スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チュ・サンウク 美女の誕生 9話あらすじ

チェヨンも悪女が似合ってると思います。

キャスト
チュ・サンウク、ハン・イェスル、チョン・ギョウン、ワン・ジヘ、ハン・サンジン、イン・ギョジン

美女の誕生 OST (SBS TVドラマ)(2CD)(韓国盤)
V.A.
B00S0W4OJS



9話

テヒに、キム・ドクスンという身分証明書などを作ってもらうサラ。TVの番組デビューをする。

ガンジュンが、グムランからのメールで弱ってる・・と、気になるジョンシク。

警察から、殺人疑惑の告発で出頭命令を受けるガンジュン。接触事故・・と、家族には嘘をつく。

祖母を守るため、拘束適否審査を申請するテヒ。
しかし、すでに申請済みで、裁判所が拒否したと知る。パク女史の弁護士は、ウィナーグループが指定している。

TV局で、サラと親しく話すガンジュンに苛立つチェヨン。
「彼女は特別・・気持ちが落ち着く」と、言うガンジュン。
「サラを愛してるのね?」と、怒るチェヨン。

不機嫌なチェヨンに離婚しよう、と告げるガンジュン。
強気のチェヨンに、
「殺人の幇助が罪を免れると思うのか?」と、言うガンジュン。
「離婚を後悔するわよ。私が離婚は決める」と、笑うチェヨン。

サラがサ・グムラン・・と、知ったチェヨン。すぐには暴かず、1番幸せな時に突き落とす・・と決意している。

友人から、パク女史の詳細を聞くテヒ。
パク女史を告発したのはガンジュンと驚く。
ガンジュンは故ハン会長の婚外子で、秘書のソン・ジスクが、会長を酔わせて生んだ子。

ミニョクとガンジュンは悪党・・と、考えるテヒ。

ギョンジュからの情報で、病院にいるヨオクに会いに行くサラ。
危険だと感じ、サラを守るテヒ。

帰宅後、母を助けたい・・と、言うサラとケンカするテヒ。
自分の事は自分で解決しよう、と考えていたサラだった。

テヒのメモから、パク女史の居場所を知り、会いに行くサラ。
「この人がおばあさんなのね・・」
パク女史を励ます。

テヒがヨオクを助けてくれ、感謝するサラ。

サラが、祖母パク女史に会ってくれた・・と知るテヒは、今後もあってくれと頼む。

パク女史に会い、「ドングルは生きています。事故のトラウマで来れないのです」と、事情を話すサラ。
彼が助けに来る、と教える。

パク女史を守るため、ミニョクに「俺はドングルだ」と、告げるテヒ。だが、信じてもらえない。

再び、ミニョクに接近するテヒは、自分だけが知ってる情報を言う。
「俺はドングルだ。釈放したら・・2度と現れない」と、告げるテヒ。

パク女史と会ったサラは、理事会があると教える。
愛する人を目の前で失ったテヒ。
「失う恐怖がある」と、打ち明ける。

「俺が元の場所へ戻れば、大きな陰謀が待っている。愛する人を傷つける覚悟がいる・・」と、言うテヒ。
テヒを励ますサラ。

ガンジュンから、離婚を告げられたチェヨン。
「財産分与、慰謝料の請求訴訟が可能よ・・離婚はしない。」と、言いだす。
呆れるガンジュン。
3週間だけ待って、と言うチェヨン。

「3週間でビルを手に入れ、サラを暴き、私から離婚する」と、考えるチェヨン。

殺人の容疑で、緊急逮捕されるガンジュンは臨時理事会に出席出来ない。

理事会を阻止するため、会社に行くテヒに付きそうサラ。
「僕はハン・ドンフンです」と、両親の写真を見せるテヒ。
ドングルが生きていた・・と、驚くジスク、ミニョク。

サラに成功を報告するテヒ。
「もう、俺はおばさんなしではダメだ。離れられない・・」
サラを抱きしめるテヒ。

続く・・

テヒに告白され、嬉しいサラですね。
10話では、帰宅するテヒにドキドキ化粧をして可愛い。

ミニョクとガンジュンの陰謀で、追い詰められるテヒ。
でも、サラがいるから大丈夫でしょう。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2015年03月04日 | Trackback(0) | 美女の誕生

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。