
ドゥホンは、大好きなコーヒーにたとえ、コーヒーが必要ないくらいに今、24時間幸せという。
「僕の自動販売機になってください。」
「あなたの喫茶店になります。」と、喜ぶミンスク(笑)

中年カップル?これで幸せな2人なの(*^^)v

ソニョンとビョンスは、監督とテウン叔母が急いで結婚するのは「理由がある?」と、話ている。
テウンとミホも子供が出来たと言ってたとき、良かったからきっと、またヨリを戻すだろうと。

そこへヘインが来て、ドンジュとパク・ソンジュの結婚式の招待状を、テウンに渡してくれといってくる。
「私はあの連中に関わりたくないわ。」と、ヘイン。

ヘインはソニョンたちが「予想出来ない」ことで結婚するミホなのだといって。
これをアレコレ、妄想するビョンスたち。
テウンは映画でこれを再現するかも?と、妄想。

パターン1
妄想テウン

テウンが「ダメだ!」と、ミホを結婚式場から連れ去る。
「予想出来ない事だから、これじゃないわ。」と、ソニョン。

パターン2
妄想ドンジュ

テウンが、ドンジュを「ダメだ!」と、結婚式場から連れ去る。
「違う!テウンはそっちじゃない。」と、ビョンス。

パターン3

兄弟テウン

テウンが、「アンデ!」と、「ヒョン(兄貴)、俺たちは3人兄弟なんだ。両親の恨みを・・。」と、テウン。

みんな、妄想するけど「違う、あり得ない!予想出来ないってどんなこと?」と、悩むビョンスたち。


公園
ミホについて歩くテウン。
「なんであなたはずっと、ついてくるの?」と、ミホ。
中国撮影でずっと、肉を食べることが出来なかったと「俺に肉をおごってよ。」と、テウン。

呆れるミホ
「あなたに肉をおごる必要が?」って。
前の通り、4本のシッポなら(サミホ)だけど、今は「サムミホ(3本)か、イミホ(2本)か?と、確認したいテウン。

ここ、ちょっと微妙かも^_^;
あとでチェックします。


「お前、今はなにミホなんだ?」
「・・私の名前は・・パク・ソンジュよ。」
「わかった。それでいい。肉をおごれよ。おごってくれるまで離れないぞ。」と、テウン。

これ、ずっと前のミホの逆パターンなんだわ。とにかく今のシッポが何本なのか、確認したいテウンなの。減っていれば、ミホの気持ちは変わっていない証拠。

そして「死」に向かってると意味だから(´Д`) =3 ハゥー
でも、「肉をおごってくれるまで絶対!離れない!」と、テウンの顔が可愛い♪

焼き肉屋に行く2人。
肉をゆ???っくり、よく焼くテウン(笑)

「俺はよく火が通った肉が好きなんだ。」って。
1度に沢山、焼こうろとミホに文句のテウンは「お前におごってもらうのにケチ臭い。」と、帰ろうとするミホを引き止める。
「ここに沢山、あるじゃない。」と、ミホに
「俺が今まで、お前に買ってあげた牛肉カルビで塔がたつ。」

肉とテウン

「わかったわ。どんどん食べて。」と、肉を焼いて食べさせるミホだけど・・お腹いっぱいで吐きそうなテウン^^;
「あれ、食べられないの?」って聞かれる(笑)

会計を済ませても、ミホについて来るテウン。
「口直しにカルビタン」と、言い出すテギョンなの^^;

まだ、1時間は食べられたと。去ろうとするミホを引き止めるため、自販機のソーダ水を買ってという。
「今までおごってもらったから、これでお返し出来て良かったわ。」と、コインを入れるも出ないソーダ水。
「自販機の修理が来るまで待とう。」と、ベンチに座るテウン。
ミホは、自販機を蹴り、戻って来るコイン。

「もしかして・・お前、まさか?力を全部失ったのか?」と、以前は自販機を蹴り倒してた力のことをいう。
「軽く蹴っただけよ。自分で買って飲んで。」と、コインをテウンに渡すミホ。

もう、自販機を倒す力もないのだわ。これに気がつくテウン。


ソニョンとビョンスは、テウンのショックな顔が見られないと、ドンジュとパク・ソンジュの結婚式の招待状を、テウンに渡して欲しいとたのむ。

ドゥホン監督は、ミホのアクションが見れなくなり・・・メロなストーリーを想像?うまくいかない。台詞が「何?」しか、浮かばない(笑)

バス停
テウンはバスを待つミホに
「さっき食べたものが痛んでたみたいだ。痛い。」と、ミホももたれる。

薬は九尾狐だから、「持っていないよな?」と、テウンは
「お前の珠は良いから、珠に近いからだいぶよくなった。」
「珠を感じるの?」と、ミホに
「ああ、珠が隣にあるから痛みがましだ。」と、隣にいたい。汗もかいて顔色もよくない、手も冷たいとテウン。

ミホはテウンの手を握り、「手は温かい」と、汗もかいてない、病気じゃないので
「もう、ついてこないで。もしまだ、ついて来たらみんなの前で、ストーカーだと叫ぶわ。」
驚くテウン。

怒るテウンは、ミホのシッポを確認すれば追いかけないという。
「じゃあ、あなたは変質者ね!」と、夜、女性に何かを?と、
「1度でいいから、何かをみせてという男は変態って、あなたが教えてくれたじゃない。」
パラサイトとまで言い出すミホに驚くテウン。
(寄生虫、居候)

ひきとめる

「たとえ、ストーカー、変質者、パラサイトといわれても、確かめる!」と、テウンは、バスに乗るミホに付いて行く。
バスから降りて離れてしまう2人。

慌ててバスから降りるテウンだけど、ミホは隠れてしまうの。
「幸せで、彼がいなくても離れた方がずっとまし。彼にもそう、思ってもらわないと・・」と、ミホなの。
今の自分の状態を知らない方がいいと。

続く・・・

取りあえず、15話の前半としてここまでにします^_^;
続きはまた、書くので待っててくださいね。土日は家族もいるので、パソコンを使う時間も限られてます。
半分で記事をUP出来ると、私もプレッシャー減ります^^;
これでいつもなら、残り半分と画像処理をするので全部終えるのなら、記事のUPも時間かかります。この方が楽ですね。

全体に重い後半の15話だけど、それでもまだ前半は軽い妄想シーンもあり、笑いも楽しい。
テウンとドンジュ先生の?ってシーン^^

でも、ミホはとにかく今の状態を知られたくないんです。シッポを見られたら終わり。自分の気持ちを見られるのと同じだから。
テウンと離れても、「好き」は止められない。気持ちは止められないミホです。
すると・・「死」に向かうのだと思います(>_<;)

この後半が一番、重いですね(;´Д`)
コメントレスは出来ないかもしれませんが、このまま後半へ急ぎます。

鍵、拍手でもコメントくれた方、ありがとうございます。いつも嬉しく拝見させていただいております。
一言でも書いてくれると、励みになります。
ちなみに11月?チャン・グンソク君の『メリーは外泊中』を書く予定です。

続きも頑張れるよう?↓3つ、クリックお願いします^^♪

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
おもしろかったですね。

これ、じつは現在SBSで放送中のドラマのパロディなんですよ。バックの音楽がテーマ曲になっています。
テウンがトンジュと逃げるのは「人生は美しい」ぼくたちは兄弟といっているのは「ジャイアント」(兄弟どうしが恋愛にはおちいりませんが・・・)

このドラマ、ほんとに面白かったです。
kirikoro URL 2010年10月03日 14:54:57 編集
kirikoroさんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。

本当にすごく面白かったですね。

>ドラマのパロディなんですよ
そうだったんですかー!
知らなかった。わかればもっと、面白いでしょうね。
そういうの得意ですね、ホン姉妹は。
色々と、見てないとわからないのが多いです。

でも、想像以上に大好きな作品となってます。
今年、1番のドラマです^^♪
ルッカ URL 2010年10月03日 16:22:28 編集
あれ?タイトル落ちてる!
失礼しました。
わざわざ再コメントするほどのことではないんですが、前のコメントのタイトルは「妄想シーン…」でしたv-290
kirikoro URL 2010年10月03日 17:17:44 編集
kirikoroさんへ
こんばんは。
ご丁寧にすみません^^;
また、遊びに来てください。
ルッカ URL 2010年10月04日 22:02:12 編集
15話前半読みました
ルッカさんへ

こんにちは。
今回も詳しいあらすじをありがとうございます。
15話16話はルッカさんのあらすじを読みながら動画試聴しようと思っていたのでUPが早くて嬉しいです。
前半は結構笑えるシーンが沢山あって面白かったです。
ホン姉妹の作品には面白妄想シーンが多くて特に結婚式でドンジュ先生と手を取って逃げるシーン(ドンジュ先生の顔を見て)爆笑してました。
これから後半を読みたいと思います。
けいこ URL 2010年10月07日 11:04:38 編集
けいこさんへ
こんにちは。
ホン姉妹の作品は前半が楽しく、後半はハラハラと重い展開が多いです。
最後にはきれいにまとめてくれるので安心です。
妄想シーン、他のドラマのパロディらしく、それを知ってたらもっと、楽しめたでしょう。
ドンジュ先生の顔、爆笑です(笑)
ルッカ URL 2010年10月08日 12:04:21 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌